スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5割を一度も切らなかったチームといっても。。。

ネットの記事によると、今季のプロ野球で一度も勝率5割を切っていないのはマリーンズだけだそうだ。

現在70勝68敗3分けだが、しかしこのまま行くと最終勝率は5割になる可能性がきわめて高い。プロ初登板とかいう投手たちにサクサク押さえられる今日の試合を見ていると、かりにそれが「CS前の死んだふり」だったとしても、残り2試合に1勝できる確率はかなり低いだろう。
一時は貯金が15あったのだが。

たびたび書いているが、ファイターズやホークスとは、まずドラフト戦略が対照的だ。
強い球を投げる、強く振れる、早く走れる選手を取ろうとする両チームと違い、マリーンズは「小粒な即戦力の技巧派」が大好きだ。それはめったに「大化け」しない(それならそれで徹底して左打ちばかり集めるイーグルスのようなこともしない)。
野手は高卒をどんどん育て、投手は大学・社会人のパワーピッチャーを粗くてもいいから取るファイターズとの差は、とくに際立つ。

試合運びも、西川遥輝や中島卓也に代表されるファイターズの嫌らしい攻撃とくらべ、マリーンズは正直で淡白な攻撃があまりに多い。小粒とはいえ俊足の選手を揃えていながら「小技で揺さぶる」攻撃がほとんど見られない。強力な1番がいない、クリーンアップが非力である、などの弱点が何年たっても解消しない。落合博満が追い出されたあと、首位打者は何人か出したが、かれらは決して毎年続けて打ちまくることがない。

ナバーロが怠慢プレー連発の「不良外国人」で終わってしまったのも、そうなる可能性が最初から見えていたのに「普通の日本的対応」しかしなかった首脳陣・球団の責任が半分あると思われる。性格が違うとはいえレアードをうまく使った栗山ファイターズとはえらい違いだ。

もちろん4年で3回Aクラスというのは、たとえばバファローズと比べても立派なのだが、これだけ上位2強と明瞭な差があって、毎年「秋ロッテ」の「下克上」だけに期待をかけるというのは、正直切ない。リーグ1位になっていない期間が両リーグで一番長いのはマリーンズだ。

スポンサーサイト

説明力の不足

全国学力テスト(これ自体はやめた方がいい。学校別成績公表なんて自殺行為)の結果について強調される「説明力の不足」。

これを自分たちも改善に全力をあげなければならない(ある意味で絶望的な)問題だととらえない高校教員や大学教員がいたら、それは幸せな人たちだ。
たくさんあるほかの課題を理由に「説明できるのは少数の秀才だけ」という状態を放置できるほど、21世紀の日本社会には余裕がない。

キターッ!

バファローズの小松聖投手の引退セレモニーで、最後にやっていた。

15勝した年以外はほとんど活躍できず。
昭和20~30年代の弱いチームには、よくそういう投手がいた。当時だから「一度だけ20勝」。

今年もボロボロだったバファローズだが、今なら(特に打線は)マリーンズよりいいのでは?

ブログ記事のまとめ

「桃木至朗に関するブログ記事のまとめ」なんてのがあるのを偶然発見。
だれが作ったんだろう。
おかげで、以前当ブログで反論した『市民のための世界史』書評への、再反論なども載っているのを見つけてしまった(ご本人は気づいていないんじゃないかと思うが、『市民のための世界史』の意図が、より明瞭に全否定されているように見えるのは残念だ)。

脇田晴子先生のご逝去

大阪外大時代に(当時の一般教養の歴史の先生は、日本史の脇田先生と武田佐知子さんはじめ、強力なメンバーが揃っていた)研究会などでご一緒して名前を憶えてもらい、著書なども頂戴した。私が女性史・ジェンダー史に手を出したのは外大から阪大に移った後なのだが、『日本女性史』(5巻本)をはじめとする脇田先生の研究が刺激になったのはよく覚えている。

西宮のご出身だが、私の中では「大阪のおばちゃん」という印象がある。「東南アジアでも通用する」たくましさは、日本語だけで国際学術交流をつぎつぎ進めた点でも生きていたのだろう。私が海域アジア史に限らず日本史の仲間たちの海外向け活動をしきりにけしかけるのは、なにもペラペラの英語でやるとかいう話ではなく、脇田先生のやり方も念頭に置いているのだ。

合掌。

東京の研究会「歴史新科目を主体的に構想してみよう」

《東京歴教協世界部会・例会》

日時:2016年10月8日(土)18:30~
場所:歴史教育者協議会本部 5階会議室〈会場費として200円集めます〉
*東京メトロ丸の内線新大塚駅より徒歩3分・JR山手線大塚駅より徒歩15分
報告者:日高智彦(成蹊中学・高等学校)
テーマ:「歴史新科目を主体的に構想してみよう」
「歴史基礎」についても「歴史総合」についても、2006年以降、さまざまな場でさまざまな意見が出てきているようにみえます。問題点を指摘することは可能です。しかし、ではどのような年間計画や授業のあり方がよいか、の提案は容易ではありません。事実、具体案となるとまだ数えるほどしかありません。少ない単位時間がネックになるからでしょうか。では、単位時間を気にしなければ提案は容易でしょうか。そうではないでしょう。「教育的配慮」を軸とした「通史」の構成は、さまざまに積み重ねられてきた思索や実践はあれど、簡単なことではないからです。上記は、まさに私のことです。毎年、毎日、歴史の授業をしている者として、歴史教育の問題点には具体的な授業(1時間/年間計画)で応答したいと思いながら、うまくいかない日々です。今回の報告で、どこまで前に踏み出せるか、どのような一歩であれば前に進むのか、試みたいと思います。ご批判をいただければ幸いです。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。