今朝の毎日新聞(余談)~戦争は兵士だけがするものか?

下に書いた増田善信さんの気象予報と戦争のかかわりの話で思い出した。日本がこれから戦争をすることへの賛否は別として、学生の大半が「戦争は狭義の軍人・兵士だけでできる」「兵隊にならないかぎり自分は無縁でいられる」と思っている点は、学校教育で頑張って正さねばならない点のひとつだろう。いまどきのトップアスリートがいろんな種類の補助要員に支えられてプレーをしていることなども参考になるはずだ。それが無ければ戦争ができないことがわかれば、ついでに大学を含む学校教員にあらゆる雑用をやらせるような仕組みでは教育も研究もできないということにも、みんなが気づくだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR