FC2ブログ

アジアから見た世界史とは~「中心中心史観」にからめとられないために

遅ればせながら岡本隆司『世界史序説』を購入。明晰で読みやすいのは「京都流」の伝統か。

しかし梅棹忠夫『文明の生態史観』にかなり頼っていながら、同書がふれている東南アジア(と東欧)をまったく無視しているのは、最初の方の従来の東洋史側の難点を書いたところで、東南アジア地域研究が30年以上前に議論したのと同じ問題を取り上げながらその議論を参照しない点とならんで、いただけない点である(どちらの問題も40年前なら仕方がないが、今は日本語で簡単に参照できる文献が少なくない)。本書の各処に挿入されたユーラシアの地図のほとんどで、東南アジアにまったく国名や地名が記入されていない点が、本書の認識を象徴している(アジアの地図を手で描かせると、中国とインドの間がない地図をたいていの学生が書くが、それと同じ心象地図をもっているのかと突っ込みたくなる)。おっと、地図を作ったのは著者じゃなくて学生時代に東南アジア史など全く習ったことのない編集者かもしれないな。

本書は西洋中心史観を批判し倒し、返す刀で中国だけの東洋史も批判しているが、アジアで視野に入れるのは、たいていの中国史・中央ユーラシア史研究者と同じで、東アジア・中央アジア以外では南アジアと西アジアだけである。
しかし、東南アジアのような「中心性を主張しない地域」を無視し、強いもの・大きいもの・進んだものしか見ようとしない「中心中心史観」に立つのであれば、西洋中心史観批判の値打ちが大幅に下がるというものだろう。20世紀末以降の歴史学は、「世界史を語るには各時代・地域の最強・最優秀なものだけ語ればよい」という観念--それも著者がくりかえし非難する「近代西洋で作られ日本人が真に受けた歴史観」の一部である--乗り越えようとしてきたのではなかったか。

この点で本書は、再三紹介しているアメリカのリーバーマンの「これまで世界史を論ずる者は系統的に東南アジアを無視してきた」という批判がみごとに当てはまる。近代化・モダニティとグローバルヒストリーの中身・意義の理解が古い(それで現代アメリカと中国の理解に役立つか?)点、生活のイメージが希薄な点(例:14世紀の危機の説明の貧弱さ)などとならんで、本書の大きな欠点である。やっぱり宮崎市定・梅棹忠夫と杉山正明の枠組みでは21世紀にふさわしい世界史が書けないのは、上原専禄の枠組みで21世紀の世界史教育ができないのと同じことだろう。

こうした枠組みの古さに災いされて、随所に見える著者ならではの鋭い叙述が生きず、全体が悪い意味で「バブル期までの常識に縛られたおじさんビジネスマン」向けの本になっていないか。日本史について近代化の土台を造った近世史だけ唐突に書くのも、「それ以前の日本史など取るに足らないもの」と見なす限りは、アジア史を見ようとしない日本史への批判にならない。

雑誌の連載という元原稿の性格から見てあまりやっつけては気の毒かと思う。妹尾達彦氏の『グローバルヒストリー』などと本書を比較するのは酷だろう。高大連携歴史教育研究会の会長としてはこういう論争的発言は慎むべきかもしれない。しかし尊敬する優秀な後輩の著作であるがゆえに、あえて苦言を呈しておく。

(追記)上記をおかしないちゃもんだと思う方は、大阪大学歴史教育研究会編『市民のための世界史』(大阪大学出版会、2014年)に描かれた世界史像と比較していただきたい。また世界史の考え方については、ミネルヴァ書房『「世界史」の世界史』(2016年)の「総論 われわれが目指す世界史」を参照していただけると有り難い。
スポンサーサイト

東南アジア考古学会沖縄大会

うーん、行きたいのだが無理(涙)

【大会案内】
東南アジア考古学会2018年度大会・総会プログラム
2018年12月15日(土)、16日(日)
主催 東南アジア考古学会
会場 沖縄国際大学 3号館202教室

第1日目:2018年12月15日(土)
12:00~12:30 開場・受付
12:30~12:55 会員総会(会員総会は東南アジア考古学会会員が対象です)
13:00~13:05 開会挨拶 田中和彦(鶴見大学、東南アジア考古学会会長)
13:05~13:45 記念講演 安里嗣淳氏(元沖縄県立埋蔵文化財センター所長)「沖縄の亀甲墓」
13:45~14:25 基調講演 江上幹幸氏(元沖縄国際大学教授、元東南アジア考古学会会長)
「インドネシア・ラマレラ村の捕鯨文化とは-捕鯨に基づいた山の民との
交換経済を中心に-」
14:25~14:35 休 憩
テーマI:琉球王国と東南アジア
14:35~15:05 森達也氏(沖縄県立芸術大学)「沖縄と台湾出土の貿易陶磁器」
15:05~15:35 菊池百里子氏(人間文化研究機構)「沖縄出土のベトナム陶磁器が語る15世紀」
15:35~15:45 休 憩
15:45~16:15 杉山洋氏(奈良文化財研究所)・田畑幸嗣氏(早稲田大学)・佐藤由似氏(奈良文化財研究所)
「南西諸島出土のクメール陶器と近年のクメール陶器窯の調査成果」
16:15~16:35 質疑応答
17:30~ 懇親会「ぱいかじ(沖国大前店)」(参加費4,000円)

第2日目:2018年12月16日(日)
9:40~10:00受付
テーマII:先史時代の琉球列島と東南アジア
10:00~10:30 山崎真治氏(沖縄県立博物館・美術館)「沖縄における旧石器時代研究の現状と課題」
10:30~11:00 小野林太郎氏(東海大学)「東南アジア島嶼部における旧石器人の島への移住と海洋適応」
11:00~11:10 休 憩
11:10~11:40 久貝弥嗣氏(宮古島市教育委員会)「宮古・八重山諸島における貝塚時代の利器と装身具」
11:40~12:10 深山絵実梨氏(東京藝術大学)「新石器時代東南アジアの装身具と利器」
12:10~12:30 質疑応答
12:30~13:30 昼 食
13:30~14:00 松村博文氏(札幌医科大学)・山形眞理子氏(岡山理科大学)「東南アジア・中国の先史採集狩猟
民に共通するユニークな埋葬」
14:00~14:30 新里貴之氏(鹿児島大学)「琉球列島先史時代の重層石棺墓について」
14:30~14:40 休 憩
15:10~15:40 高宮広土氏(鹿児島大学)「奄美・沖縄における先史時代人の食性」
15:40~16:20 Ame M. Garong 氏(Archaeology Division, National Museum of the Philippines) “Ancient Filipino Diet-Reconstructing diet from human remains excavated in the Philippines.” (日本語通訳付き)
16:20~16:40 質疑応答
16:40~16:45 閉会挨拶

[会場へのアクセス]
沖縄国際大学への行き方は、同大ウェブサイトからご確認ください。
http://www.okiu.ac.jp/campuslife/campusmap/index.html#kotsu
なお那覇市内から会場への移動はタクシーも便利です。3人程度で乗車していただくと1人あたり1,000円前後の見込みです。

[大会参加費]
資料代として1,000円をいただきます。
東南アジア考古学会会員、沖縄考古学会会員は無料

[懇親会について]
参加費4,000円
当日の参加申込も歓迎です。参加費は当日大会会場でお支払いください。
会場「ぱいかじ(沖国大前店)」 https://paikaji.jp/shop/okikoku/
事前申込先:メール本文にお名前をご記入ください(学会会員はその旨もお知らせください)
jssaa2018konshin(a)gmail.com

【お問い合せ】
東南アジア考古学会事務局
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見 2-1-3
鶴見大学6号館文学部文化財学科 田中和彦研究室内
E-mail: jssaa(a)jssaa.jp

保存科学に関する奈文研の研究集会

保存科学研究集会2018
「同位体比分析と産地推定に関する最近の動向」

平成30年11月27日(火)
奈良文化財研究所 平城宮跡資料館講堂

プログラム

11月27日(火)
9:30~ 受付開始
10:00 開会挨拶

◆基調講演
10:10~11:40 日本における銅・鉛生産の歴史的変遷 平尾 良光
(帝京大学)


11:40~12:00 ポスター紹介
12:00~13:00 昼休み
13:00~13:40 ポスターセッション

◆研究発表
13:40~15:00
The provenance of ancient glass using radiogenic isotopes (放射性同位体を用いた古代ガラスの産地)       (逐次通訳あり)
Julian Henderson
(University of Nottingham)
15:00~15:15
休憩

15:15~15:55 日本出土ガラス小玉の
産地と流通に関する研究
田村 朋美
(奈良文化財研究所)
16:00~16:40 鉛同位体比からみた三角縁神獣鏡の生産地
   大賀 克彦
(奈良女子大学)
16:50 閉会

申込・問合先:  〒630-8577 奈良市佐紀町247-1
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所 
埋蔵文化財センター 保存科学研究集会事務局
 FAX 0742-30-6846  TEL 0742-30-6847
E-mail:hozon_cs(a)nabunken.go.jp

大阪でベトナム映画祭

今日から開始。九条のシネ・ヌーヴォXで。

http://cinenouveau.com/sakuhin/vietnam2018/vietnam2018.html

東南アジア学会関東例会のご案内(10月27日)

日時:2018年10月27日(土)13:30~17:45
場所:東京外国語大学 本郷サテライト4階セミナー室
*地下鉄本郷三丁目駅より徒歩5分(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

☆第1報告(13:30~15:30)
報告者:高田知仁会員(サイアム大学日本語コミュニケーション学科学科長、タイ日文化研究センター長)
題目: タイの寺院螺鈿扉に見るモチーフ・文様・表現技法の変遷とその歴史的意味
コメンテーター:未定

<報告要旨>

タイには螺鈿工芸の伝統があることは現存作品から知られているが、その中でも寺院扉は螺鈿作品として大変大形のものであり、その多くは制作に王家が関わりを持つ作品である。そうした作品には王朝年代記や銘文から年代がわかる作品が含まれている。つまり、そうした螺鈿扉は各時代の最高の技術をもって造られた作品であると言うことができる。

しかしタイの螺鈿工芸が始まって以来の変遷については、これまで詳しい研究が行われておらず、文様様式やモチーフの持つ意味、そして制作技法も含めて不明な点が多い。

そこで本発表では、各時代の王朝美術の特徴が明瞭に表現されていると期待される螺鈿扉を中心として、特に年代が判明している作品を基準作として取り上げ、そこに現れているモチーフ・文様様式・表現技法の変遷を検討することによって年代の不明な作品を含めた時期の区分を行い、さらに螺鈿扉から読み取れる歴史的な意味を明らかにしたい。

☆第2報告(15:45~17:45)
報告者:片岡樹会員(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・教授)
題目:日本宗教史モデルは東南アジア宗教の説明にどこまで使えるか―顕密論から見たタイ宗教論の試み―
東南アジア学会 関東例会
コメンテーター:中西裕二(日本女子大学間社会学部 文化学科・教授)

<報告要旨>
本報告では、タイ国の事例から、日本宗教史論のモデルをヒントに東南アジア宗教を再検討することを試みる。タイ宗教論の分野では近年、国家公認の正統サンガを中心において構築された従来の研究パラダイムに対する新たな問題提起が相次いでいる。それをもたらしたひとつの要因は、タイ仏教といわれるもののハイブリッド化が顕著に進展しているという事実であり、さらにその背景にあるのは、中国系、インド系、土着民間信仰系など、従来の上座仏教論ではじゅうぶんにカバーできない要素の増殖である。こうした状況は、上座仏教、大乗仏教、ヒンドゥー教、あるいはタイ人、中国系・インド系住民というような、既存宗教を単位にとりあげそれを民族集団ごとに切り分けるアプローチがすでに非現実的であることを示している。本報告ではこの状況を統一的に把握するための新たな試みとして、日本宗教史論特に顕密体制論の応用を仮説的に提案する。もちろん荘園制度に裏打ちされた権門寺社による全国の末寺末社の系列化という日本の特殊事情が、ただちに現代の東南アジアに当てはまるわけではないが、両者の異同を考察することで、日本発の東南アジア宗教論モデル構築の可能性が見えてくるだろう。



例会終了後、18時から19時頃まで、同会場にて簡単な懇親会を予定しております。

ご不明な点は、関東例会(kanto-reikai[at]tufs.ac.jp)までお問い合わせください([at]を@にして下さい)。
また、関東例会のブログ(http://kantoreikai.blog.fc2.com/)も、
過去の例会の記録等を掲載しておりますので、合わせてご参照ください。

よろしくお願い申し上げます。

関東例会委員

北海道における在留ベトナム人および技能実習生に関する研究会

参加自由の研究会。
「グローバル教育」が一部企業エリート養成だけを目的として唱えられているという誤解を解く役割もありそうだ。
日本は地域の人間関係をグローバル化に対応したものにしないとやっていけないのだ。

「北海道における在留ベトナム人の現状と課題ー技能実習生の実態から」

近年、急増する北海道のベトナム人について、その社会的背景と彼らの生活環境を考えてみます。

日時:10月20日(土)10:00~16:30
場所:北海学園大学豊平校舎7号館3階D31教室
札幌市豊平区旭町4丁目1-41
*地下鉄東豊線「学園前」駅直結 https://hgu.jp/guide/access/

プログラム:
〇第一部[10:00~12:30]
斉藤善久(神戸大学)「ベトナムから見た技能実習制度」
宮入隆(北海学園大学)「北海道農業における労働者不足と技能実習生の受け入れ」
川越道子(大阪市立大学)「ベトナム人技能実習生支援の現状と課題」
中川かず子(北海学園大学)「道内ベトナム人技能実習生の日本語学習意識と学習環境―実態と支援に向けての課題」

〇第二部[13:20~14:30]
佐々木清美(札幌国際大学)「北海道内日本語教育機関におけるベトナム人留学生」
許仁碩 (北海道大学)「目が届かないところまで届く―台湾における外国人漁船員の人権保護に向けての課題」

〇第三部[14:30~16:30]
設楽澄子(一橋大学)「北海道におけるベトナム人技能実習生の生活実態」
湯山英子(北海道大学)「北海道在留ベトナム人に関する調査の概要」

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR