スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア映画研究会特別公開イベント


アジア映画研究会特別公開イベント 『キドラット・タヒミックをめぐる対話』

国際交流基金アジアセンターとアジア映画研究会は、特別公開イベント『キドラット・タヒミックをめぐる対話』を開催します。

アジア映画研究会は、アジア映画の研究・批評の推進をめざしているアジア映画専門家の集いで、月例で研究会を実施しています。本年の掉尾を飾る12月は、特別公開イベントとして、アジア・インディペンデント映画の草分けとして知られるキドラット・タヒミック監督(フィリピン)を取り上げます。


タヒミックと長年の親交を持つ清水展氏(京都大学東南アジア研究所教授、文化人類学者)による日本未公開作品の上映を交えた講演に加え、1980年代からタヒミックを論じてきた四方田犬彦氏(映画史家・比較文学研究家、アジア映画研究会会員)と清水氏との対談をおこないます。四方田氏は『映像の招喚―エッセ・シネマトグラフィック』(青土社、1983年)でわが国最初のタヒミック論を発表し、片や清水氏の『草の根グローバリゼーション―世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略』(京都大学学術出版会、2013年)には最も新しいタヒミック論が含まれています。「最初」と「最新」の論者による対話にご期待ください。

日時:2014年12月18日(木)18:00~20:30 (開場:17:30~)
会場:国際交流基金2階JFICホール「さくら」
東京都新宿区四谷4-4-1 国際交流基金本部2階
(東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅 徒歩5分)
プログラム:
18:00     開会
18:00~19:30 講演:清水展 ※30分程度の上映を含む(作品名は当日発表)
19:30~20:30 対談:清水展×四方田犬彦
司会:石坂健治/東京国際映画祭『アジアの未来』部門PD,日本映画大学教授
20:30     閉会
参加費:無料
主催:国際交流基金アジアセンター、アジア映画研究会
共催:京都大学東南アジア研究所
参加申込方法:
お名前/ご所属・役職/電話番号/eメールアドレスを記載の上、eメールにて12/15(月)までに以下の宛先までお申し込みください。
その際、件名は「アジア映画研究会イベント申込」としてください。

お問い合わせ・申し込み:
国際交流基金アジアセンター
文化事業チーム アジア映画研究会イベント係
Email: jfac_vdp_info@jpf.go.jp
http://jfac.jp/culture/tahimik/
関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/29 08:46)

新宿区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。