スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民は鴨?

13世紀末のベトナムは元寇の撃退という大事業を成し遂げた。
ただそのときに副将だったチャン・カイン・ズー(陳慶餘)という人物は、のちに「将は鷹、民は鴨である。鷹を養うのに鴨を食べさせて何の問題があろうか」と民からの搾取を肯定する放言をして大顰蹙を買った(おまけに不倫スキャンダルも引き起こしている)。

安保法案論争に限らず、最近の日本の政権の周りにはこのテの輩が多いね。
しかも国を守る手柄を立てたわけでもないのに
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。