ダル250奪三振

もう旧聞に属しますが、阪大歴史教育研究会のブログが立ち上がり、事務局員が交替で記事を書いています。このブログからもリンクが張ってありますので、どうぞ見てやってください。

今日も自分の間抜け、他人の理解しがたい行動、いろいろあって落ち込んだが、夜、パリーグの結果にはニコニコ。
ダルヴィッシュが17勝、野茂以来のシーズン250奪三振。いや、たいしたものだ。稲尾の時代なら毎年30勝ぐらいしそうだ。
マリーンズもやっと連敗脱出。しかし来年は超貧打線をどう立て直す?


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR