スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都高社研・部総会の案内

ここはいつもハイレベルだ。AAWHの予行演習会と重なっていなければ、私も行きたいのだが。

2014年度 部会総会のご案内
>
>  梅花の候、皆様方には日々ご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃は当研究会の活動にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。
>  昨年は第一次世界大戦勃発から100周年でした。今年は第二次世界大戦およびアジア太平洋戦争の終結後70年の節目となります。二つの大戦をどのように理解し、どう記憶するかがあらためて問われています。また今年は日韓基本条約締結50周年でもあります。日韓・日中の関係が依然として緊張し、対話の糸口が見いだせないなか、日本の近代の歩みを再度検証することも求められています。
>  今回、私たちの研究会では、日本近代史の専門家である今西一氏(大阪大学招聘教授、小樽商科大学名誉教授)に講演をお願いすることになりました。氏は東アジアの研究者との交流にも積極的にとりくまれています。講演では近年のご活動をふまえ、近代史研究の現状と課題をお話しいただく予定です。また授業実践として第一次世界大戦の授業に取り組んだ大川先生、歴史教育にアクティブラーニングの手法を取り入れた川島先生、グアム研修旅行の際の事前学習にとりくんだ本山先生、また森口先生には中国との歴史教育交流の経験について報告していただきま
> す。これらのご報告を手がかりに、歴史認識や教育のありかたを考える場としたいと思います。
> 下記の要領で部会総会を開催しますのでご案内を申し上げます。関心をお持ちの先生方はどうぞふるってご参加下さい。
> <記>
>
> テーマ: 戦後70年を迎えるにあたって~歴史教育の可能性~
>
> (1)日時:3月21日(土・祝) 10:00~17:00
> (2)会場:会場:職員会館「かもがわ」
>    〒604-0901 京都市中京区土手町夷川上ル末丸町284 TEL 075-256-1307
>    (河原町二条 東北向、銅駝美術工芸高校の北側、ホテル石長の東側)
> (3)内容
>   ①講演
>    今西一 先生(大阪大学招聘教授、小樽商科大学名誉教授)
>     「戦後歴史学・再論」
>   ②授業実践報告
> 大川沙織 先生(南陽高校)
> 「高校生と学ぶ第一次世界大戦」
> 森口等 先生(立命館宇治高校)
> 「日中戦争をどう教えるのか?~日中歴史教育交流に参加して~」
> 川島啓一 先生(同志社高校)
> 「アクティブラーニング型学習を世界史授業に導入した2年間を振り返って
>  ~生徒の反応と今後の課題~」
>    本山雅章 先生(日吉ヶ丘高校)
>     「グアム研修旅行の事前学習の取り組みについて」
>
>   ③合同部会:センター試験分析
> 世界史:毛戸祐司 先生(田辺高校)
> 日本史:藤田雅之 先生(鳥羽高校)
> 地理 :徳安浩明 先生(洛星高校)
> 公民 :高田敏尚 先生(京都教育大附属高校)
>
> (4)日程
> 3月21日(土・祝)
>      9:45 受付
>     10:00 開会・会長あいさつ
>     10:15 ②授業実践報告
>    12:00  (昼食休憩)
> 13:30 ①講演:今西一 先生(大阪大学)
>     15:45 ③合同部会:センター試験分析
>     17:00 終了
>
> <参加のお申し込み>
> ・準備の都合上、同封のFAX用紙か電話で3月19日(木)までにご返事下さい。
>   連絡先:京都高校社会科研究会事務局 川島啓一 宛
>    〒606-8558 京都市左京区岩倉大鷺町89
>           同志社高校気付
>       TEL:075-781-7121
>      FAX:075-781-7124
> <連絡>
> 2014年度の授業プリント・資料教材・研究発表レジュメなどありましたら交流のためにご持参下さい。レポート参加も大歓迎です。
>
>  【講師紹介】
>  今西一(いまにし・はじめ)先生は、大阪大学招聘教授、小樽商科大学名誉教授。専門は日本近代史。文学修士(立命館大学)、農学博士(京都大学)。『近代日本成立期の民衆運動』(1991年)、『近代日本の差別と村落』(1993年)、『国民国家とマイノリティ』(2000年)、『メディア都市・京都の誕生』(1999年)、『遊女の社会史』(2007年)、『近代日本の地域社会』(2009年)など著書、論文多数。近年は「帝国日本の移動と動員」をテーマに、国内外の研究者との共同研究にとりくんでいる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。