17世紀日本にとって生糸は不必な品物だったか?

世界史教科書の海域アジア・東南アジア史関係の図版の問題を下で書いたが、日本史教科書もこの問題は深刻である。19世紀にできたベトナムのハイフォンの町が書いてある朱印船貿易の地図などはその最たるもの。第二次大戦後の日本の学界の弱点を見事に反映している。

先日たまたま見たZ出版の日本史Bは、ものすごく記述が詳しいが、そういう図は載せるは、鎖国のところには「鎖国ができたのは、必要な品がほとんど自給できたからである」といった旧態依然の説明は書くはで、なんともいえない。鎖国の説明は、生糸や砂糖や漢方薬は奢侈品だから「必要な品」でないとでも言いたいのだろうか? 
そもそも奢侈品は社会にとって不必要な品だというのは、マルクス主義の曲解としか思えない。権力の基底に生産関係なりなんなりがあるとして、しかし権力というものは自分を飾らなければ権力たりえない。その意味で支配権力をもつ社会にとって奢侈品は(そのすべてがとは言えないにせよ)不可欠な品である。それを否定するのは、「経済が土台で政治や文化は上部構造だ」という命題を、「上部構造は存在しない」という命題にすりかえるようなものだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR