天空を翔る歴史学者

黒田明伸さんから『貨幣システムの世界史』の増補版が送られてきた。
img252.jpg img253.jpg
補章として「東アジア貨幣史のなかの中世日本」が掲載されている。

「増補新版あとがき」がカッコイイ。
何年か前の年賀状に「当分日本語では書きません」と宣言されていたが、その後の英語での発信による世界での活躍の経過が紹介されている。理論経済学、グローバルヒストリーなど多方面での問題提起、アメリカ、ヨーロッパや韓国・中国など各地での受け入れられ方(当然、古い枠組みによる諸分野の学者の猛烈な反発も受ける)など、だれか詳しいレビューを書いてくれないかな。ご本人の著作はともかく関連する研究や、黒田さんがオーガナイズした多数の共同研究の参加者の著作などを網羅的に読む能力がない私などは、ついそう考えてしまう。

東文研(東大の東洋文化研究所)の教員で対象地域外の世界の学界に広く知られた例として濱下武志先生が思い出されるが、そういうことがやりやすい経済理論の部分が大きいとはいえ、東洋史や東洋学の枠を軽々と飛び越えた黒田さんの活躍も見事なものだ。最初の英語論文はわざと紅海地域のマリアテレジア銀貨を取り上げてアフリカ研究者の関心を集めたというあたりの、戦略性もみごとだ。

黒田さんは大学時代、私の2級下だった。将棋にたとえればいっしょに奨励会で勉強したわけだが、今やその業績には天と地ほどの差が付いた。黒田さんのわくわくする研究には賛嘆の気持でいっぱいなのだが、それじゃあお前は全然口惜しくないかと聞かれると、実はそうでもない。そのへんは、加藤一二三に対する芹沢博文、羽生善治に対する先崎学の気分とちょっぴり似ているかもしれないなどと、ときどき考える。芹沢や先崎はタイトルを取ることでなく観戦記・解説で名をなしたが、私の解説業の背景にも、共通の心情があるのかもしれない。
ただし、阪大歴史教育全体を「研究者として超一流になれない連中のやる格下の取り組み」と(外部でも内部でも)思わせるわけにはいかない。目ざすのは、相撲の北の富士や野球の野村克也のレベルである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR