スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム国立歴史博物館で日本文化展

1月16日から3月9日まで、ハノイのベトナム(国立)歴史博物館で、九州国立博物館と共催により、日本文化特別展が開かれるそうだ。同博物館のHP(英語での紹介は以下)に出ている。
http://baotanglichsu.vn/subportal/en/News/Special-exhibition/2013/12/3A923CC7/

縄文土器や埴輪からhじゃじまって、日越交流のコーナーでは例の1591年(現存最古)の日本国王宛の書翰も出展されるようだ。ただしHPの説明だと、この手紙の送り主は広南阮氏のグエン・ホアン(阮潢)とされてしまっている。これが鄭氏側の地方勢力(トンキン<北部>の主要港で日本船の多くが寄港しただったゲアンの)であることを解明した蓮田隆志氏は、正式に訂正を申し出るべきだろう。

この時期に私が見に行くのは無理だろうが、こういう催しが日本の国立博物館がきちんと協力しておこなわれるのはいいことだ。

ちなみに歴史博物館のHPには、暮れの国宝指定についての記事も出ている。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。