スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイにおける博物館活動講演会のお知らせ

面白そうな案内が回ってきた(て、うちの歴教研と同じ日だがね...)。

このたび、タイ芸術局博物館事務局長ならびにバンコク国立博物館長の来日に伴い、同国における博物館活動についての講演会を下記のとおり開催いたします。
是非ふるってご参加ください。

日時:2014年10月18日(土)13:30-16:30
参加費:無料
会場:黒田記念館セミナー室 
東京国立博物館の西門の斜め前(上島珈琲店が角にあります)
アクセス:http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=114
講演内容:*講演はタイ語で行われ、逐次通訳がつきます。
1.「Museums and Communities focus on office of National Museums Thailand」
Mr. Sahabhum Bhumtitterat(Director of the office of National Museums, Fine Art Department, Thailand)
タイにおける博物館活動に市民がどのように参加、協力しているかについて紹介します。特に、タイの芸術文化遺産の保存、教育、研究、普及を担う文化省芸術局国立博物館部の近年の取り組み、成果、課題について言及します。
2.「Today of Ban Chiang National Museum and Ban Chiang world heritage site」
Mr. Tossaporn Srisamarn(Director of National Museum Bangkok)
 タイ・ウドーンターニー県のバーンチェン遺跡発掘からバーンチェン国立博物館の成り立ち、世界遺産登録と地元の活動について紹介するとともに、近年リニューアルした博物館の展示方法、社会活動についてお伝えします。

定員:30名程
主催:東京国立博物館

 タイの文化財保護、行政に関するさまざまな活動の中心におられる方々をお招きしての講演です。なお、事前受付などは特にいたしませんが、人数をある程度把握したいため、ご出席を希望される方は下記までご連絡をいただけますと助かります。
また、多くの方のご参加を募っておりますので、お知り合いの方々にも是非お知らせいただけたら幸いです。

東京国立博物館 企画課長 小泉惠英(こいずみよしひで) koi[a]tnm.jp

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。