スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新疆のヨーロッパ人?

新疆ウイグル自治区のどこやらで「ヨーロッパ系」の住民集団(ウイグル人と別の民族アイデンティティを持つらしい)をみつけたというNHKの番組があったとか。あの辺の遺跡で見つかる紀元前のミイラも、日本のマスコミでは「ヨーロッパ系」と表現されることがよくある。要するにモンゴロイドでなくコーカソイドだということだろうが、コーカソイドはペルシア人もインドのアーリア人もみんなそうなのに、何の証拠があってわざわざ「ヨーロッパ系」とするのだろう。そう表現する人の脳がヨーロッパ崇拝に侵されているという以外の答えを、私は思いつかない。

ちなみにNHKの番組は、この人々が「ウイグル語を話している」と説明したらしいが(とすれば言葉がヨーロッパ系ということではない)、世界史をまともに勉強していれば、あのへんはもともとソグド人など「白い肌に碧眼」の「胡人」の世界だったことは常識のはずだ。いっぽう唐代のウイグル帝国の支配者はトルコ系(人種はモンゴロイド)だが、その中心はモンゴル高原にあり、今の新疆のウイグル人と強い連続性はない。むしろDNAはソグドなどの流れをくみ、文化や言語はトルコ(ウイグル)化した人々がたくさんいるはずだ。
スポンサーサイト

海域アジア史英語論文読書会

今日はこのあと海域アジア史英語読書会+研究会。
読書会は日本史の人々を英語に引き込むのが目的で、ブルース・バートンの日本の境界の論文(ほぼ同内容の日本語があるので、カンニングができる!)をテキストにしたが、さてどうなるか。
石井米雄先生の英語論文購読の授業に全然ついていけなかった私が、なんとかついていけるようになったのは、桜井由躬雄先生がやった月イチの読書会だったので、その再現を狙っているのだが、さてどうなるか?
「英語が怖い」日本史や東洋史の皆さん、次回からでもぜひどうぞ。

ついでにどうでもいいが、この著者の姓(Batten)はどうして「バートン」なんだろう。ふつうは「バットン(気取って書けばバットゥン)」だと思うのだが。

先行研究の疑問点?

若者の言葉遣いが気に入らないと感じるのは、自分が年を取った証拠だろう。

そのことを承知で書くのだが、歴史学入門講義(歴史研究の理論と方法)のコメントカードや、東洋史の「論文紹介」「卒論発表」などのレジュメにおける学部生の言葉遣いを見ていて、とても気に障る表現がある。

それは、入門講義である領域の代表的な研究・理論の解説を聞いた際、論文紹介や卒論発表で先行研究のまとめをする際などに、単に自分がわからないこと、知らないことを「(その研究の)疑問点は○○、××である」としたり、「○○、××について疑問に思った」と表現することである。疑問点というのは、その研究が本来論じるべきであるのにしていない事柄、論じてはいるがその論がおかしい事柄などについて使うというのが、私の言語感覚である(つまり相手の立論や論の構成を疑う/批判する際に使う)。学部生レベルでは「自分がわからない」ことと「その論文が客観的な不十分さをもつこと」の区別がなかなかつかないという点を割り引いても、「わからないこと」はなんでも「疑問点」「疑問に思う」と呼ぶのは、上手な日本語表現とは言えない。

これは、「恥ずかしがらずに、間違っていてもいいからどんどん発言しよう」というのとは全く別の問題である。

3連敗回避

マリーンズはホークス戦で辛うじて3連敗を回避。清田育宏がいいところで打ったが、決勝ランナーに出た加藤翔平もいい仕事をした。絶体絶命のピンチをしのいだ西野勇士も、これで調子を上げてくれるといいが。
それにしてもホークスは、相手にダメージを与える逆転勝ちなどを繰り返していつのまにか独走態勢。
他チームはクローザーが軒並み不振。バファローズやライオンズは野球が壊れている。
連休明けから1強5弱では、ペナントレースが盛り下がる。
今年のマリーンズは2013年の中頃と同じくゲーム終盤に強い。ナバーロに1号も出たことだし、ホークスを慌てさせる試合をもっとしてほしい。

Windows10

ノートパソコンのOSをアップグレードしろとうるさく表示が出るのを放置していたが、たまたま寝る前にやっていたフェイスブックの入力がおかしくなったところに出てきたので、えいっと「今すぐ」ボタンを押す。翌朝家を出る間際までかかったが、今のところ問題なく動いている。メール(特に職場のウエブメール)で添付ファイルのファイル名が頻繁に文字化けを起こす問題も、起こらないようだ(と昨日はj書いたが、今日はダメだ。なぜ?)。ついでにブログのパスワードを忘れて(違う記憶にすり替わって)しばらく外出中にログインできなかった問題も、問い合わせメールを送って解決。連休明けには山ほど仕事が待っているので、少しホッとした。

夏の神奈川の高大連携セミナー

案内がHPに掲載されている。

http://kanagawarekishibunkakai.cho88.com/

つぎつぎ新しい取り組みをしてきたが、今年は他県の高校教員が講師をつとめる。もっと全国に知られるべき活動だ。

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。