スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムの教授・助教授

『歴史研究』最新号の短報欄に、新年度に教授・副教授に昇進する研究者が任命されたという記事が出ている。
学生にはたびたび話してきたが、ベトナムの教授・副教授というのは日本のようにポストではなく、その人の称号(以前は「学銜」という漢語をよく使った)である。決めるのは政府の委員会で、本人から見た場合、「教授になる」でなく「教授に封じられる」という言い方も以前はよく目にした。

今回は全国・全分野合わせて59人の教授、585人の副教授が任命され、そこに史学系の教授1人、副教授11人が含まれるそうだ。この数字から、今の日本とは違って、ベトナムでは「教授」はとても偉いのだということがわかるだろう。以前は博士号保持者もすごく珍しかったのだが、このごろ外国で博士号を取ってきた研究者なども珍しくなくなっている。他方、有名な年配の研究者でも副教授の称号すらもらっていない人がけっこういるのではないか。

今回のリストには、ハノイ国家大のベトナム学・開発科学院長であるファム・ホン・トゥン先生(国際関係史、教授)、日本学科長であるファン・ハイリン先生(日本中世史、副教授)など、日本との学術協力でおなじみの先生も含まれている。おめでとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。