新潟の鉄道1981年

D3だった1981年の8月、新潟回りで帰省した。当たり前だがとても暑かった記憶がある。
急行「きたぐに」~越後線経由で新潟に着き、まず越後交通に乗る。

ターミナルの県庁前(当時)。一畑電鉄の松江温泉などと同じく町外れにある。県庁の反対側の古町通り商店街の方まで入れれば旅客需要は多かったはずだが。
img095ni.jpg img096ni.jpg
終点の燕。
img097ni.jpg img098ni.jpg img099ni.jpg
翌日、国鉄の赤谷線にも乗っている。スイッチバックの終点が有名だった東赤谷(84年廃止)。
img100ni.jpg
磐越西線から分かれていた蒲原鉄道の五泉駅。
img101ni.jpg
沿線最大の駅村松。かつてはこういう町を官鉄(国鉄)の駅まで結ぶ私鉄がよくあった。
img102ni.jpg img103ni.jpg img104ni.jpg img105ni.jpg
信越本線に接続する加茂。村松からこちら側はさびしかった(85年廃止)。
img106ni.jpg
国鉄で西小千谷(小千谷線)も行った。ここも84年に廃止されている。
img107ni.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR