長野電鉄(その2)

78年3月には北陸回りで帰省したが、横浜から京都に戻る際も信州で寄り道をしている。
長野電鉄の長野駅は、地下化工事のため仮駅になっていた。
img120na.jpg img121na.jpg img122na.jpg img124na.jpg
つぎは82年8月、菅平高原に行く家族と合流するため京都から長野へ。地下駅はもう完成していたが、フラッシュのたけるカメラを持っていなかったのか写真がない。以下は地上に出たところにある信濃吉田駅。
img123na.jpg img125na.jpg 
10年前に乗り残した木島駅を訪れる。ここも現存しない。この時期には元東急の「青蛙」5000系が入線していた。
img126na.jpg
信州中野。
img127na.jpg img128na.jpg
須坂。ここからバスで菅平へ向かったとメモが残っている。
img129na.jpg img130na.jpg img131na.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR