スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海域アジア史研究会11月例会案内

17世紀ペルシアの生糸輸出の話は聞いていたが、abstractを見てこういう流れだったのかと初めて知った。

>皆さま

 海域アジア史研究会11月例会のご案内を致します。
 詳細は下記のようになっております。
 皆さまのご参加をお待ちしております。


国際ワークショップ「オランダ東インド会社とアジア生糸--ルディ・マテー氏 を迎えて」


 日時:2013年11月23日(土)  14:00~17:30
 会場:大阪大学豊中キャンパス 文法経経済学部本館2階 大会議室
    http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access
   *4の「コの字型建物」の2階に、会場となる大会議室がございます。
    北側出入口(総合図書館側)から入って右側の階段を2階へと上がり、
廊下を右側へとお進み下さい。


  報告タイトル:"The Dutch East India Company and Asian Raw silk: From Iran to
Bengal via China and Vietnam"

        (Abstractを本案内末尾に記載しております)

報告者: Rudi Matthee氏(University of Delaware)
  ディスカッサント:藤田加代子氏(立命館アジア太平洋大学)
           岡美穂子氏(東京大学史料編纂所)

 主催;海域アジア史研究会
     東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
   基幹研究 中東・イスラーム圏/中東イスラーム研究拠点
    科学研究費「近世帝国としてのサファヴィー朝史研究」(代表:近藤信彰)

 *報告は英語で行われます。
 *事前の参加申し込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。
 *研究会後には懇親会を予定しております。

---------------------------------------------------------------
〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5 大阪大学文学部・文学研究科
東洋史学研究室内 冨田暁(大阪大学文学研究科博士後期課程・海域アジア史研究会事務局)
Email: tomynovember●hotmail.com (●を@にしてお送り下さい)
Tel(研究室): 06-6850-6111 / Fax(研究室): 06-6850-5091


(Abstract)
In the early years of the seventeenth century, European merchants and maritime companies were falling over themselves to gain access to Iranian raw silk. They succeeded and, allowed to operate in Iran by the Safavid Shah `Abbas, by the 1620s the English and Dutch East India companies were busy carrying silk from the Caspian region to European markets via the Cape. Yet by century’s end, Iran’s silk had lost its luster and Western importers had shifted to cheaper and better-quality silk from Bengal.

My paper traces the reasons for this shift as well as the various phases it went through. It examines the interplay of political and economic factors that made, first Chinese, then Vietnamese, and finally, Bengali silk a more attractive option for them, rendering Iranian silk a “mere interlude” in Europe’s silk imports. Relying on a variety of contemporaneous sources, including East India Company records, it will argue that a complex series of issues played a role in the loss of Western interest in Iranian silk and the growing attractiveness of raw silk from other Asian locations. These include questions of quality and consistency in relation to price and preferences in the domestic market, but also logistical considerations involving distance and accessibility to the sources of sericulture, and political concerns ranging from Iran’s domestic conditions and the difficulty of dealing with the Safavid government to the geopolitical context in the wider, Asian arena.



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。