FC2ブログ

『ことばの教育を問い直す』

イメージ (241s)
たまたま見つけた本だが、母語と第2言語・外国語の関係(教育における母語教育と第2限後・外国語の教育の関係を含む)だけでなく、一般的な理論と実践の往復、教育の目的と方法などの議論も、きわめて啓発的である。

「まず知識を教えないと考えさせることはできない」「理論は生徒に難しすぎるから具体的事例を教えよう」などと言いつのる現場の歴史の先生(多数の大学教員を含む)を説得するのに、私が万言を費やすよりこの本を読ませる方がいいような気がしてきた。

で、史学系にもよくいる、問われたことに答えられない学生たち。「Aはなぜ起こったか」と聞かれて「Aがどのように起こったかのプロセス」をとうとうと述べる学生。「CはDか否か」と聞かれて「今はEのことを考えるべき時代だ(Dは議論にならない?)」と答えてオシマイの学生、「Gはどんなものか説明せよ」と求められて「Gの属性の一部であるF(しかしGだけの属性ではない)について説明を始める学生」... そして、それらの議論の例として挙げるべき、高校歴史の定番の事件や用語を聞かれて思い出せない学生。
やっぱり対話型の授業より一方的講義の方が楽なのは間違いない。

ここで「学生の(間違っていても)自由な発想を大切にし、そこから学習を導こう」という気になかなかなれないのは、未熟な私の自己責任だろうか。この国の教育に欠陥があるということは、本当に考えなくていいのだろうか。

スポンサーサイト



東南アジアにおける中国のプレゼンスの捉え直し:国際会議のペーパー募集

CALL FOR PAPERS | SUBMISSION DEADLINE: 10 JANUARY 2020

Crossing the River by Feeling the Stones:
Alternative Imaginaries of China’s Presence in Southeast Asia in Contemporary Contexts

Date : 27-28 May 2020
Venue : Asia Research Institute, National University of Singapore
AS8, Level 4, 10 Kent Ridge Crescent, Singapore 119260
Website : https://ari.nus.edu.sg/events/crossing-the-river/



China’s rapid rise in the last few decades has (re)shaped its international relationships with many countries through trade and investment, especially in Southeast Asia where the Chinese engagement has arguably been the most intensified. China and Southeast Asian countries have a long history of connections through migration, trade, religious and cultural exchanges, and diplomacy, and Southeast Asia further provides a sea corridor for China to reach out towards Europe and Africa (Lin et al. 2019; Oliveira et al. forthcoming). In recent years, popular media have largely focused on China’s presence in Southeast Asia, especially the Chinese government’s recent “Belt and Road Initiative” (BRI) (such as South China Morning Post; Sydney Morning Herald; The Straits Times). The emergence of the BRI and the associated infrastructural development in Southeast Asia has also seen academic scholarship interest in studying China and Southeast Asia’s connections via BRI (Gong 2018; Liu and Lim 2018). Such BRI connections matter for Southeast Asia in current and future contexts, but it is also issues beyond simply recent BRI associated developments that has seen Southeast Asia being pushed in uncertain and new directions with its engagement with China. Communities and states in SEA have to ‘feel’ their way forward in the midst of the Chinese ‘currents’ with alternative imaginaries (therefore “Crossing the River by Feeling the Stones”). In this light, this workshop wishes to engage the possibilities of exploring China and Southeast Asia’s alternative connections that both precede and exceed the BRI in the contemporary contexts (particularly 1945 onwards).
The workshop seeks to move beyond BRI-centred China-Southeast connections by uncovering alternative local perspectives of the Chinese relationships at subnational, national, and transnational levels. In doing this, we expand on earlier research by not just focusing on the bottom up local perspectives (cf. Nyiri and Tan 2017) but also engaging state discourses in Southeast Asia in light of China’s interactions with the local Southeast Asian state authorities. By focusing on both the bottom up and top down processes and their convergences, this workshop will move beyond the binary between the state and the non-state in economic, social, and political formations that concern China and Southeast Asia’s relations.
In addition to this concern with multiple standpoints, this workshop also focuses on how both recent intensification and various historical sources (post-World War II) contribute to producing “alternative imaginaries” that are different from and slightly outside BRI-related narratives in Southeast Asia. We will unpack these processes of producing these alternative imaginaries in times and spaces that are not directly associated with the BRI and their implications to contemporary and potentially future socio-economic, cultural and political dynamics in Southeast Asia.
We invite papers that focus on alternative ways of interpreting and engaging various Chinese activities from individuals to institutions at the local, bilateral and regional (such as ASEAN with China) levels in both mainland and island Southeast Asia. Contextually grounded papers that examine China and Southeast Asia’s interactions from innovative empirical, methodological, and theoretical approaches are particularly welcome in the following areas:
• Chinese foreign policies and diplomacy engagement (Tracks I and II) in Southeast Asia from the Cold War period till present
• Economic development in special economic zones (SEZs), cross-border trade, real estate development, infrastructural mega-projects
• Transnational religious networks, cultural heritage, and tourism development
• Migration between China and Southeast Asia and the impact of migrant communities on shaping local ethnic and cultural identities and vice versa.
• Ethnic minorities and other marginalized groups in Southeast Asia and their engagement of and resistance to Chinese development in their daily lives.


SUBMISSION OF PROPOSALS

Paper proposals should include a title, an abstract (250 words maximum) and a brief personal biography of 150 words for submission by 10 January 2020. Please note that only previously unpublished papers or those not already committed elsewhere can be accepted. The organizers plan to publish a special issue with selected papers presented in this workshop. By participating in the workshop, you agree to participate in the future publication plans of the organizers. Hotel accommodation and a contribution towards airfare will be provided for accepted paper participants (one author per paper). In developing the proposal, it is important to show how your specific case explicitly relates to one or two of the suggested themes of the workshop.
Please submit your proposal using the provided template to Ms. Valerie Yeo at valerie.yeo@nus.edu.sg. Notifications of acceptance will be sent out by 31 January 2020. Participants will be required to send in a completed draft paper (5,000 to 7,000 words) by 30 April 2020.


WORKSHOP CONVENORS

Dr Yang Yang | Asia Research Institute, National University of Singapore
Dr Shaun Lin | Department of Geography, National University of Singapore
Dr Darren Byler | Center for Asian Studies, University of Colorado – Boulder

Valerie YEO (Ms) :: Assistant Manager (Events), Asia Research Institute :: National University of Singapore :: AS8, #07-01, 10 Kent Ridge Crescent, Singapore 119260 :: + 65 6516 5279 (DID) :: +65 6779 1428 (Fax) :: valerie.yeo(a)nus.edu.sg (E) :: https://ari.nus.edu.sg (W) :: Company Registration No: 200604346E

東南アジア学会関東例会のお知らせ

日時:2020年1月11日(土)13:30~17:45
場所:早稲田大学早稲田キャンパス 19号館 710教室(アクセス
例会終了後、1時間程度の簡単な懇親会を開催いたします。

第一報告(13:30~15:30)
報告者:須藤玲(上智大学大学院)
コメンテータ:福武慎太郎(上智大学)

報告題目:教授言語政策の形成プロセス分析から見える小規模草創期国家の教育戦略
     -東ティモールの教授言語政策をめぐるダイナミズムに関する研究から-

要旨:本発表では、2011年から2013年にかけて試験的に実施された、母語を教授言語として容認する教育政策(MTB-MLE:Mother
Tongue Based Multilingual Education
Policy)を政策立案プロセスに関する分析事例から、小規模草創期国家・東ティモールの教授言語政策をめぐるダイナミズムを明らかにする。発表者は2019年4月、9月にフィールド調査を行い、本教育政策の立案に関わった人・組織に対してインタビューを行った。その結果MTB-MLEの政策立案の際に、多様なアクターが関わっており、それぞれが異なる意図をもって参画しており、東ティモールの教授言語政策立案のポリティクスが描き出された。つまり、東ティモールの教授言語政策は、単に旧支配国の影響だけではなく、政府内のパワーバランス、とりわけ草創期の国家が置かれた国際関係など、様々な要因で決まっていくという、東ティモールの教育政策立案のダイナミズム、ひいてはグローバル化時代における小規模草創期国家の生存をかけた教育戦略が浮き彫りとなった。

第二報告(15:45~17:45)
報告者:森田良成(桃山学院大学)
コメンテータ:福武慎太郎(上智大学)

報告題目:穴だらけの国境を越える
     ーティモール島国境地域における「周縁性」の考察

要旨:東ティモール民主共和国の成立によって、ティモール島はインドネシア共和国領西ティモールと東ティモール領とに分かれた。本発表では、東ティモール領の「飛び地」であるオエクシ県を囲む国境に注目する。国家の周縁に位置し、開発の遅れた山村にすぎなかった場所は、国境線が引かれることで、異なる政治経済体制が向かい合う場所となった。そこでは人と物の移動が制限を受けることになり、それゆえに新しい移動と経済的利益が生まれることになった。国境付近で暮らす農民たちは「ねずみの道(ジャラン・ティクス)」を使って「密輸」を行うようになり、それは村の日常の風景として「公然の秘密」といわれるものになっていった。
 本発表では、国境ができたことによって「可能」となった新しい移動の意味と、どちらかの国家の「国民であること」が人々の生活に何をもたらしているのかを明らかにしながら、国家の周縁における国民と国家の関係について議論する。


みなさまのご参加をお待ちしております。

東南アジア大陸部の文化遺産研究会・シンポジウムのお知らせ

このたび早稲田大学文化財総合調査研究所は、東南アジア大陸部の文化遺産に関する研究会・シンポジウム「メコンがつなぐ文化多様性 −東南アジア文化遺産研究の現在−」を下記の通り開催することとなりました。
 本イベントではメコン川流域の5カ国から文化遺産に携わる行政担当官や研究者などの専門家を12名お招きして、文化遺産の保護・研究に関する最新の成果などをご発表をいただきます。3日間にわたるイベントで、日本の研究者や学生らによるポスター展示も併せて行います。東南アジア文化遺産専門家が一堂に会する貴重な機会です。ぜひ奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます。



----【国際研究会】---
日時:2020年1月23日(木)、1月24日(金)
会場:早稲田大学戸山キャンパス 33号館16階第10会議室
(東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩3分)
アクセス詳細はこちら→ https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
※使用言語:英語

●プログラム
1日目:1月23日(木)13:00~17:30(開場12:30)
13:00-13:15 オープニングスピーチ:中川武(早稲田大学・名誉教授)

13:15-14:30 カンボジアセッション(75分)
コーディネーター:田畑幸嗣(早稲田大学・教授)

発表1「Survey on ancient drainage system of Preah Vihear temple(プリア・ヴィヘア寺院の古代排水システムに関する研究)」 ペン・サムオウン(プリア・ヴィヘア機構・考古記念物局局長)

発表2「Kok Dei Chhnang kiln site, Koh Ker(コー・ケー、コック・デイ・チナン窯址)」ピン・ペアックダイ(プリア・ヴィヘア機構・考古記念物局局員)

14:30-15:00 休憩

15:00-16:15 ミャンマーセッション(75分)
コーディネーター:大田省一(京都工芸繊維大学・准教授)

発表1 「Teak Wood Architecture and it’s Conservation at Myanmar(ミャンマーのチーク材建築とその保存)」ザー・チ・ミン(工科大学マンダレー校・教授)

発表2 「Cultural Heritage Sites in Myanmar(ミャンマーにおける文化遺産遺跡)」ソー・ソー・リン(宗教文化省考古・国立博物館局バガン支局副支局長)

16:15-16:30 休憩
16:30-17:30 質疑応答・討論

2日目:1月24日(金)10:00~17:30(開場9:30)
10:00-11:15 タイセッション(75分)
コーディネーター:原田あゆみ(九州国立博物館)

発表1 「The Present State of Conservation of Phimai Cultural Route(ピマイ文化ルートの保存の現状)」バス・ポーシャナンダ(文化省芸術局建造物課/イコモス・タイ国内委員会事務局長)

発表2 「Survival of Religious Heritage in Bangkok(バンコクにおける宗教遺産遺物)」パットラウォン・ポンシン(タイ文化芸術省)

11:15-13:00 休憩(昼食)

13:00-14:15 ラオスセッション(75分)
コーディネーター: 歳原佳世子 (学習院女子大学)

発表1 「Preserving and inheriting cultural heritage of Laos(ラオスの文化遺産の保存と継承)」ヴィエンケオ・ソックサヴァティ(情報・文化・観光省 遺産局服局長)

発表2 「Archaeological Survey at Dongphansen Ancient Site for Preservation in Thakhek District, Khammouane Province,Lao PDR(ラオス、カムアン県、ターケーク地区、Dongphansen古代遺跡の保護に関する考古学的調査)」ソヴァンナホン・ラタナピン(国立大学考古歴史学部・講師)

14:15-15:00 休憩

15:00-16:15 ベトナムセッション(75分)
コーディネーター: 田畑幸嗣(早稲田大学・教授)

発表1 「Archaeological Heritage Management in Vietnam: From the Law to
Reality(ベトナムにおける考古遺産マネージメント:法律から現実へ)」ラム・ティ・ミー・ズン(国家大学人文社会科学大学人類学博物館・館長)

発表2 「The variation of stone tools at Nguom rock-shelter and the potential researches to identify the process of occupation of modern humans in MIS 3, northern Vietnam(グオム岩陰における石器バリエーションとベトナム北部MIS 3における現生人類の居住プロセス特定のための潜在的研究)」ファム・タイン・ソン(ベトナム考古学院・研究員)

16:15-16:30 休憩
16:30-17:30 質疑応答・討論
17:30-17:40 閉会挨拶


---【国際シンポジウム】---
日時:2020年1月25日(土)10:00~16:40(開場9:00)
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス27 号館地下2階 小野記念講堂
(東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩5分)
アクセス詳細はこちら→ https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
主催:文化庁・早稲田大学文化財総合調査研究所
協力:文化財保存計画協会
後援:東京文化財研究所、奈良文化財研究所、文化遺産国際協力コンソーシアム、日本イコモス国内委員会、東南アジア考古学会

※使用言語:日英同時通訳
(定員200名・参加費無料。事前登録は不要です)

●プログラム
10:00-10:10 開会挨拶・趣旨説明:花井俊介(早稲田大学・総合研究機構長)

10:10-11:00 講演1:「世界文化遺産マネージメント」コン・プティカ(カンボジア、プリア・ヴィヘア機構総裁)

11:00-11:50 講演2:「バガン:ミャンマーの世界遺産 ー 美術・建築・文化的景観 ー」テイン・ルイン(ミャンマー、宗教文化省考古・国立博物館局副局長)

11:50-13:30 休憩

13:30-14:10 講演3:「東南アジアにおける東京文化財研究所の文化遺産国際協力」友田正彦(東京文化財研究所・文化遺産国際協力センター センター長)

14:10-14:50 講演4:「奈良文化財研究所の文化遺産国際協力:メコン流域諸国を中心に」佐藤由似(奈良文化財研究所・企画調整部国際遺跡研究室 専門職)

14:50-15:30 休憩

15:30-16:30 カンボジア古典舞踊パフォーマンス・解説:山中ひとみ(カンボジア古典舞踊家)

16:30-16:40 閉会挨拶:田畑幸嗣(早稲田大学・文化財総合調査研究所 所長)

以上


--- お問い合わせ ---
早稲田大学文化財総合調査研究所
メコンシンポジウム事務局
メール:mekong.symposium(a)gmail.com
*****

「メコン地域における越境水資源管理」研究会のご案内

第43回中国環境問題研究会を法政大学メコン・サステイナビリティ研究所との共
催で下記の通り開催いたします。

今回は、タイ・チェンライのメーファールアン大学にて10月に開催された「第1
回メコン対話会議~メコン地域における越境水資源管理」について、そのねらい、
議論の内容、今後の展望などの報告を行います。同会議にはタイ、中国、カンボ
ジア、日本、韓国から研究者、NGO、政府関係者 など20名余りの参加があり、来
年度は雲南省・昆明での開催が予定されています。

