海域アジア史研究会2月例会

とりあえず院入試が終了。
少し早いが案内メールが来たので貼り付けておく。

>皆様

 海域アジア史研究会2月例会のご案内をお送り致します。
 詳細は下記のようになっております。今回は3名の方に報告をお願いしていることもあり、通常より開始時間が早くなっております。ご注意下さい。

 また、3月28日(土)には3月例会を開催致します。3月例会に関しては後日改めてご案内を致しますが、多賀良寛氏と吉川和希氏のお二人がそれぞれ報告の予定です。 
 
 
【海域アジア史研究会2月例会】

日時:2月28日(土)13時00分~18時00頃
 
会場:大阪大学豊中キャンパス・文法経済学部本館・中庭会議室
 アクセス:http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access
 ※キャンパスマップ④の逆向き「コの字」型建物の中庭のプレハブが中庭会議室です。
  北側出入口(③の総合図書館側)から入って、そのまま直進し中庭にお進み下さい。


発表者・発表タイトル(敬称略)

岡田陽平(大阪大学大学院文学研究科博士前期課程)
「広南阮氏政権における交易管理と地方支配(仮)」

遠藤総史(大阪大学大学院文学研究科博士前期課程)
「南宋期、外国賓礼の復興と再編-紹興25年(1155年)の占城使節への外交儀礼を中心に-」

中島楽章(九州大学大学院大学院人文科学研究院准教授)
「胡椒と仏郎機―ポルトガル私貿易商人の東アジア進出―」


※研究会後、阪急石橋駅周辺のお店で懇親会を予定しております。
※レジュメ代として200円ご用意下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR