スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県の私鉄

75年9月の私鉄乗り歩きで、福井から石川に入った。北陸鉄道の路線は、山中温泉周辺や羽咋線はすでになくなっていたが、小松線はまだ残っていた。
まず内灘線へ。終点の内灘。
 img065.jpg img066.jpg img068.jpg
北鉄金沢
img069.jpg img070.jpg
石川総線のターミナル野町。出町柳と同様、元の市内線の終点に接続する位置に作られたが、市内線がなくなると「単なる町外れ」になってしまった場所である。
img071.jpg img072.jpg 
夕方の白山下の終点。運行は朝夕だけになっていた。
img073.jpg img074.jpg
加賀一宮
img075.jpg
本鶴来
img076.jpg img077.jpg
新寺井
img078.jpg
小松。駅前にはけっこう活気があった。
img079.jpg img080.jpg img081.jpg
小松線の終点だった鵜川遊泉寺
img082.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。