あわせてタイ・チュラロンコン大学で行われた国際会議「ポリティカル・エコロ
ジー・イン・アジア」にも触れつつ、メコン流域の越境水資源・環境問題から中
国-東南アジア間の開発・エネルギー・環境問題まで、幅広く情報・意見交換が
できればと考えています。ご参加いただける方は下記のリンク先から申込をお願
いいたします。

<第43回中国環境問題研究会>

◆日 時:2019年12月23日(月)15:30~18:00
★場 所:法政大学市ヶ谷キャンパス・ボアソナードタワー25階B会議室  
交通アクセス:東京都千代田区富士見2-17-1
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html  
フロア図:http://hosei-op.com/event/bf25.html
■報 告:
「第1回メコン対話会議~メコン地域における越境水資源管理@チェンライに参
加して」大塚健司(アジア経済研究所)
■コメント:松本悟(法政大学)、浜本篤史(東洋大学)
■ディスカッション
※本研究会は法政大学メコン・サステナビリティ研究所との共催です。

◆参加申し込み(要事前登録): 以下のリンクのフォームにご記入のうえ送信
してください。
https://docs.google.com/forms/d/14yNpXkjf08dBKDuEyLs-BNLpW9z3XYfH9VXump5zRhk/edit

◆お問い合わせ: 中国環境問題研究会事務局(担当:大塚)
ck-tohoku-joint [at] googlegroups.com
※中国環境問題研究会(暫定ページ)
http://ethinkpub-net.lekumo.biz/groupchina/

◆協力:メコン・ウォッチ

戦後中国史学の達成と課題

『歴史評論』1月号(通巻837号)の特集。
岸本美緒さんの総論と古代国家史研究、六朝~隋唐期の「共同体」論争、宋代郷村社会論、明清時代の地域社会論の4つの各論からなる。

これも途中までしか読んでいないのだが、「現場へ行けない」条件下で「日本国民のために」行われた議論であったことが特集全体で踏まえられてはいないようだ。

もう一点、古代と南北朝~隋唐の両方で使われた「共同体」という用語というか観念。学生・院生時代にいくら聞いても、私は中国史の共同体という観念が理解できなかったのだが(大塚久雄の共同体の基礎理論の方がまだしも理解できた)、これは単に私が不勉強で頭が悪いというだけではなく、当時の中国史での使い方が不適切だった面があると、今では考えている。当時でも「共同体」と「共同態」という言葉の区別はあったはずだし、その後は「ソシアビリテ」「公共性」「公共空間」などの用語も一般化した。当時の研究者が人々の結びつきを希求したのはよくわかるが、それを「共同体」と呼び続けたのは安易ではなかったか。

戦後歴史学の全否定はもちろん正しくない。「らせん状の発展」の法則からいって、やっぱり以前の見方が正しかったとなる段階が来ることも念頭に置かねばならない。しかしせっかくの史料状況や調査条件の好転(ただし今後の暗転が心配)を、古い理論枠組みや用語法そのものに流し込むのは感心しない。「らせん状発展」は上から見れば「以前と同じ」だが「横から見れば別の物」である、といった「弁証法の基礎」を忘れると「年寄りが昔を懐かしむ」だけに終わる。

脱線だがそういう点で、先々週に近著の合評会があった中村哲先生(1931年生まれ)が2010年の論考で初めて少子高齢化や近代家族とジェンダーの問題をご自分の(東アジア)資本主義論に組み込んで語られたようなあり方(その論点は、この日曜日にジェンダー史シンポで聞いた落合恵美子さんたちの家族研究とも十分対話が可能と思われる。両者に共通するアジア諸国の研究者との長期にわたる深い共同研究の組織という面も見のがせない)こそが、戦後中国史学や戦後歴史学を今に活かす道だろう。


プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR