スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「強制栽培制度」の映画

こんな案内が回ってきた。面白そうだ。高校世界史教科書では「政府管掌栽培制度」と正式の言い方に改める動きもある(「強制栽培」が批判派のネーミング)。歴史教育でどう教えるのがいいかについての討論もできそうだ。


>東京外国語大学総合文化研究所のアクティブラーニング「映像による文化の横断」
の一環として、6月26日(金)6限と7月3日(金)6限に、映画『マックス・ハー
フェラール』を前後2回に分けて上映します。

オランダ領東インドにおける19世紀中頃の「強制栽培制度」による植民地支配の
実態が活写されたドラマです。

インドネシア地域基礎の授業の一部ですが、どなたでも予約不要で自由に参加で
きます。ぜひ学生・院生にもお声かけのうえ、ご参加ください。

映画『マックス・ハーフェラール』第1回上映会
■日時:2015年6月26日(金)6限~、17時30分開場、19時10分頃終了
■場所:東京外国語大学 総合文化研究所(研究講義棟422)
(アクセス:http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ics/access.html)
■担当教員:青山亨(インドネシア地域専攻教員)
■プログラム:資料を配付して、映画の背景について説明をしたのち、映画の前
編を鑑賞します。

映画『マックス・ハーフェラール』第2回上映会
■日時:2015年7月3日(金)6限~、17時30分開場、19時10分頃終了
■場所:東京外国語大学 総合文化研究所(研究講義棟422)
(アクセス:http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ics/access.html)
■担当教員:青山亨(インドネシア地域専攻教員)
■プログラム:映画の後編を鑑賞したのち、映画についての意見交換を行います。

詳細はブログをごらんください。
http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/aoyama/2015/07/Film_Max_Havelaar.html
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。