世界史教科書東南アジア関係用語リスト案

これを転載するのを、忙しくて忘れていた。
原文と、文中に出ているファイルはhttp://www.jsseas.org/glossary/から。
阪大歴教研でムリヤリ作成した近代世界システムと中央ユーラシア史以来の、分野別用語リスト案である。みなさんぜひご意見をお寄せいただきたい。


2015年6月6日

東南アジア学会会員のみなさまへ
世界史教科書東南アジア関係用語リスト案への
ご意見をお願いします
東南アジア史用語集検討会    
 中村 薫(教育・社会連携担当理事)
 青山 亨
 深見 純生
 桃木 至朗
 八尾 隆生

用語リストの必要性

昨年2014年6月の第91回研究大会において,私たち東南アジア史用語集検討会は,大学教員と高校教員双方の報告者からなる「高校世界史における東南アジア関係用語の厳選」というパネル報告を開催しました。その中で,高校教員の側からは,東南アジアについて教えることの難しさ,生徒にとってのなじみのなさが紹介されました。

高校における歴史教育のあり方が大きく変わろうとしている今,このまま高校生のなかに東南アジアに対する関心が育たない状況が続くようであれば,将来の東南アジア研究を担う若い世代の層が薄くなってしまう懸念があります。この課題を乗り越えるためには,高校教員が「教えられる」,生徒が「分かる」東南アジア史の姿を示す必要があるでしょう。そのための最初のステップがここで提示する,東南アジア史を理解するための厳選された用語リスト案です。
用語リスト案の作成

具体的には,高等学校歴史教育研究会によって公表されている世界史重要用語案2000語から抜き出した東南アジア関係の用語や,桃木会員が作成した用語リストをもとにして,高校生を対象に,「基礎用語:市民的教養として最低限知ってもらいたいレベルの用語」,「標準用語:大学進学予定者には必ず知っておいてもらいたいレベルの用語」,「発展用語:標準レベルを超えて知っていることが望まれるレベルの用語」の3つのレベルに階層化した用語リストの案を作成しました。

その際,既存の世界史用語集では採られていない地理的用語や交易品をかなり取り入れ,不要と思われる用語を思い切って削減し,明らかな誤りを訂正して,不適切と思われる用語表記の適正化を図りました。

当初の予定では,用語全体の上限を300語と見込んでいましたが,今回の用語リスト案では,基礎レベル76語,標準レベル100語,発展レベル152語,合計328語となりました。基礎レベルは世界史A,標準レベル(+基礎レベル)は世界史Bにほぼ対応しています。また,基礎レベル76語+標準レベル100語= 176語は,世界史B用語全体を2000語に減らす提案に対応するものです。現在の世界史用語集の東南アジア関連用語は約300語なので,半減を目指して整理したことになります。

また,用語は,(1)自然と社会,(2)1500年以前,(3)1500年以降,(4)1800年以降,(5)1945年以降,の5つの区分に分けてあります。これは,本来作業のための便宜的な区分ですが,最終版に残す可能性もあります。
用語リスト案へのご意見のお願い

東南アジア史用語集検討会では,こうして作成し,先日の第93回研究大会のパネル報告で提示し,説明したリストを学会ウェブサイトで公開し,広く会員の意見を求めます。また、会員に限らずこの問題に関心のある方々のご意見を歓迎いたします。

いただいたご意見は検討会で検討させていただき,今年冬季の第94回研究大会で修正版を提示します。さらに,確定した用語リストをもとに,来年にはこれらの用語の背景と内容を解説する用語集を作成する予定です。

別掲の用語リスト案をご覧のうえ,専用のアドレス sea-glossary(a)jsseas.org までご意見をお送りくださいますよう,お願い申しあげます((a)を@に変えてください)。作業の都合上,8月30日を締め切りといたします。ご意見の内容・形式は自由ですが,例として以下のようなパターンを想定しています。いずれの場合も,どの用語についてのご意見かを示し,理由を簡潔に示していただければ幸いです。
スポンサーサイト

ゾミア研究会

京大ではこんな会も。ゾミアは「わざと自前の国家をもたない世界」を象徴することばである。


>京都大学にて、第6回ゾミア研究会の開催をお知らせいたします。どなたでも自由に出席できます。

*日時:2015年7月5日(日)14:00~17:00場所:京都大学東南アジア研究所稲盛財団記念館2階201号室(東南亭)*

*プログラム:*

14:00~15:20
テキ アライ(京都大学大学院経済学研究科・大学院生)
「麻薬代替開発と農村社会経済―ミャンマー・コーカン自治区の例を中心に」

15:40~17:00
生駒美樹(東京外国語大学大学院・博士後期課程)
「チャをめぐる生産者間の関係―ミャンマー、シャン州パラウン自治区ナムサン郡を事例として」

【要旨】
*テキ アライ「麻薬代替開発と農村社会経済―ミャンマー・コーカン自治区の例を中心に」*

19世紀末頃から1990年代末までの長い間、中国と国境を接するミャンマーのコーカン自治区は、ケシ栽培とその加工・販売に依存する経済構造であったが、麻薬撲滅運動に取り組んだ結果、2004年までにケシが姿を消した。主要収入源を失った地域住民は著しい経済的困窮に陥ったが、中国製糖企業によるサトウキビ契約栽培の導入およびカジノ産業導入などを柱とする政策により、経済回復を果たした成功例である。
著者は2012年にサトウキビ契約栽培が導入された地域から12ヵ村を選定して概要調査をし、その後、うち1ヵ村について詳細な世帯調査を2013年に実施した。それらの調査で得た綿密な農家家計・農業経営データに基づき、本報告は、ケシ撲滅後のサトウキビ導入の経緯やその成功要因を解明した後、カジノ産業導入の農村家計レベルへのインパクト評価を中心に、農村の社会経済変容を分析する。

*生駒美樹「チャをめぐる生産者間の関係―ミャンマー、シャン州パラウン自治区ナムサン郡を事例として」*

ミャンマーは、2011年にこれまでの軍事独裁から民主化へと舵を切り、大きな変化のなかにある。本発表では、ミャンマー山間部の少数民族社会が、現在の政治経済的な変化をいかに経験しているのか、平地の都市部をはじめとする他地域といかに関わりをもつのか、彼らの生活の中心である生業活動に着目し検討することを目的とする。
具体的には、2012年から2014年にかけて断続的に実施した現地調査のデータに基づき、ミャンマー最大の茶産地シャン州パラウン自治区ナムサン郡でチャ生産に従事する少数民族パラウン人(モン・クメール系)を事例として取り上げる。特に、チャという植物を収穫、加工、販売していくというプロセスに着目し、チャをめぐる生産者間関係の在り方を明らかにする。そのうえで、近年のチャ生産をとりまく状況の変化や、国内ケシ畑等への出稼ぎの増加が、彼らの社会関係に与える影響を考察する。

ーーーーーーーーーーーーーーー
京都大学ゾミア研究会連絡先:藤田幸一、小島 敬裕、今村真央(東南アジア研究所)

「強制栽培制度」の映画

こんな案内が回ってきた。面白そうだ。高校世界史教科書では「政府管掌栽培制度」と正式の言い方に改める動きもある(「強制栽培」が批判派のネーミング)。歴史教育でどう教えるのがいいかについての討論もできそうだ。


>東京外国語大学総合文化研究所のアクティブラーニング「映像による文化の横断」
の一環として、6月26日(金)6限と7月3日(金)6限に、映画『マックス・ハー
フェラール』を前後2回に分けて上映します。

オランダ領東インドにおける19世紀中頃の「強制栽培制度」による植民地支配の
実態が活写されたドラマです。

インドネシア地域基礎の授業の一部ですが、どなたでも予約不要で自由に参加で
きます。ぜひ学生・院生にもお声かけのうえ、ご参加ください。

映画『マックス・ハーフェラール』第1回上映会
■日時:2015年6月26日(金)6限~、17時30分開場、19時10分頃終了
■場所:東京外国語大学 総合文化研究所(研究講義棟422)
(アクセス:http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ics/access.html)
■担当教員:青山亨(インドネシア地域専攻教員)
■プログラム:資料を配付して、映画の背景について説明をしたのち、映画の前
編を鑑賞します。

映画『マックス・ハーフェラール』第2回上映会
■日時:2015年7月3日(金)6限~、17時30分開場、19時10分頃終了
■場所:東京外国語大学 総合文化研究所(研究講義棟422)
(アクセス:http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ics/access.html)
■担当教員:青山亨(インドネシア地域専攻教員)
■プログラム:映画の後編を鑑賞したのち、映画についての意見交換を行います。

詳細はブログをごらんください。
http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/aoyama/2015/07/Film_Max_Havelaar.html

人文学を守る方法

国立大学の人文系や教育系を整理しろとか、G型とL型(や特殊分野の単科大学)などに国立大学を分けろ、など「単細胞な実学主義」にもとづく政策が--日の丸君が代義務づけなどと抱き合わせで--強行されようとしている。しかしそれに対する人文学の側からの反論は、19世紀的教養主義や高度成長時代の右肩上がりの発想を捨てきれない、旧態依然としたものであるケースも少なくないように見える。ちなみに私がそういう批判を繰り返してきた背景には、「世界を論ずる際に東南アジアをシステマティックに無視してきた」(本欄で再三紹介しているミシガン大学のVictor Lieberman教授の言葉)歴史学界を含め、これまで学ぶに足る人文的教養の対象を東南アジア(やアフリカ)にほとんど見出してこなかった人文学への反発がある。

で、大阪という場所で、私のようにある種の古き良き教養には縁のない人間が考えると、以下のような発想や主張が必要になる。阪大歴教研や協力関係にある各地の高校・大学の研究会などで散々議論してきたこと、『市民のための世界史』序章や終章に書いた内容が多いのだが(もちろん以下の内容は、歴教研の公式見解などではなく、私個人の見解にすぎない)、現在の時点なりのまとめ方を示しておきたい。今日の夕方、久々にさわったツイッターにもう少し単純な書き方をしたのを推敲したものである。

(1)まず現状認識:「文学部というのは文学をやっているところ、つまり小説家や詩人を養成するところ」という認識が世の中の多数派であることを認識するところから出発すべきだろう。同様に「歴史や古典はわかってしまった動かない過去のことを扱うのだから、おんなじことを教えたり解釈合戦をしてるだけで、新しく解明されることなどない」と思っている人が世の中の多数派であるという前提で、我々は対策を考えねばならない。そして、高校時代に歴史や古典の授業がひたすら苦痛だった人が世の中の多数派であり大学の権力も握っていることへの想像力をもたねばならない(数学や物理の時間がひたすら苦痛だった人ならできるはず)。そういう世界では当然、ノーベル賞も高校生オリンピックもない人文学において、日本の学界や教育界が世界トップレベルにあることなど知るわけがない。こういう「なんにも知らない人々が、しかし世の中の多数派であり権力を握った人々である」。この認識に目をつぶる、もしくはこのての人々を「汚らわしい」などと排斥するのは、『文学部という病』『グロテスクな教養』といった書物でつとに批判された古いインテリ主義にしがみつくものではないか。
(2)発想の転換と「敵味方」を見定めること:要するにわれわれは、ほとんど「宇宙人」を相手にしているに等しい。「コンテクストを共有しない相手との競争やネゴシエーション」の訓練をほとんど受けたことのない通常の日本人には、とても骨の折れる仕事だろう。しかしやらねばならない。そこでは「なんにもわかってない人ほど洗脳も容易である」と発想を転換するのがよいだろう。実際、企業人や理系の学者にはそういう人はよくいる。その点で始末が悪いのは、いろいろ知っている社会科学系の学者である。またまた「汚らわしい」などと目くじらを立てずに取り組めば、(アホな政治家はダメでも)財界人や理系の学者を味方に付ける方法は、いろいろあるはずである。
(3)戦略1-相手を脅す:(現状認識で述べたような欠けている基礎知識をまず与えた上で)哲学や歴史や伝統文化や文学や美学や、そういう素養のない世界がビジネスや外交や政治や産業や医療や。。。にとっていかに破局的であるか、いかに世界の恥であるか、理系や社会科学系の国際的研究展開にもいかに不利であるかの実例をあげて、「実学一本槍の人々」を脅す。あるものの「有用性」はプラスの価値を生むことだけにあるのではない。医学や保険業を「虚学」「虚業」とは言わないだろうが、それらはプラスの価値を通常は生まない。しかしそれなしでは生じうるマイナスを食い止める。だったら人文学も立派な実用性がある。中国とビジネスや共同研究(やケンカ)をしたかったら、相手の歴史や文化、社会を理解してないと大変なことになるよ、というのは一番わかりやすい例だろう。
(4)戦略2-自分の欠点は素直に認め、ただし現在は改革に邁進していると主張する:「とにかく政府の圧力はけしからん、大学と学問の自律と自己改革に任せればうまく行くのだ」という論法は有益だろうか。、たとえばこんな西洋中心主義、こんな日本一国主義の再生産をしている人文学界、こんなジェンダーバランスの人文学界が、自律の主張によって自分を守れると思う発想が、私には理解できない。「既得権益を守ろうとしている」「役に立たない」などの決めつけとの不毛な対立(そこに待っているのはガダルカナル的な「不利な消耗戦」ではないのか)を避けるには、欠点を共有し外部に対しても認めた上で、改革をアピールすることである。細かく言えば、その欠点は人文学だけではないだろう、あんたたちだっておんなじじゃないか、あんたたちはそれに気づいているんだろうか、というイヤミはきちんと用意しておくべきだが。
(5)戦略3-人文学の面白さ、レベルの高さ、有用性を示す/気づかせる:「人文学を捨てるとこんなひどい目にあうぞ」という戦略1は、「人文学を大事にするとこんなにいいことがあるんだ」という説得とセットでなければ効果がない。「わかる」「面白い(知的興奮を誘う)」「ハイレベルである」「役に立つ」。こういうものの存在意義を否定するのは難しい。逆にこれらの特徴をアピールすることに失敗してきた結果が、今日の事態である。「有用性」が汚らわしいと思う人は「現代的意義」でも別に差し支えない。こういうことを示せない分野はそんなにないだろう。ただここは、こちらから主張して教え込むより、(戦略1・2の効果を前提として)、人文学を疑ってる人たちに自分たちで調べたり見つけ出すように仕向けるのが、より有効だと思われる(←阪大の「高度教養教育」での理系・社会科学系院生たちのグループ討論、理系の先生との論争などの経験からそう思う)。
(6)戦略3’-地方ごと、大学形態ごとなどで違った戦略を立てる:戦略3までだと、旧帝大とか東工大、東京外大など中央の有力大学でしか通用しないおそれがある(人文学者の側もそう思い込んでしまう危険が強い)。特に「地方大学にこそ人文学が不可欠だ」という論理構築が大事だろう。そこではたとえば、「地方経済が主にアジア系の外国人労働力や外国人観光客に依存している状況」を取り上げることができるだろう。つまり「国際化というのは少数のエリートが外国に出かけていっておこなう行動を指す」「グローバル人材というのも少数のエリート教育の話だ」などの伝統的理解はもはや無意味なわけである。地方社会のためにこそグローバル化を考え教えなけれならない。ばとなれば、百歩譲って「L型大学」を認めるとしても、やっぱり人文学を教えなければ使える人材は育たない(その人文学には、「孤立した国民国家日本」という前提を外して世界の中で考える日本研究も、当然含まれる。新しい日本史や日本文化の理解は、観光や経済振興にも当然有効である)。

戦争や政治闘争、企業経営や組織運営、将棋や囲碁、野球などが好きな人文学者には、こういう発想はそんなに受け入れがたいものではないと思うのだが、それらにまったく興味のない人にはどうだろうか?

今年もパリーグ大勝利

プロ野球交流戦、最終日はタイガースに花を持たせたが、今年も全体ではパリーグ大勝利。リーグとしての勝率は過去最高。
パワーが違う。
1960~70年代の興行モデルから脱皮できないセの野球が、いかにガラパゴス化しているかの証明でもある。

「教養とは」

「教養とは、いつなんどきでも自らの知識を総動員して、他者に短時間で的確に説明してみせることであると実感した」
9日の毎日新聞夕刊から。藤垣裕子氏の「ナビゲート2015」。
私はこの考えに賛成である。文学部では「短時間で説明できるようなものを教養とは言わない」という考えの方が主流かもしれないが、そこにあぐらをかいて「わかってない素人さん」を放置するのは、『グロテスクな教養』の類であろう。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR