スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム戦争をめぐるモノローグ

下の記事の続き。NHKのドキュメンタリーシリーズの第3夜は、第2夜の続きでアメリカのフィルムだった。
1975年4月のサイゴンからの全面撤退を扱ったもので、アメリカ大使や海兵隊員などが可能な限り多くの南ベトナム政府や軍関係者を自分たちといっしょに脱出させようとした様子を描いたものである。4月30日にサイゴンに侵攻した北・解放戦線軍の映像がちょっとだけ出て来たが、前夜に続き、そちら側へのインタビューなどはまったくない。

時の映像と関係者に対する最近のインタビューを通じて描かれるのは、可能な限り多くのベトナム人を脱出させようという努力と、大使館内などに一部を置き去りにせざるをえなかった悔恨にほぼ尽きる。最後の方で「われわれは善意でベトナムに行き...ベトナムの人々を裏切ることになった」という関係者のセリフが流れたが、そこにあるのはやっぱり、アメリカ人の善意とその挫折という自分語りだけである。脱出した側のベトナム人のインタビュイー(これも最近のインタビュー)も2~3人出て来たが、逃げられるか逃げられないかというその場の切羽詰まった状況を語るだけで、当時の南ベトナム政府関係者の主体性が語られているわけでもない。

あくまでモノローグ。これでいいのだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。