スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪大学未来戦略機構・グローバルヒストリー研究部門の立ち上げのセミナー

10月から秋田茂氏を代表として大阪大学未来戦略機構・グローバルヒストリー研究部門が動き出す。グローバルヒストリー研究が阪大が推進する大型プロジェクトの一環と位置づけられ、すでに取っている科学研究費などとは別に若干の予算も使えるそうだ。下はその立ち上げのセミナーである。
このあと10月11日(土)午後には、梨花女子大学GHセンター(AAWH事務局)からAAWH会長のJi-Hyung CHO先生他を迎えたセミナーも開く予定である。AAWHに参加申し込みをしている方はぜひ聴きに来てください。


>第42回大阪大学グローバルヒストリー・セミナー

 残暑お見舞い申し上げます。
 下記の様に、2学期が始まる10月1日に、新規に発足する大阪大学未来戦略機構・グローバルヒストリー研究部門、および文学研究科グローバルヒストリー研究クラスターとの共催で、インドを代表する著名なお二人の歴史家をお招きして、セミナーを開催いたします。
 今回は、19世紀の歴史的意味を、南アジア、グローバルヒストリーの視点から再考したいと思います。
ご多忙とは思いますが、皆さんの積極的な御参加をお願いします。


1. 日時:2014年10月1日(水)15:00-18:00
2. 場所:大阪大学豊中キャンパス・待兼山会館・2階会議室
3. 講師および演題:
Aditya Mukherjee (Professor of Contemporary History, Centre for Historical Studies and Dean, School of Social Sciences, Jawaharlal Nehru University, India)
"Revisiting the 19th Century: A perspective from the South"

Mridula Mukherjee (Professor of Contemporary History, Centre for Historical Studies,
School of Social Sciences, Jawaharlal Nehru University, India)
"The Questioning of Colonial Modernity in 19th century India"
4. コメント: 秋田 茂(文学研究科・世界史講座) 他
以上、よろしくお願いします。
大阪大学グローバルヒストリー研究会(連絡先:06-6850-5675 akita(a)let.osaka-u.ac.jp)
大阪大学未来戦略機構・グローバルヒストリー研究部門
文学研究科・グローバルヒストリー研究クラスター
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。