スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムで女性が年齢を聞かれる理由

昨日の昼間は基礎セミナー「ベトナムの歴史と社会」。参考資料に振り回されてうまくまとまらない発表をする学生もいれば、きちんと調べて非常に明晰なプレゼンをする学生もいる。歴史に関連した発表で面白かったのは、インドシナがフランス植民地化した理由のひとつに、タイとベトナムに挟まれて消滅寸前のカンボジアがフランスの保護国になることで国家として生き延びたという(学界では周知の事実ではあるが)理由が挙げられたこと。近年の「帝国研究」の流行の中で、まさにこういう問題が重視されている。つまり「征服する側の膨張」でなく「周辺勢力が泣きつく」という角度から帝国拡大をとらえる方法である。もちろん中心側の膨張を見なくてよいということではないが、周辺側(被征服側)を一方的な受け身の立場に置くのは正しくないのだ。

午後は京都の高校教員の読書会へ。現在は岩波の「東アジア近現代通史」第1巻をテキストにしており、今回はロシアの東進に関する2つの論文をまとめて読んだ(柳澤論文、左近論文)。担当が阪大でロシア史を専攻されたS先生だったこともあり、とても勉強になった。極東まで拡大「してしまった」ロシアの大変さがよくわかる(→ロシア帝国主義を免罪するとかそういう話をしようというのではない。しかし帝国支配体制に無理と矛盾があったということである)。本書にも引かれている左近幸村編『近代東北アジアの誕生――跨境史への試み』(北大出版会、2008年)を読むと、より具体的な話がたくさん出てくる。

読書会のあとの飲み会で、偶然だが昼間の基礎セミナーと同じ話題が出た。それは、「ベトナムでは女性に年齢を尋ねる」という話である。日本女性がムッとするケースがよくある。

飲み会で食べた賀茂ナスの田楽


基礎セミナーで最初にこれを紹介した学生も、京都の高校の先生も、これを儒教の影響(長幼の序を重んじる)と解釈したが、それが主因ではない。冨田健次先生の名著『ベトナム語の基礎知識』(大学書林)の第1課に書いてある通り、ベトナム語にはどんな相手にも使える「I」「You」のような代名詞が存在せず、自分と相手や第3者との年齢関係、親疎の関係、社会的地位の高低などにもとづいて、適切な家族・親族名称を選んで代名詞の代わりに使わなければならない(呼称詞)。たとえば相手(二人称)を呼ぶのにも、anh(お兄さん)、chị(お姉さん)、em(弟・妹)、cháu(孫)、chú(叔父さん)、cô(叔母さん)、bác(伯父さん・伯母さん)などなどいろいろな単語を使い分ける。どの語を使うべきかを判断するもっとも基本的な基準は年齢である。だから元来のベトナム語は、相手の年齢を知らないと話せないのだ(現在は外国人やよそ者向けの、かなり単純化された呼称詞の用法があるが)。他人の名前を「~さん」と呼ぶときもやはり、名前の前に適切な呼称詞を付ける。「Minhさん」は年齢や相手との親疎によって、anh Minh、em Minh、chú Minh、ông Minh(ôngは年配の男性を呼ぶ丁寧な呼称詞)などいろいろに呼ばれ方が変わる。

若い女性に平気で年齢を尋ねるのも、「呼称詞を間違えて相手に失礼な会話をする」ことを避けようという、礼儀正しい態度なのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。