一人親家庭の貧困率、日本が世界トップを独走

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=727490360714056&set=a.378161588980270.1073741834.100003592970431&type=3

全体の貧困率もアメリカに英独仏の2倍前後だが、一人親家庭の貧困率は58%と圧倒的(アメリカ36%)。
どうしてそうなるか、就業と賃金、税制など総合的に理解させることは、社会科教育の必須事項のひとつだろう。
もちろんそれは、結婚率と出生率の劇的低下とも連関している。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR