第242回東南アジア考古学会例会

日時:2015年9月26日(土)16:00~17:30
会場:早稲田大学戸山キャンパス 36号館682教室
   (東京メトロ東西線「早稲田」駅下車徒歩3分)

<報告1>
発表者:下田一太(筑波大学),田畑幸嗣(早稲田大学)
題目:『サンボー・プレイ・クック遺跡群における夏季調査概要』
概要:
 カンボジア,コンポン・トム州に位置するプレ・アンコール期の都城址「サンボー・プレイ・クック遺跡群」における以下3件の活動概要を報告したい。
1.2015年3月より開始した都城地区中央に位置するマウンド遺構(M90)における発掘調査の経過報告
2.2015年8月に実施したRobang Romeas寺院における発掘調査報告
3.2015年8月に実施したカンボジア人若手育成事業の報告(国際交流基金による支援事業)


<報告2>
発表者:齋藤正憲(早稲田大学文学学術院非常勤講師)
題目:『インドネシア、カリマンタンの土器づくり』
概要:
 アジアの土器づくり民族誌に関心を抱く報告者はこれまでに、インドネシア、ジャワ島ならびにスマトラ島においてフィールドワークを実施してきた。インドネシアの土器づくりの全貌を把握すべく、2015年8月、カリマンタン島における現地調査を計画した。その成果について、報告したい。


<報告3>
発表者:片岡修(関西外国語大学・国際言語学部)、Richard K. Olmo (現Historic Preservation Office)
題目:『グアム島アガ・トンガン遺跡第2次調査の成果と課題』
概要:
 3月の試掘調査成果に基づき、今夏グアム島最南端のアガ・トンガン遺跡の第2次発掘調査を実施しました。
 本発表では、その調査の経緯や目的や成果や課題について紹介させていただきます。


以上
--------------------------------------------------------------------------
お問い合わせ
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7
昭和女子大学歴史文化学科 菊池誠一研究室内 東南アジア考古学会事務局
E-mail: jssaa[a]jssaa.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR