FC2ブログ

大阪大学歴史教育研究会第112回例会のお知らせ

今週の土曜。準備が。。。
西村先生の「日本史探究」についての報告はぜひ聞くべきものである。「探究」は従来のB科目の焼き直しではない。


【大阪大学歴史教育研究会 第112回例会】


日時:2018年4月21日(土)13:30~17:30


会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 地図


プログラム:


【1】桃木至朗(大阪大学大学院文学研究科教授・本研究会代表)

「歴史教育・入試改革の動向と大阪大学歴史教育研究会2018年度活動方針」


【2】西村嘉髙(大阪大学大学院文学研究科研究生・青山学院高等部)

「高校新学習指導要領の告示を受けて-「日本史探究」を中心に」


【報告要旨】

3月30日に2022年度から実施される高等学校の学習指導要領が官報告示された(現在、文部科学省のHPで閲覧可)。現行の指導要領との違い、中教審答申との関係、パブリックコメントとその後の変化が注目される。これらを比較検討する。

「歴史総合」については早くから議論が始まっていたが、「世界史探究」と「日本史探究」の議論は遅れている。ここでは「日本史探究」に焦点を当て、現行の日本史Bとの違い、日本と世界を扱う「歴史総合」と重なる近現代史部分の違い、入試はどう変わるのかなどなど疑問点をあぶり出していき、全体の討論で問題点を深めていきたい。

【参考文献】

君島和彦「高校必修科目『歴史総合』はどうあるべきか」(『歴史学研究』№956 2017年4月)

西村嘉髙「『歴史総合』のカリキュラム案」(『日本歴史学協会年報』第32号 2017年)

漢喃研究年次報告会の募集

ベトナム研究の国際MLから。

Thư mời viết bài tham gia Hội thảo quốc gia thường niên
“NGHIÊN CỨU HÁN NÔM NĂM 2018”
THÔNG TIN HỘI THẢO:
- Thời gian tổ chức (dự kiến): thứ Sáu, 31/8/2018 (cả ngày).
- Địa điểm tổ chức: Viện Nghiên cứu Hán Nôm, 183 Đặng Tiến Đông, Đống Đa, Hà Nội.
- Hình thức: Hội thảo khoa học, thuyết trình, thảo luận.
- Số lượng báo cáo dự kiến: 60 báo cáo.
- Kỷ yếu hội thảo có chọn lọc bài viết, dự kiến in xong tháng 11/2018, có chỉ số ISBN.
- Độ dài tham luận: 4000-8000 chữ.
- Quý vị học giả tham dự hội thảo vui lòng tự túc chi phí đi lại và ăn ở.
CÁC TIỂU BAN:
- Tiểu ban 1 (10 bài): Nghiên cứu di sản Hán Nôm Nam Bộ.
- Tiểu ban 2 (10 bài): Di sản Hán Nôm với khoa học công nghệ hiện đại.
- Tiểu ban 3 (20 bài): Nghiên cứu Hán Nôm.
- Tiểu ban 4 (20 bài): Tư liệu Hán Nôm.
THỜI HẠN:
- 10-20/7/2018: Gửi tóm tắt kèm toàn văn tham luận.
- 5-10/8/2017: Ban tổ chức gửi Thư mời tham dự hội thảo (Bản chính thức) tới các tác giả tham luận được lựa chọn tham dự hội thảo
- 31/8/2018 (thứ Sáu, cả ngày): hội thảo
- tháng 11/2018: xuất bản kỉ yếu hội thảo
Thông tin cụ thể vui lòng xem trong toàn văn Thư mời đính kèm.
Trân trọng!
Ban Tổ chức
QUÝ VỊ VUI LÒNG TAG GIÚP NHỮNG AI QUAN TÂM TỚI HỘI THẢO. TRÂN TRỌNG CẢM ƠN!

東南アジア学会関東例会のお知らせ

ううむ、ベトナムの漢越語の報告を聞きたいが。。。

今週末の4月21日(土)に、下記の通り、関東例会を開催致します。
多くの方々のご参加をお待ちしております。

**************

日時:2018年4月21日(土)13:30~17:45
場所:東京外国語大学 本郷サテライト4階セミナー室
*地下鉄本郷三丁目駅より徒歩5分(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

☆第1報告(13:30~15:30)
報告者:津田浩司(東京大学大学院総合文化研究科・准教授)
題目:日本軍政期ジャワの華僑向け日刊紙『共栄報』の研究
コメンテーター:倉沢愛子(慶應義塾大学経済学部・名誉教授)
<報告要旨>
『共栄報(Kung Yung
Pao)』は、日本軍政下のジャワにおいて華僑向けに発行され続けた唯一の日刊紙である。当時のジャワの華僑社会の言語状況を反映し、華語(中国語)版とマレー語版とが別々に出されていた。本報告は、これまでその存在は言及されることはあっても、本格的に研究されてこなかったこの『共栄報』について、インドネシア国立図書館所蔵の原資料、および関係者の回想録を含む各種資料に基づきつつ、解題を加えるものである。
報告ではまず、『共栄報』が読者対象としたジャワの華僑社会とはいかなるものであったのかを大掴みで理解すべく、日本軍政が始まる以前の新聞等メディアを通した彼らの言論活動の状況について確認する。次いで、軍政下の情報統制の概要、および『共栄報』発行の経緯や編集体制等について明らかにする。最後に、『共栄報』の紙面の特徴について、原資料の撮影データを示しつつ指摘する。

☆第2報告(15:45~17:45)
報告者:佐藤章太(東京大学大学院・博士課程)
題目:ベトナム語の漢越語専門用語に見られる土着化現象~中等教育数学用語の体系的分析を通して~
コメンテーター:岩月純一(東京大学大学院総合文化研究科・教授)
<報告要旨>
ベトナムは歴史的に漢字文化圏に属したため、ベトナム語は現代に至るまでに非常に多くの漢語由来語彙を受容しており、その中でも体系的な漢字音で読まれる「漢越語」は、高級語彙や専門用語に多い。しかし、現代ベトナム語は漢字を使わず、アルファベットを用いており、かつては漢字で書かれた漢越語は意味面や文法面など様々な面で、土着化(ベトナム語的特徴を持つ変化)を起こしている。
本発表では、ベトナム中等教育の教科書に掲載されている数学用語を体系的に分析することにより、専門用語の漢越語においても、土着化現象が起きていることを指摘する。特に意味面では、ニュアンスの付与・意味明白度の違い・意味内容の変化について、文法面では語順の逆転について述べる。また、ベトナム人によって新たに創出された「越製」漢語についても指摘する。

例会終了後、18時から19時頃まで、同会場にて簡単な懇親会を予定しております。

ご不明な点は、関東例会(kanto-reikai[at]tufs.ac.jp)までお問い合わせください([at]を@にして下さい)。
また、関東例会のブログ(http://kantoreikai.blog.fc2.com/)も、
過去の例会の記録等を掲載しておりますので、合わせてご参照ください。

よろしくお願い申し上げます。

関東例会委員

與那覇潤さんの新著ほか

與那覇潤さんの新著『知性は死なない 平成の鬱をこえて』
羽田正さんの『グローバル化と世界史』
小島毅さんの『儒教が支えた明治維新』
小浜正子さんほかの『中国ジェンダー史研究入門』

最近読んで参考になった本である。講義に活かしたい。
なお羽田さんには「阪大の秋田や桃木の言ってるグローバルヒストリーの中身は賛成するが、なにかというと大阪大学を連呼するのはよその人間が協力しにくくなるのでやめるべきだ」とご批判をいただいた。まことにもっともである。ただそれを東大の有名教授に言われると反発したくなるのが、私のような小人の性である。人類史上で自己の集団に固有名をつけて自己主張しなければならないのは、どんな集団がどんな状況に置かれた場合だろう(このテーマはアクティブラーニングの課題になるはずだ)。
自己主張は他者との関係の緊張が求めるものだろう。それがなければ「お前たちはなに人だ」と聞かれても「人間だ」と答えていればいい。では他者との関係が中心-周辺関係である場合、ものごとの固有性は中心と周辺のどちらに顕在化するだろうか。中心に飲み込まれまいとする自己主張であれ中心側からの差別的なレッテル貼りであれ、また周辺側を呼ぶ呼称であれ中心側を呼ぶ呼称であれ、それは周辺側に顕在化する。ヨーロッパで「歴史」と普通名詞でいえば最近まではヨーロッパの歴史を意味した。ベトナムの歴史は「ベトナム史」と固有名を言わねばならない。日本の大学では「哲学専攻」と「中国哲学」「インド哲学」などの間にもそういう関係がある。メールアドレスの最後に国名略称を要求されるのはアメリカではなくその他の国々である。

つまり東大の先生は東大を連呼する必要はないが、阪大が(医学部はいざ知らず人文学で関西以外にも)認知されようと思うと、いささかどぎつい宣伝も必要になるのである。
と言ったら賢い東京の学者さんたちにどう粉砕されるだろうか?

ワークショップ“Global Perspectives on the History of Europe and Asia”

この日はおもいきり他の仕事と重なっていてほとんど出られない(涙)...

HEKKSAGON 2018 Osaka Conference related Workshop
“Global Perspectives on the History of Europe and Asia”
Date: 12th April 2018 (Thursday) 9:00—17:00

Venue: Convention Center, Meeting Room 1 (1F), Osaka University (Suita campus)
        https://facility.icho.osaka-u.ac.jp/convention/map.html

・The Early Modern World from Global Perspectives
Chair: Shigeru Akita (Osaka University) 9:00-11:30
(1) Nikolas Jaspert (University of Heidelberg)
“Conversions to Islam in the Medieval Mediterranean”

(2) Dominic Sachsenmeier (Goettingen University)
“Between Hegemonies. Global Perspectives on 17th-Century Chinese Catholicism"

(3) Daisuke Furuya (Osaka University)
“Japan as Mirror: The conglomerate features of Swedish monarchy from the view of Swedish experience in Japan”
Comment: Kojiro Taguchi (Osaka University)

Lunch (11:30-12:30 at Ichou-Kaikan)
・The Twentieth-Century Transformation of the International Order of Asia in the 1930s-1950s
Chair: Harald Fuess (University of Heidelberg) 13:00-17:00 (including tea)
(1) Takuma Melber(University of Heidelberg)
“Asia and Europe under Japanese and German occupation in World War II – a short comparison”

(2) Hiroaki Adachi (Tohoku University)
“The Greater East Asia Land Development Program and the Construction in Wartime Japan of East and Southeast Asian Economic Zone”

(3) Yasuko-Hassall-Kobayashi (Osaka University)
“We need a command of Japanese! - Flows of knowledge between Japan and Australia during WWII”

(4) Tatsushi Fujihara (Kyoto University)
“Rice Varieties Developed in the Japanese Empire 1930s-1950s”
Comment: Christopher Craig (Tohoku University)
     Steven Ivings (Kyoto University)  

Organized by Graduate School of Letters and Global History Division, Open and Transdisciplinary Research Initiative (OTRI), Osaka University
Contact: Shigeru Akita akita(a)let.osaka-u.ac.jp (phone: 81-6-6850-5675)

オープンレクチャー(Fadjar I. Thufail先生)のご案内

東大での公開講演の案内が来た。

4月から1カ月間、東京大学文化人類学研究室に客員としていらしている
ファジャール・イブヌ・トゥファイル先生(インドネシア科学院)の
公開講義のご案内です。
脱植民地化と社会的知の(再)編成について、
インドネシアの文脈でお話しいただきます。

演題: Decolonization Movement in Indonesia: Nativizing Social Sciences
日時: 4月24日(火) 10:30~12:00
会場: 東京大学駒場キャンパス14号館4階407
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/index.html

事前登録不要(無料)でどなたでもご参加いただけますので、
お誘い合わせのうえご参加ください。

Speaker:
Fadjar I. Thufail
Research Center for Regional Resources, Indonesian Institute of Sciences
Visiting Professor, Department of Anthropology, University of Tokyo

Title:
Decolonization Movement in Indonesia: Nativizing Social Sciences

Abstract:
In 1979, an Indonesian sociologist wrote a controversial article to criticize the title of “heroine” (pahlawan) awarded to Kartini, a 19th century Javanese woman said to be the first Indonesian woman who fought against suppression of women in tradtional society. Harsya Bachtiar, the sociologist, challenged the popular belief that Kartini was the first role model for woman rights activism. He points out the active involvement of Dutch scholars in producing knowledge about Kartini and discusses examples coming from places outside Java to argue that other women had occupied important social role before Kartini. The critique soon caught national attention and the Indonesian First Lady and feminists accused Bachtiar of denigrating the national hero.
The Kartini debacle broke out at a moment when Indonesian social scientists began to interrogate Dutch orientalist legacy in the production of knowledge on Indonesia. The controversy over Kartini is, therefore, a postcolonial critique and a part of decolonization movement that seeks to revive forms of “indigenous” knowledge production. This presentation is part of my current research to understand how intellectual critiques shape decolonization movement in Indonesia since the 1970s. This project analyzes how decolonization in Indonesia confronts legacies and predicaments shaped by Dutch orientalism, post Cold War capitalist modernism, Japanese technocratic and scientific paradigm, and local motion to nativize social science and humanities. These factors need to be examined to produce complex picture of decolonization movement that cannot be reduced to a simple portrait of postcolonial resistance in Indonesia.

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR