スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第53回大阪大学歴史教育研究会のご案内

今週末なのだが、北京に行ったりしていたため、準備が出来ていない。
苦しい...



第53回大阪大学歴史教育研究会
(共催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)

日時:2011年7月16日(土)13:30~
場所:大阪大学豊中キャンパス文法経本館2階大会議室

報告者(敬称略)および報告タイトル:
①桃木至朗(大阪大学歴史教育研究会代表/大阪大学CSCD・教授)
「高校・大学歴史教員の養成に必要な授業を考える ~「史学概論」を中心として~」

②堤一昭(大阪大学大学院文学研究科・教授)
「『世界史』教科書中の中国史-30年間の変化を見る試み-」

会場準備の都合上、参加希望者は事前に出欠をお知らせいただければ幸いです。
※前日までのご連絡でかまいません。

連絡先
momoki[a]cscd.osaka-u.ac.jp
[a]を@に換えてご送信ください。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。