スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大入試に答えられない『詳説世界史』?

今日もほぼ一日入試の採点で終わった。
16世紀から20世紀初頭までのヨーロッパ勢力の東南アジアでの活動形態を二段階に分けて説明せよという東南アジア史の4問目は、同工異曲の問題が何度も出し、山川詳説でもはっきり書いてある。第3問のベトナムのチューノム(「字喃」という漢字表記は不適切)については、どんな使い方をするどんな文字かもいっさい教えないままで入試だけしょっちゅう出題する事態はけしからんと、再々述べてきた。

採点をしながら見ているうちに、『詳説世界史』(2014年版)に妙な地図を見つけてしまった。
170-171ページの「13世紀のおもな商業ルートと物品」という図である。何年版から入った図だろう?

日本から中国に渡るルートは鎌倉から本州・九州のどこも寄港せずに明州(寧波)に行くように書いてある。当時の日本随一の対外貿易港で日本初のチャイナタウンが成立していた博多がない図では福岡県の高校生に使わせるわけにはいかない。モンゴル時代のユーラシア・ネットワークについて答えさせる今年の東大世界史第1問で、指定語句に博多が入っている点から見ても、この地図は具合が悪い。
それに兵庫県でも使ってもらえないかもしれない。近畿最大の港である兵庫の津はいらないのか? 京都の朝廷や貴族は大陸貿易をしなかったと思っているのだろうか。
このごろ世界の学界で知られている日本(薩摩の硫黄島)の硫黄のような、日本の重要輸出品が書いてない。日本の輸出品として「銀・漆器」だけ書いてあるのは意味が分からない(銀を書くなら金は?)。
163ページには河北の定窯で作られた白磁の図版があり、あれは輸出品として有名なのだが、175ページの図で中国の産物としてはあがっていない。
ベトナム北部の商品「生糸」というのは、大航海時代と混同してないだろうか。
ベトナム中南部のところに輸出品として砂糖、銅、胡椒と書いてあるのも、全く意味不明である。18世紀なら砂糖は重要輸出品になるが、13世紀は聞かない。銅はほとんど産出せず、輸入品としてしばしば有名になるものである。他方、ベトナム中部は沈香の産地として中国や西アジアで有名だったが、それが書いてない(沈香産地はマレー半島も。逆にマレー半島のスズがこの段階で重要とは思えない)。
ジャワのところにも砂糖が書いてあるが、これも18世紀以降と混同してないか? 13世紀で書くなら綿布と胡椒であろう。他方、スマトラ島で胡椒が主要輸出品になるのは、マラッカ王国の段階ではないか。
これら13世紀の東南アジア・インド洋海域の貿易品については、1220年代に中国で編まれた『諸蕃志』という書物の記述がよく知られており、関西大学から訳注も出ている。

要するにこの図の作成者は、アジア交易の歴史が全然分かっていない。
これは来年度からでも訂正してほしい。


ついでに以下はあちこちで説明したが、188ページの「清代のアジア(18世紀後半)」の東南アジア部分はまずい。
ラオスの王権(ルアンパバーン、ウィエンチャン、チャンパーサックの3つに分裂していた)は、おおむねシャム(タイ)に従属していたが、ベトナムもしばしば宗主権を主張して介入したし、ルアンパバーンやウィエンチャンは清にも朝貢を続けている。清への朝貢国として日中両属の琉球を表示するなら、ラオスも同様に表示せねばおかしいのだ。

もうひとつ、292ページの「東南アジアの植民地化」の地図は、相変わらずマレー半島の英領全部が「マレー連合州」(複数形なので私は「連合諸州」と訳す)であるかのように表示しているが、これは完璧な間違いである。海峡植民地を除く9つの保護国・地域(=州)のうち、「連合」に含まれるのは4つないし5つで、残りは個別に保護条約を結んだ「非連合諸州」である。『詳説世界史』と同じ会社が30年以上前に出版した『世界現代史』シリーズに書いてあるこの事実を、教科書が無視し続けるのはどうしてだろうか?

所詮私の影響力などたかがが知れているのだが、この10年延々とやってきたことが全然受け入れられていないとすると、ちょっと拗ねたくなる。
3月4日の世界史教科書シンポ(立教)での私の態度がいつも以上悪かったら勘弁して下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。