スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治的公正中立とは?

NHKが都知事選の争点になっていることを理由に、大学教授が原発の話をするのを拒否したそうだ。
意見が対立している政治問題にはふれないのが「公正中立」だろうか?
それは「混乱を避ける智慧」としてはありうるが、「公正中立」とイコールではないことは、マスコミ界や学校の教員などがよくよく心得ておかなければならない事柄である。

民主主義というのは、政治的意見の対立がある、すなわち唯一絶対の正解が存在しないことを前提にして、しかし必要な選択・決定はしようという制度である(もし絶対の正解があるなら、わざわざ投票や選挙をする必要はない)。
しかし人間は不完全な存在だから、十分な情報や討論抜きに単なる多数決をしても、ベターな選択は保証されないどころか、「衆愚政治」の暴走を避けるのは難しい。きびしく言えば、民主主義体制の恩恵にあづかろうとする人々に、十分な情報収集や討論にもとづく選択を「面倒くさい」とサボる権利はない。

つまり、公正中立というのは、特定の候補者や政党を支持ないし非難したらそれはまずいだろうが、争点にふれないことではない。絶対にない。

その点で、日本の選挙はまともな討論会もなし、選挙期間も短い、先進国では当たり前の戸別訪問が出来ないなど、ないないづくしで有権者が十分な情報を得たり討論する機会が少なすぎる。そのうえ衆院は小選挙区制ときては、ムードや利益誘導だけでものが決まってしまうのも当然で、先進国としてはとても恥ずかしい。
とすればマスコミは、判断材料としてのくわしい情報を提供する、そしてそれぞれの候補者の一方的主張だけではわからない食い違いや問題点などを討論する機会をたくさんつくる、そういう方向に向かわなければならない(政府が右といえば左と言えないような「公共」放送には不可能だろうが)。

こういう事態をおかしいと思わない大人ばかりにならないように、子供のころから「絶対の正解は存在しないなかで、どうやってベターな選択や決断をするか」の訓練をするのが、社会科を初めとする学校教育の重要な役割である。とすると、高校までの学校教育の全体が唯一の正解を覚えたり導き出す訓練に終始するのは、民主主義にとって深刻な脅威だということになる。

入試のせいでそれができないという意見は、基本的に正しい。入試を変えねばならない。
だがもし、現在のように沢山の「基礎知識」を暗記してからでないとそういう複雑な考えはできないとか、高校生までの発達段階では唯一の正解しか教えられないなどという大人(教員)が多いとすれば、大げさだがそれは、民主主義を否定する気かと詰め寄らねばならない。そうでないと、高卒以下は選挙権を制限しろといった話になりかねないと、皆さんおわかりだろうか(教養のない軍人政治家を締め出そうとしたという理由だが、タイではすでに、大卒以上しか国会に立候補できなくなっている)。
スポンサーサイト

旧正月元日に期末試験

全学共通教育の専門基礎科目「アジア史学基礎C」(文系各学部配当)の期末試験をした。今日は旧正月(ベトナムはテト)の元日。中国、韓国、ベトナムなどの学生には、この時期に学年末試験があるというのはお祝いの邪魔で申し訳ないのだが。

問題は以下の通りだが、1週間前に発表してあり、答案を用意してきて所定の答案用紙に書き写すだけ(実質はレポート)でも認めている。授業中の小テストが10回で50点満点、期末試験が50点満点として採点をする。

次の4問のうち2問を選んで回答せよ(1問あたり25点)。
☆プリント、ノート等の持ち込み可。図書、電子機器は不可。
1.東南アジアの貿易の中心となった港市国家群は、政治・軍事的にはしばしば、周辺の農業国家と対立し、その圧迫を受けた。マラッカ海峡域、ベトナム中部沿岸、ビルマ(ミャンマー)海岸部の3地域について、どんな港市国家群がどんな農業国家と対立したか、港市国家群と農業国家はそれぞれ自分の立場を強めるためになにをしたかを整理して説明せよ。
2.現在の東南アジアの宗教分布と、それがいつから成立したか、その前はいつごろどんな状況が見られたかを、大陸部と島嶼部に分けて説明せよ。大陸部ではベトナム、島嶼部ではフィリピンの状況にも注意すること。
3.現在の東南アジアの国をひとつ選び、第二次世界大戦終了後、現代までの歴史について、東西冷戦や開発主義・グローバル化など世界の動きとの関係に注意しながら説明せよ。
4.19世紀初頭までの東南アジア史について、歴史上の人物や事件をもとにして、大河ドラマの構想を作れ。グローバルな内容は大事なので、主人公は東南アジア域外の人物でもよいが、視点は東南アジア社会に置くこと。

例年認めている書籍の持ち込みを禁止したのは、教科書や図書館で借りた本を1冊持ち込んで、準備無しにその場で答案を書こうとして、当然うまくまとめられない学生が例年少なくないので禁止したのだが、教科書・参考書はOKにしてもよかったかもしれない。概説類は学生の力では必要な部分を素早く探して正確にまとめることなどほとんど不可能なので、不許可にするほうが親切と考えた。さて、採点はこれからだが出来具合やいかに。

4を選ぶ学生はだれもいないかと思ったら、なぜか法学部の学生が2~3人、これを選んでいた。
全部で44人の受験者のうち、左利きが4人。去年も左利きが1割ぐらいいた。

ゆとり京大生の大学論

土日で読んだ本。
img233k.jpg
京大の教養課程を英語中心に変える、教諭課程を担当していた総合人間学部をつぶす、などの総長決定に対して反対運動が起こっているという話が少し前に話題になったが、そのときに教養教育に関心をもった総合人間学部の学生や出身院生が集まって、ノーベル賞の益川敏英先生はじめ教員や企業人にインタビューしたり、自分たちで座談会を開いてつくった本である。

教員の話は、「教養」の意味を一面的にしかとらえていないものや、昔の京大はよかった式の話もあり、教養教育をめぐる問題の全体を見ている人はやっぱり少ないことがわかる。高校は今でも決まった答えを教えるだけで履修科目も選べないかのような、古い理解も散見する。

しかし、自然科学の世界もカオスとフラクタルに満ちており、法則性と効率性で理解できるのは一部分にすぎないから体系化されない「教養」が必要なのだと説く酒井敏教授(地球流体力学)などは十分面白いし、菅原和孝教授は、今の若者にそのいささか大時代的な物言いが受けるかどうか多少の疑問はあるが、人類学者らしい冴えた文章を書いている。
曰く、

 大学とは、民衆から「思考の専門家」であることを委託された人びとの集う空間である。。。二種類の単純な命題を例に挙げよう。
 
 ①人類の祖先は、200万年以上の間、狩猟採集によって生存の糧を得てきた。1万年前に農耕が発明されてから社会進化が加速し、ビッグマン制、首長制、古代国家、封建制、絶対君主制といった歴史段階を経て、ついには近代のシステムが全地球を覆い尽くした。
 ②運転中の原発の内部に蓄積されるプルトニウム239の半減期は、2万4千年である。
 
 ①と②はともに、だれにでも接近できる知識である。だが、農耕の成立から現代に至るまでの人類史と同じ長さの時間が経ってもプルトニウムは放射能を発し続けるという事実に慄然とすることこそが想像力の賜物である。さらに、そのような致命的な毒物を何万年も先の子孫に押しつけるなどということは、根本的に反倫理的な選択である。。。社会がこの帰結を選ばないのであれば、その社会を変えねばならない。右のような思考過程こそが、批判力の行使である。。。

また曰く、

 自らが認識の徒として生きることを決意したあなたが参入する社会空間は、<修道院>と<戦場>という二つの相貌をもつ。

 。。。だが、あるとき、わたしは理系の研究者たちと酒を飲んでいて、会話の相手が科学哲学のイロハである「パラダイム」という概念を知らないことを発見し仰天した。すると彼女の配偶者が弁護した。「ぼくらは世界の最先端で研究成果を一刻も早く英語論文にすべく闘っているんだから、専門外の本を読んでいる暇なんかないんだ!」 このとき、かれらは、自分たちの属する部隊がなんのために闘っているのかを問うことのない兵士へと自らを疎外するのである。真に豊かな教養とは、こうした疎外を断ち切るものであるはずだ。

「修道院」かつ「戦場」、「自分の部隊がなんのために闘っているかを問わない兵士」などの比喩は、私がもっていたイメージや問題意識にぴったりである。

学生の対談が、あとから手を加えてはいるだろうが、エリート型→マス型を通り越してユニバーサル・アクセス型(要するに全入時代に学力からなにからすべてバラバラな学生が入学する状況)になっている大学の現状に即して、バランスよく考えているので感心した。
(1)専門教育の先にやったほうがいいものがあり、教養教育にあとから(色々な専門性を身につけた人間がいるところで)受けたほうが実りがあるものがあること、
(2)学生のバラバラ度が大きい状況に対して、最初に共通の枠組みをつくる役割をになう教養教育が必要なこと、
(3)現在の状況では、「役に立つ」教育を中心にしたうえで、そこからはみ出すものが不可欠であることを納得させるような枠組みが適切である、

など、阪大での議論や実践にかかわる論点もいろいろ出ていた。

やっぱり京大生には、そこらの京大教授よりカシコイやつがたくさんいる?
もっとも母校である京大には、そういう現実を踏まえた思考などクソ食らえだ、京大は古き良き大学生活を守るんだ、「99人の廃人と1人の天才」でいいじゃないか、というツッパリを貫いてほしい気がするのも事実だが。

 



阪大歴史教育研究会で福岡大との交流会

案内が遅れたが、学部生の研究発表で2冊本を出すなど、歴史教育に大きな成果をあげている福岡大との交流会をおこないます。ふるってご参加ください。

【大阪大学歴史教育研究会・特別例会】

日時:2014年2月1日(土)14:00~17:30
場所:大阪大学 豊中キャンパス 文学研究科本館2階 大会議室

   大阪大学豊中キャンパスマップ

セッション1 (福岡大学人文学部歴史学科)

 池上大祐(福岡大学ポスト・ドクター)
 有村奈津希(福岡大学博士課程後期)
 野田真衣(同)
 玉利尚子(福岡大学博士課程前期)
 今井宏昌(東京大学博士後期課程・日本学術振興会特別研究員〔福大OB〕)
「「学生報告」という挑戦―『地域が語る世界史』を中心として―」

セッション2(大阪大学歴史教育研究会)
 後藤敦史(大阪観光大学専任講師)
「世界史と日本史を「つなぐ」―太平洋と紀伊半島」
 矢景裕子(兵庫県立氷上高等学校教諭)
「歴教研出身の高校教師として:歴史学と歴史教育をむすぶ」

セッション3
座談会 テーマ「地域に生きる世界史」 
 司会:岡田雅志(大阪大学特任研究員)


(概要)今回の特別例会は,日本史・東洋史・西洋史の枠を越え,地域・社会に根差
した歴史研究・教育を行っている福岡大学人文学部歴史学科と本会の交流会企画となります。学生が主体となって世界史に関する好著を次々と生み出している西洋史ゼミのメンバーを迎え,「地域」に注目することにより世界史の見方がどのように変わるのか,歴史学の専門教育を通じた地域で活躍できる人材養成のありかた,中高の教育現場を含めた地域のネットワークとの連携の進め方,など幅広く議論してゆきたいと思います。

[参考文献]
星乃治彦・池上大祐(監修)『地域が語る世界史』法律文化社、2013年.
後藤敦史「18-19世紀の北太平洋と日本の開国」(秋田茂・桃木至朗編『グローバルヒストリーと帝国』大阪大学出版 
  会、2013年).

【参加申し込み・問い合わせ先】

中村 翼(大阪大学大学院文学研究科・特任研究員)
Phone & Fax: 06-6850-5101(大阪大学大学院文学研究科日本史研究室)
E-mail: rekikyo[a]yahoo.co.jp
(※スパムメール防止のため、@を[a]に変更しています)
お問い合わせは、できるだけメールにてお願いいたします。


「建国記念日」不承認集会

昔からやっている運動で、だんだん先細りだったのだと思うが、今や再びまじめに取り組まねばならない課題になってきたか。


なお世界には「ナショナルデー」という観念があり、在外公館ではその日にその国の外務省などの要人や、その国に駐在している各国大使なども招いて祝賀パーティを開く。ベトナムでは独立宣言の日(9月2日)がそれに充てられている。日本の在外公館の場合は、「建国記念日」ではなく天皇誕生日をナショナルデーとしている。「建国記念日」があくまで内向きの祝日としてしか存在しえない日であることがわかる。

「市民のための世界史S」最終回

高度教養教育の「市民のための世界史S」は隔週木曜6/7限にやっており、今日が最終回。

第2次世界大戦後の世界についてざっとまとめ、最後にグループ討論。今回の課題は
「東アジア諸国で他の地域と比べて突出した少子高齢化が進行しつつあるのはなぜか、人口が増えている地域や少子高齢化がそれほど進んでいない地域と比較しながら、歴史的背景を説明せよ」

まず現状でどこに要因があるかの話をしたので、歴史的背景(家と家父長制の問題その他)には十分話を進めることができなかったが、男女ともいろいろな意見を出してくれた。

学部1回生向けの授業だと、予備知識がないことが直接響いて討論ができにくいので、ほとんど講義で終わってしまうのだが、学部上級生・院生の「S]は、できごとの説明などを大幅にはしょっても色々な話題についてきて発言もしてくれるので、やっていて面白かった。
来年度以降、この方向を広げていきたい。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。