スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツの国際試合の報道に見るナショナリズムの幼稚化

玉木正之氏のコラムで教えられた。
オリンピック精神は国と国との競争を否定しており、実際のオリンピックでも、国ごとのメダル数の比較を禁止しているのだという。実際にはメダル数の表が毎日のマスコミに出るが、あれはオリンピック憲章を踏みにじっているのだそうだ。

それにしても自国の選手の活躍を願うという感覚は私にだってある。だが、ドイモイ前のベトナムのウルトラナショナリズムを知っているし戦時中の日本の教訓を忘れるわけにはいかない身として気になるのは、このごろのスポーツ報道が「健全なナショナリズム」から「ただ日本選手が勝つことだけを願う幼稚なナショナリズム」に退行しているのではないかという点である。

前置きが長いが、要するになにが気になるかというと、対戦相手の外国選手やチームの紹介が少なくなっていることである。チームスポーチの中継で相手側のラインナップ、選手の特徴や得意技などをあまり紹介しない。個人スポーツの結果の報道では「日本の○○選手は、A国選手に勝った(負けた)」しか言わない。予選ならいざしらず、世界選手権で銅メダルのかかった準決勝で、相手選手の名前を書かない新聞なども、つい最近見た。

これでは外国選手は、「西部劇のインディアン」(なんだかわからないが危険な敵)と同じだ。
もっと今の若者をふまえた言い方をすれば、「一人で遊ぶゲームの中の敵」なのかな?

ここには「ライバルを尊敬する」スポーツマンシップもなければ、「敵を知り、己を知れば百選危うからず」という知恵もない。
こういう幼稚な態度で、最近の政府から若者からみんなが熱望している、「海外からほめそやしてもらうこと」ができるとは思えない。

もうひとこと書くと、「他者の不在」はアメリカ社会にもよく見られる現象だ。アメリカのベトナム戦争映画を見ると、アメリカを完全に正当化するものは論外として、あの戦争への批判・反省を示す作品でも、大半は「アメリカ的な自由やfairnessの観念に反することをやった」という反省であって、相手は「なんだかわからない熱帯の人々」でしかない。良くも悪くも旧植民地アンドシーヌへの思い入れを示すフランスの映画とは対照的である。
こじつけだが、現代日本のスポーツ報道から「相手」が消え失せているのは、一部は深刻なアメリカナイズのせいか。
スポンサーサイト

『市民のための世界史』への書評に感謝(一部修正)

『市民のための世界史』に対するかなり詳しい批評を書いてくださっているブログを、遅ればせながら発見した。
筆者のwhomoroさんには感謝にたえない。
http://d.hatena.ne.jp/whomoro/20140813/1407892636

内容はなかなかに辛口である。
フランスの記述が弱いなど、耳の痛い指摘が少なくない。

ただし(そういう読まれ方をするのを予測できないお前たちが悪いと言われれば反省するしかないし、とくに私の性格を反映した挑発的な物言いが反発されるとすれば、いよいよ申し訳ないのだが)、「既存の固定観念で読まれている」ところが多いのも事実だ。
阪大歴教研での長い議論の歴史をご存じであれば、序章(たとえば2~3ページ)や終章・あとがきで書いたことにもとづいて、本書を違った読み方をしていただけたのではないかという気はする。
それにしても、全国の高校教員のうちで阪大歴教研の考え方になじんでいる方はごく一部だから、このブログはそうでない多数の先生を代表して書いてくださったものと、やはり感謝すべきだろう。

そのうえで、執筆者側の考え方も書いておきたい。私がほかの著者と打ち合わせずに反論を書いて批評をやり込めるなどというのは反則だろうが、ただ本書の基本的な考え方について4点書いても、これまでの経過からみて許してもらえるのではないか。

1.2ページで断ってあるように、本書は「世界史Bに準じた教科書」ではない。実際の厚さや教養課程で学部・専攻を問わず学ぶものという性格上、それはむしろ世界史Aに近い部分が少なくない。

2.「阪大イコールグローバル・ヒストリー」という固定観念の流布には私も責任の一端があるが、この教科書そのものを「グローバルヒストリーの立場で書いた教科書だ」と明示した個所はないはずである。終章の275-6ページあたりでは、むしろ「それだけではないのだ」ということを示したつもりである。

3、本書は、事項レベルで「これとこれとこれを入れなければけない」という考えを最優先する編集のやり方をしていない。むしろ「そのやり方こそが世界史の中身を限りなく膨張させ履修者を減らしてきた」という考え方から出発している。そこで4ページに書いたように、本書中の語句にうち「どれは覚えるべきでどれは単なる例示か」という区別はほとんどできない。

4.本書各章には問いがあるが、その正解はどこにも書いてない。つまりこの教科書は、”教科書「を」学ぶ”だけで学習が完結することを想定した書物ではない。また本書の表紙を見ていただくと、英語で A World History for Citizensと書いてある。書名などでAをつけると、「ほかにもあって、これが唯一絶対ではない」という意味になる。つまり、一部では論争史も含めて歴史観の提示ははっきりするが、それはその歴史観を学生たちに植え付けるためではない。

ちなみに本書は「間接的に高校で最低限学んできてほしい内容を意識している」「高校教員への挑戦だ」と書いているので誤解する読者が多いかもしれないが、「直接これを高校で教えろ(それに使える))」などとはひとことも書いていない。あちこちの高校教員から「われわれの頭の整理にはいいが、教室では使えませんね」という評価を受けているが、それは想定(期待)通りである。
本書は直接には、あくまで大学の教科書である。そして筆者たちは、大学教育について、「完全に価値中立的でなければならない」とか、あるいは「すべてを学生の自主的な思考と選択に任せて、教員は材料の提示に徹するべきだ」という極論にくみしない(そもそもそんなことが可能だとは思わない)。

「高校でこれを教えろなどと一度も言っていない」という点は、歴教研の場で初参加の先生から何度となく受けた誤解なので、何度となく「そうではない」と繰り返してきたことなのだが、「高校教員への挑戦」などと書くなら、本書でももっと特筆大書しなければいけなかったのかもしれない。
また、「お前たちの正史を学生たちに押し付けるつもりか」とも、詳しくj話したことのない相手から再三言われた。これはあくまで、われわれの理解や考え方の提示であって、これが唯一絶対の正解だなどというつもりはないという点も、もっと強調すべきだったのだろう。
以上2点のどちらについても、この本で頭を整理してその先生独自の教育に役立てられるかどうか、本書が「高校教員への挑戦」と言っているのはそこである。ひたすらこの本の通りに説明するような教員がいたら、それは挑戦にこたえたことにならない。

いずれにしても本を出せば、その1冊だけで評価され、ときに誤解されることは避けられない。自分が指導している学生が書いた書評だったら、「その1冊だけ読んで、著者(たち)の他の著作や経歴・学会活動に配慮しないようでは、書評は書けない」と指導するのだが、今回の場合、そうもいかないだろう。
私の精神は、そういう場合には、まめに説明や反論を繰り返し、できれば直接対話をすることである。この「毎度おなじみ」の失礼な反論が、そういう対話のよすがになればよいのだが。



デング熱(その3)~現代日本の「再東南アジア化」

古代・中世の日本社会(とくに西南日本のそれ)には、東南アジアとの共通点がいろいろあった。「照葉樹林文化論」など生態学系の議論でかつて注目された自然環境と基層文化・生業、それに社会学者・人類学者が論じてきた権力や家族・ジェンダーの柔構造などは、その代表的な例である。

それは「古代からずっと続いた」要素だけではない。中世アジア海域の交流の拡大により、日本列島のあちこちにインディカ米が導入された。魚醤は古代からあったが、中世以降にはコショウやトウガラシなどの香辛料もどんどん入ってくる。

江戸時代の鎖国後(とくにあらゆる面で日本の独自色が強まる17世紀末以降)に、日本社会は「脱東南アジア」を実現したのだと、私は理解している。川勝平太氏の脱亜論とは別の話である。幕藩制やイエ制度・ムラ共同体などの「硬い」構造が社会を覆った。ジャポニカ米と醤油の生産技術が発展する一方で、コショウやトウガラシは食文化には根付かず、「素材を活かした薄味の料理とジャポニカ米の銀シャリ」が「あるべき日本の味覚」になってゆく(「貧民の食べ物」としてのインディカ米は20世紀まで残るが)。

20世紀末以来、日本の対外経済進出や世界的なグローバル化のなかで、日本社会が「再東南アジア化」しつつある。権力構造や会社・ムラなどの共同体の流動化、家族やジェンダーのありかたの多様化、これらは與那覇潤氏の言う「中国化」でもあるが、氏もいうように日本はいくらやっても「本当の中国」にはなれない。実際に起こるのが、私のいう「再東南アジアか」だろう。その中で育った日本の若者には、「伝統的な日本食」などよりも「激辛」の料理やスナックを好み、インディカ米も平気で食べる者が少なくない。

ここまではあちこちでしゃべってきたのだが、デング熱の国内発生という事態は、地球環境の面での日本の「再東南アジア化」を表しているわけだ。(「中世温暖期」の西日本をはじめ、過去に何度か、日本列島がものすごく暑かった時期があるはずなので、これも「初の東南アジア化」ではない)

どうです、これでもあなたは、欧米や中国・韓国と違って東南アジアなどをみんなが学ぶ必要はないとか、学ぶにしても現代の政治・経済・社会だけでいい、歴史や文化はいらないと、言い張りますか?

セ・リーグ=プロレス説

総領事館のパーティから帰宅すると、バファローズ森脇浩司監督の勝利インタビューをやっていた。
バファローズがホークスに肉薄するのは優勝争いがおもしろくなっていいのだが、マリーンズはこの3連戦もまったくいいところがない。故障者が大いにしても、毎度毎度同じ負け方というのはひどすぎる。
ライオンズ打線がメヒアだけでなく、浅村栄斗、秋山祥吾などだいぶん形になってきたので、これははっきりライオンズが上に出るのではないか。

いずれにせよパはホークスが優勝、セはタイガースの肉薄およばずジャイアンツが優勝、となると、なんだか昭和30年代に戻った感じがする。それにしても打率2位から6位まで並ぶホークスの打線はすごい。とくに若い(プロ入り前は有名でなかった)中村晃と柳田悠岐がうらやましい。どっちか1人でいいからマリーンズにくれないかな?

ふだんは無視しているセ・リーグについてひとこと。「やっぱり最後は巨人が勝つ」大昔のパターンが復活しつつあるようだ。かつてこれを、「西部劇」と呼んだパ・リーグファンがいた(「純パの会」関係の出版物を見よ)。ジャイアンツ以外のセのチームは、最後は必ず倒されるインディアンというわけだ。「水戸黄門」などの勧善懲悪の時代劇にたとえても同じかもしれない。

これは書いたり話したりしたことがないが、私は昔から、セはプロレスだと思っている。
ジャインアンツばっかりだとつまらなくなったころにカープやスワローズが強くなるなど、ファンを飽きさせない。力勝負をするので個々の試合もシーズンも大差がつくことの多いパと比べて、見世物としてよくできている面がある。

それはもちろん、簡単なことではない。演劇のような意味で筋書きがあるわけではないのだから、ファンを飽きさせない結シーズンを展開しつづけ、しかも長期的にはジャイアンツ優位の構造を崩さないというのは、マスコミの強力な手助けがあるといっても、訓練なしにできることではない。ただそれは、プロレスと同様に、芸能としてよくできており猛烈な訓練の成果であるということであって、「スポーツ」であるかどうかは別問題である。プロレスに徹すると無差別格闘技戦には対応しにくくなるのと同じように、セの野球に徹するとパと比べてもメジャーリーグで通用しにくくなることがその証拠である。

そして現在、右肩上がりの成長など望めない状況下でセ・リーグにも、「馬場や猪木が必ず勝つ試合を中心に据えたプロレス興業」と同じ仕組みを作ろうという動きが強まっている
私のまわりにたくさんいるタイガースやカープのファンには申し訳ないのだが、それと手を切らないかぎり、本当の未来は開けないだろう。その意味で、しばらく前に決まった交流戦の試合数削減に見る、「自らインディアンの役を演じよう」というセの各球団の発想は、とても情けない。


ベトナム総領事館の独立記念日パーティ

堺にあるベトナム総領事館主催の、独立記念日(ナショナルデー、国慶節)パーティに招待されて行ってきた。
旧正月(テト)と独立記念日には、毎年パーティがあり、ベトナム関係者や関西在住のベトナム人が招待される。

P1020843.jpg
新任のビン総領事のあいさつ。例年の総領事挨拶や各界の祝辞は領事館員が逐次通訳をしていたが、今年はパワポで訳を写すという新手の方法をとっていた。

料理はなかなか豪華。スイーツも。
P1020844.jpg
P1020846.jpg

地元の保守系政治家などが祝辞でベトナム「社会主義共和国」独立記念日を祝うというのも、面白いと言えば面白い。一定年齢以下の企業関係者などは、それがわかっているかどうかすら疑問だが。

今年のあたらしい特徴は、総領事の挨拶が日越協力の内容として安全保障にふれ、自衛隊からも制服で参加した隊員がいたこと。さて来年はどうなっているか?

デング熱(その2)

昨夜デング熱について書いたら、アクセスが急増した。
このごろ私が忙しくてあまり記事が書けないのと、たぶんブログという媒体そのものがFBやツイッターに押されて利用者が減り気味なため、私のブログへのアクセスも少なくなっていたのだが、今日はずいぶんな数だ。

しかしそこで考えると、これは世間がデング熱(出血熱の一種)を、エボラ出血熱の仲間とでも思って大騒ぎをしているんじゃないかと気がついた。昨夜のテレビニュースでもデング熱の患者発生のことを取り上げていたようだし。
そうだとするとこれはまずい。デング熱は湿潤熱帯ではしょっちゅうかかる普通の病気であるかわりに、よほど運が悪くないと死なない。
日本にはいまだに、東南アジアなど熱帯諸国と聞くと不潔な後進国としか考えない、「高度成長期の知識のまま固まってしまい現実を知ることを拒否する」人がたくさんいる。会社員が家族を連れて赴任しようとして「そんな危険なところへ奥さんや子どもを連れて行くとはなにごとか」と反対されるという話は、いまでもなくなっていない。

デング熱騒ぎで、「やっぱり東南アジアには行かない方がいい」などとなったら困る。
たとえば経済では、そんなことになったら日本企業は、ますます韓国・中国・台湾などの企業に引き離される。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。