依然不調

マルーンズの打線はいったいどうなっているのだろう。
2年続けて十分打ちまくる野手がいないというのは、落合を追い出したあと30年におよぶ「伝統」だが。。。

ついでに岡田監督時代のオリックスもそうだったが、今のマリーンズのようなイニングまたぎをできない「鉄壁の救援陣」はだれかが打たれてしまうことも多い。イーグルスが強いのは松井裕がイニングまたぎができることだろう。

さて、授業も1週間終わったが、土曜日の阪大歴教研月例会では「マンネリ化」「黄金時代を過ぎた」などの正直な意見も出た。いろいろ改善・反省すべき点があるのだが、ひたすら地域・時代別の報告だけをする(実際には経済・文化・ジェンダーなどテーマも限定するのだが、それは地域・時代を決めたのちに分けるのが普通。また「環境史」などテーマ史が専門のような報告でも、実際には地域・時代を限定しない報告はできない)発想が、私にとっては最大のマンネリ化だという点は、容易に理解してもらえない。実は阪大歴教研創立前の「全国高等学校歴史教員研修会」のころから、グローバルな視野や通史的な視野とならんで特定の領域(環境史とかジェンダー史とか)で歴史全体を見通す視野もなければだめだと言い続けてきたのだが、グローバルな視野、通史的な視野とくらべてこの点への反応がいちばん弱い。これでは「市民のための世界史」はできても、「歴史学入門」を目指す現在の科研費での出版はおぼつかない。

これが最大の課題だが、ほかにもすることがたくさんある。ううむ。
スポンサーサイト

祝マリーンズ初勝利

今日も前半はひどかったようだが、意外な逆転勝利。
鈴木大地偉い。今年こそ最後まで3割を打ってほしいものだ。
アジャ井上もなんとかコンスタントに打ち続けてほしい。
しかし、パラデスは打てない外国人を絵に描いたようなパターン。レアードのように途中から適応してくれるといいんだが。

藤岡は全然押さえず傷を深めたがその後逆転勝ち。こういうパターンがよくある怪投手?
大嶺祐太は期待していいだろう。大谷・益田が最後にぴしゃりと押さえたのもよかった。
さて、明日は佐々木千隼vs斎藤佑樹。

「ほーおじさん都市より届く音楽」演奏会

こんなのがあるそうだ。タイトルの訳がちょっと笑えるが。詳しいプログラムは下記の日本ベトナム経済交流センターまでお問い合わせを。

在大阪ベトナム総領事館とホーチミン市の主催で下記の演奏会が開催されます。
総領事館より多くの方にお越しいただきたいので各界に呼びかけてほしいとの依頼がありました。
ご参加の場合は当センターまでご連絡いただけますようお願いいたします。
プログラム詳細は添付をご覧ください。


日時:20:00-21:30 2017年04月12日
場所:新神戸オリエンタル劇場 
〒650-0002 神戸市中央区北野町1-3

日時:19.00-20.30 2017年04月13日
場所:i-house 大阪国際交流センター 大阪カンファレンスセンター
〒543-0001 大阪市天王寺上本町8丁目2番6号

********************************************
一般社団法人 日本ベトナム経済交流センター
      専務理事 織田公文
〒530-0012大阪市北区芝田2-1-18西阪急ビル8階
  TEL:06-6359-5071 FAX:06-6359-5072
e-mail:oda(a)j-veec.or.jp URL:www.j-veec.or.jp
********************************************

第254回東南アジア考古学会例会

第254回東南アジア考古学会例会のご案内
うーん、とても聞きたいがこれは阪大歴教研で私がしゃべる日。。。

 第254回東南アジア考古学会例会をご案内いたします。今回は、NPO法人アジア文化財協力協会公開講演会(江戸遺跡研究会後援)との共催です。
ご出席いただきますようお願い申し上げます。

 日時:2017年4月15日(土) 14時〜16時

 講演者:大橋康二(NPO法人アジア文化財協力協会)
「日本などにおいて出土の明清の中国磁器(染付を中心に)」


場所:東京都埋蔵文化財センター
住所:〒206-0033 東京都多摩市落合1丁目14−2 電話 042-373-5296


交通1:「新宿駅」から京王線に乗り、「調布駅」で京王相模原線に乗り換えて「京王多摩センター駅」へ。徒歩5分      
  2:羽田空港バスのりばからリムジンバスで「京王多摩センター駅」へ。徒歩5分


問い合わせ
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
鶴見大学6号館文学部文化財学科
田中和彦研究室内 東南アジア考古学会事務局
E-mail: jssaa(a)jssaa.jp

倭寇と倭寇図像をめぐる国際研究集会「東アジアの合戦図を考える―清朝編」

海域アジア史のメールでリマインドが来た。
倭寇図の話は新聞にも出たりしていたが、面白そう。

倭寇と倭寇図像をめぐる国際研究集会「東アジアの合戦図を考える―清朝編」
〈趣旨説明〉板倉聖哲(東京大学東洋文化研究所)
〈 報告 〉馬 雅貞(清華大学歴史研究所)
  「戦勲を絵に刻む―清朝帝国における武功の文化的構造」
日時:4月6日(木)16:00~18:00
会場:東京大学史料編纂所大会議室(福武ホール地下1階)

大阪大学歴史教育研究会の新年度第1回月例会

毎年恒例の私の「活動方針」は、これまでやってきたことの確認と、今年度で終わる科研費プロジェクトのまとめなど、取り上げることが沢山あるので、山ほど資料を配るつもりである。

もうひとつの小特集は、マンネリ感のある歴教研をどうしていくかという問題意識で計画されたものと聞く。新しいアイディアが出るかな?

【大阪大学歴史教育研究会・第104回例会】

日時:2017年4月15日(土)13:30~17:30

会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 大阪大学豊中キャンパスマップ

プログラム:
【1】桃木至朗(大阪大学大学院文学研究科教授・本研究会代表)
「歴史教育・入試改革の動向と大阪大学歴史教育研究会2017年度活動方針」
【報告要旨】 
昨年末の中教審答申などで、高校までの歴史教育と入試・高大接続改革の大きな方向性が見えつつあるが、その内容にはわれわれの意見がある程度反映されているものの、実現にはさまざまな困難が予想される。大学側では、人文系の研究教育や教員養成のあり方などをめぐって、むしろ不透明感が強まっている。総じて歴史学と歴史教育の生き残りには、「今が最後のチャンス」という感覚の共有が必要に思われる。その上で、新しい教育の内容と方法、試験や評価のあり方、涵養され評価されるべき「歴史的思考力」の中身などの検討を、急速に進めねばならない。
他方、阪大歴教研が獲得している科学研究費は、今年度が最終年である。本報告では、上のような状況を概観したうえで、科学研究費の研究課題である歴史学入門の編集構想について、現段階で可能な見通しを示す。それは、高大双方の歴史教育で涵養されるべき「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」などの定式化に資するものでなければならない。

【2】矢部正明(関西大学中等部・高等部教諭)・中村翼(大阪大学大学院文学研究科助教)
小特集「歴教研にいま求められているもの」
【企画趣旨文】
2017年度をもって歴教研の活動も13年目をむかえ、例会も100回を数えるにいたっている。そこで今回は、小特集「いま歴教研に求められているもの」と題し、本会の活動に深く関わってこられたお二人にご報告をいただき、改めて目的意識の確認を行いたい。これまでの歴教研の活動をふり返りつつ、なぜ歴史教育において高大連携が必要なのかというそもそもの問題から、歴教研の今後の展望や課題について、忌憚のない意見交換を行うことができれば幸いである。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR