スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調査終了

ベトナム・ラオス調査が(忘れ物など無事でない部分があったが)なんとか終了した。私は今夜のフライトで帰国する。
ディエンビエンフーからラオスに入り、ルアンパバーン~ヴィエンチャン~サワンナケート~フエと回ったのだが、山間の川筋をたどる前半、メコンの流れがよく見られた後半とも、きわめて有意義だった。
案内係兼通訳(黒タイ語、ラオス語、タイ語)をしてくれた岡田君、ラオス史学院長でわざわざハノイ~ディエンビエンフー~ルアンパバーン~ウィエンチャン間を同行して下さったチャンタピリット先生をはじめとするラオスの研究者の皆さん、ラオスで研究しておられ今回の調査にも同行してくださった森中さんと清水さんほか、多くの皆さんにお世話になったことに感謝。

これはディエンビエン省のタイチャンからラオスに入る国境
DSC_9916タイチャンの国境  DSC_9923.jpg

こちらはラオバオでクアンチ省に入る国境
DSC_1137b.jpg  DSC_1140ラオス側ゲートからベトナム側を望むLB  DSC_1144b.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。