スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルマの研究会

こういうのもやっている。案内を貼り付けておく。

東南アジア学会の皆様

緬甸(ミャンマー)勉強会を下記の要領で開催いたしますので、ご参集ください。

また、研究会の後、懇親会も予定しております。

配布資料作成および懇親会の会場確保の都合上、参加される方は<返信フォーム>にて、
ご連絡ください。

日時:10月31日(土曜日)15:30 ~17:30

場所:東京大学東洋文化研究所 第1会議室

報告者:田村克己氏(総合研究大学院大学理事、国立民族学博物館名誉教授)

タイトル:「ビルマの建国神話と精霊伝説~ミャンマーの『赤と黒』」

要旨:
 ビルマにおいて、日本の記紀神話にあたるものは、王朝の年代記に記録されてある。そ
の現存する最も古いものは、16世紀初頭の『マハーサンマタ年代記』(後世『高名年代
記』という)であり、スリランカの『大史』の形式をふまえ、「ビルマ王権と仏教の正統
性、神聖性」を主張している。その後、タガウン朝の伝承が付加され、19世紀前半の『玻
瑠王宮大御年代記』において、建国神話が「完成された」形で記録される。
 この一連の神話において、世界の創造、自然から文化への移行、ひいては人間社会の起
源など、神話学上重要なテーマが述べられている。そして神話の構造上、続いて建国の英
雄の流浪譚が繰り返し語られる。それは神話学上普遍的なモチーフのものであるが、王権
の正統性、聖職者の介在、女性の位置など、ビルマ独特のテーマが登場してくる。また、
タウンビョンなど各地の精霊信仰の伝説も、登場者や土地を通じて建国神話の体系に結び
つけられてあり、さらにこうした神話学上のモチーフを繰り返している。
 本報告は、以上のような、ビルマの神話世界の豊かな広がりを示すとともに、現在の
ミャンマーの政治につながる課題についても触れたい。
 なお、本報告は、昨年10月の「東南アジア学会関西例会」で話したものとほぼ同様であ
り、一部は、拙著『レッスンなきシナリオ』(風響社、2014)で論じている。

(東洋文化研究所の場所は下記のURLを参照してください。)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_12_02_j.html
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html

*参加される方は、髙橋昭雄(takahashi_at_ioc.u-tokyo.ac.jp)[(_at_)=@]まで
ご一報ください。

担当:髙橋

<返信フォーム>

どちらか一方を消去して下さい。

どちらも参加されない方は返信不要です。

----------------ここから 返信して下さい ----------------

● お名前

● 緬甸勉強会 ・参加 ・不参加

● 懇親会 ・参加 ・不参加
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。