スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井県の私鉄

75年の9月には、なんと教養部が学生ストライキで休みになったため、福井県と石川県の私鉄乗り歩きに出かけた。
当時の京大では年に1~2回は必ずストライキが行われていた。

まずは福井県の武生につく。福井鉄道の南越線がまだ残っていた。
「社武生」駅
 img018.jpg img019.jpg
当時の終点だった粟田部
img020.jpg
福武口。ここから国鉄の下をくぐる連絡道が福武線の「武生新」駅まで通じていた。中部地方では名鉄以下、「新△△」という駅名が多いが、福井鉄道は「武生新」「福井新」と順番が逆なのが面白かった・
img021.jpg
その武生新。福井へは有名なステップつき高床車の急行が走っていた。
img022.jpg
このときは普通で福井市内をまっすぐ北進して、京福電鉄(現えちぜん鉄道)との連絡駅である田原町へ行っている。
img024.jpg
img025.jpg

このあと京福で福井に出て石川県に北上、そこから戻って再び福井鉄道に乗車している。
商店街の中の路面に止まる福井駅前。
外国語として出会う日本語 img047.jpg img048.jpg
田原町方面と合流する市役所前
img049.jpg
武生新
img050.jpg
車庫のある西武生
img051.jpg
武生から京都に戻る際に、湖西線に初めて乗った。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。