スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月6日のグローバルヒストリー・セミナーは文理融合型のテーマ

これは聞き逃せない。 

>秋本番になりましたが、お元気のことと思います。
 下記の様に、新規に発足した大阪大学未来戦略機構・グローバルヒストリー研究部門、および文学研究科グローバルヒストリー研究クラスターとの共催で、イギリス・オクスフォード大学グローバルヒストリー研究センター所長のJames Belich氏をお招きして、セミナーを開催いたします。
 今回は、文理融合の研究テーマを議論する初めてのケースになります。コメントは、細菌学がご専門の竹田美文先生と、GH研究部門の中核メンバー古谷先生にお願いしました。オクスフォード大学とは、来年4月から、6大学共同でグローバルヒストリー国際共同研究を始める予定です。
ご多忙とは思いますが、皆さんの積極的な御参加をお願いします。



1. 日時:2014年11月6日(木)  16:00-18:00
2. 場所:大阪大学豊中キャンパス・大阪大学会館2階・会議室
3. 講師および演題:
James Belich (Beit Professor of Commonwealth and Imperial History at the University of Oxford, a fellow of Balliol College, and Director of the Oxford Centre for Global History)
"The Black Death and European Expansion"

4. コメンテーター:

竹田美文 (公益財団法人野口英世記念会副理事長、元国立感染症研究所所長)

古谷大輔 (大阪大学言語文化研究科准教授)
以上、よろしくお願いします。

大阪大学グローバルヒストリー研究会  (連絡先:06-6850-5675 akita[a]let.osaka-u.ac.jp)
大阪大学未来戦略機構・グローバルヒストリー研究部門(第9部門)
文学研究科・グローバルヒストリー研究クラスター
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。