スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルマの難民問題に関するシンポジウム

シンポジウム
「地域研究から見る難民問題―ビルマ(ミャンマー)の事例から」

主催:上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻
日時:2015年10月23日(金)17時開始(開場16時30分)、20時終了
会場:上智大学中央図書館9階 L-911
   http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya
   http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya
   *図書館1階正面玄関からご入場の際、担当職員に上記シンポジウムに参加さ
れる旨、お伝え願います。

<概要>
地域研究は世界の様々な地域を「ローカル」と「グローバル」の両方の視点から見て
いく学問です。その究極の目的は、対象地域に住む人々の生活と、彼らが築き上げて
きた文化を、その歴史(性)を含めて立体的に研究し、理解し、彼らが置かれている
現状を改善するための知的支援をおこなうことにあります。なかでも難民問題は、緊
急を有する受け入れ状況の改善と並行して、難民を出してしまう側の複雑な事情や、
難民自身が抱く自己認識を含めて考える必要があります。このシンポジウムでは、東
南アジアで最も多くの難民を出している現代のビルマ(ミャンマー)に3つのテーマ
から迫り、現状認識を深めながら今後の解決の良きあり方を考えます。大学生と一般
市民に向けたシンポジウムです。関心を有する方であればどなたでも歓迎します。

<報告者>
久保忠行(大妻女子大比較文化学部専任講師)
久保珠美(東京外国語大学大学院博士後期課程)
根本 敬(上智大学総合グローバル学部教授)

<プログラム> *報告題はすべて仮題です
趣旨説明  根本 敬
第一報告 「ロヒンギャ問題の解決はなぜ難しいのか」 根本 敬
第二報告 「つくられる難民―カレンニーの事例から」 久保忠行
第三報告 「日本の第三国定住―カレン人の現状と課題」久保珠美

コメント  福武慎太郎(上智大学総合グローバル学部准教授)
総合討論 (司会)丸井雅子(上智大学総合グローバル学部教授)

入場無料、事前予約不要

本シンポジウムの案内PDF
http://dept.sophia.ac.jp/g/gs/areastudies/news/poster1023_01.pdf

上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻ホームページ
http://dept.sophia.ac.jp/g/gs/areastudies/

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。