どういう政権が体制を安定させるか?

アメリカの政治学者の講演を聴いたことがある。体制の安定度は強い順に、
(1)アメリカ式(欧米式)の民主政権
(2)強い独裁政権
(3)弱い独裁政権
(4)弱い民主政権
となるんだそうである。

アベ政権は第2グループを理想としているが、実態は第3か第4グループということだろう。
それにしても、こういう開発独裁型(「オレについてこい」の大松監督型というか、「巨人の星」型というか)に快感を感じるのは、「本当の一流」じゃない証拠だと思うんだけどね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR