阪大グローバル・コラボレーションセンター(GLOCOL)のイベント案内

「反日」「売国」叩きにやっきになる暇があったら、こういう動きから学ぶべきだろう。
そうすれば、「愛国」とかいってる人々が理想として語る日本社会「本来」のあり方が、そもそも空想・妄想の産物だとわかるし。そのうえで、本当の理想を考えよう。

**********************************************************************
GLOCOLが共催するセミナーに関するお知らせです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
わたしのことば、わたしの道
~外国につながる子どもたちの言語教育の実践から~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

さまざまな課題を抱える教育環境において、子どもたちの
多様性を活かすことにより、彼らの可能性が大きく広がります。
外国にルーツをもち二つ以上の言語環境で暮らす子どもたちの
言語形成についてみんなで考えてみませんか。

日時:2014年9月23日(火) 13:30 ~ 17:00

場所:神戸市勤労会館 2階 多目的ホール
 〒651-0096 神戸市中央区雲井通5丁目1-2

1.基調講演 「・・・・世の中は日本語だけじゃない!」
  講師:サニー・フランシス(タレント/ラジオDJ)
 
2.パネルトーク 若者が語る「わたしのことば、わたしの道」
  パネラー:重井アマンダ、MCナム、祖艶、松原ルマ ユリ アキズキ
  モデレーター:小林芽里(浜松NPOネットワーク事務局長)
  コメンテーター:サニー・フランシス、松田陽子(兵庫県立大学)

3.映像上映 母語、バイリンガル教育を考える
  ①日系ブラジル人3世の映像作家・松原ルマ ユリ アキズキによる
   ドキュメンタリー
 ②アメリカ・ミシガン州で日英のバイリンガル教育を実施している
   チャータースクール“ひのきインターナショナルスクール”の紹介

4.PR 県内における教育実践の紹介
  神戸市及び周辺地域において、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、
  韓国・朝鮮語など、母語を視野に入れた教育の実践者によるアピール

5.関係機関への提言内容についての意見交換

司会進行:吉富志津代(ワールドキッズコミュニティ代表/大阪大学GLOCOL)

参加費:無料 
 
共催:ワールドキッズコミュニティ、関西母語支援研究会
   関西ブラジル人コミュニティ、ひょうごラテンコミュニティ
   ベトナム夢KOBE、神戸コリア教育文化センター
   たかとりコミュニティセンター、大阪大学GLOCOL

後援:兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会
   公益財団法人兵庫県国際交流協会、公益財団法人神戸市国際協力交流センター

助成:トヨタ財団

実施・企画:バイリンガル提言プロジェクト
   「わたしのことば、わたしの道」実行委員会

問い合わせ先:ワールドキッズコミュニティ
       TEL(078)736 -3012
       メール kids[a]tcc117.org
       HP http://www.tcc117.org/kids/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR