スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムと中国が衝突した群島の名前は?

畏友HK氏のFBから。
>気になったので、日本のマスコミ大手、みんな調べてみた。
「西沙諸島」…NHK、共同通信、毎日新聞
「西沙(英語名パラセル)諸島」…朝日新聞、日経新聞、時事通信、赤旗
「パラセル諸島(西沙諸島)」…読売新聞
「パラセル諸島(中国名西沙諸島)」…産経新聞
各社の立場、または無知度が見えて来ますね。

私(ダオ・チーラン)自身は今回の事件のずっと前から、各地の高校教員に何度も、南シナ海で領有権争いをしている島々を「西沙」「南沙」と呼ぶだけで中国の味方をすることになりかねないと警告してきた。
日中韓の間だと細かい用語法にやたらピリピリする高校の先生や教科書が、東南アジアだと無神経な用法を平気でするのは、東南アジアを馬鹿にしてる証拠じゃないですか、という悪口も添えて。今回のNHK,共同通信...にもこれが当てはまりそうだ。

これはもちろん、それらの島々をベトナム名のホアンサー、チュオンサーで呼べなどと言っているのではない。
これらの島々については、フィリピンやブルネイ、マレーシアも一部の領有権を主張している。
だから私は、『ベトナムを知る事典』ではホアンサー、チュオンサーで立項したが英語名・中国名を併記し、『新版東南アジアを知る事典』ではパラセル、スプラトリーという呼称を表に出した。

私自身のことはともかくとして、こういう感覚を欠いた報道や教育は、世界の平和にも日本の国益にもマイナスだろう。
ちなみに読売や産経も、「ベトナムと組んで中国を封じ込めよう」などと考えるならベトナム名も調べて(勉強して)併記したらよさそうなものだ。そういう発想が皆無だとすれば、やっぱり東南アジアなどどうでもいいと思っているのだろう。

ちなみに上のHK氏のFBには、
>「西沙」の三社は、日本の「尖閣」で事が起こって、海外メディアが「魚釣」と報道しても、文句言えませんね。
という、KH氏自身による正しいコメントがついていた。

みなさん、そうなんですよ。わかってますか?

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。