スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冊封を受けなければ対等?

唐代だけでなく明代にも、日中間に外交関係はなかったという答案がそれなりにある。
たぶん、それぞれの時期の当初に外交関係が未成立だったという意味で書いているのではなさそうである。
どうやら、朝貢とか冊封とかいうのが「外交関係」だと思っていないらしい。

これについて去年出た確信犯の答案は、「外交関係というのは相互に外交官を駐在させているものをいうので、唐代には日中間に外交関係はなかった」といった趣旨の説明が書かれていた。近代国際法にもとづけばこういうことになるのだろう。ただ、それでは歴史学はできないということだ。

今年出たもっとプリミティブな説明に、「朝貢国は中国の家来と見なされる。だから朝貢関係は外交関係ではない」という趣旨のものがあった。家来というのは国内だけに存在するものだと考えたらしい。「属国というのは外国のことであり、宗主国と属国の関係は外交関係である」といった理屈は--近代の植民地支配と帝国については教えたのだが--思いつかなかったようだ。

それにしても、問題を事前公表すると相変わらず、授業でおこなった説明や使った教科書と矛盾する別の教科書などの記述を、平気で丸写しする学生があとを絶たない。
琉球国王が明の冊封を受けたことは書くが、室町幕府は「朝貢形式で」日明貿易をしたとか「勘合貿易に踏み切った」とだけ書いて、足利義満が冊封を受けたことを書かない答案がすごく多いのは、そういう教科書・参考書が多いせいだろう。そんなに生徒に知らせてはいけないことかね? 琉球国王の方は知らせてかまわないのだとすれば、これは沖縄差別の一種じゃないだろうか。

遣唐使は朝貢だけで冊封を受けていないから対等外交だった、という答案もけっこうある。
「対等だと思いたかった」という適切な解答も少なくはなかったが。
朝貢しても対等だという理屈がわからん。

採点で疲れ、プロ野球の結果を見るとよけいに疲れが増す。
井口の日米通算2000安打を喜ぶ機会を逸してしまった。





スポンサーサイト

遣唐使時代に日中の外交関係はなかった?

5つ下の記事で紹介した「市民のための世界史」の期末試験で、新手の珍答案がいくつか出た。歴史というのは、かなりの論理性や熟練を要するのだが、理系の実験や機械の操作と違い、途中でとんでもない誤解をしても、そこで文章が先へ進めなくなるとか、エラー表示が出るということがないから、こういうことになる。

「自分の間違いを公開するなんてアカハラだ」と言われない程度に紹介したいと思うが、それ以前に、ベトナム戦争の性格が東西の代理戦争だという答案ばかりで、元はといえば民族独立戦争だったことを書いた答案がひとつも出てこないのは、なんのために講義をしたのか、という無力感を感じる。

さて、珍答案が多いのは、各時代に日中間の「外交関係」があったかなかったかをめぐってである。
去年と今年、それぞれとてもユニークな理屈で、7~8世紀について、「遣唐使が派遣されていたが外交関係はなかった」と答えた学生がいた。皆さん、どんな理屈かわかりますか?

クソして寝ろ!

飲み会があって、いい気分で帰宅。
ネットでプロ野球の結果を見る。

私が子供のころ、横浜で普通に使われていた表現では「クソして寝ろ!」
どうしようもなく不愉快なことがあったときに使う表現である。

はい、ゴールデンイーグルス偉い。
美馬と辛島も一軍に戻り、これは独走だね。

スウェーデンより小さい日本のビール市場?

フェイスブック上で知人がタイのシンハーやシンガポールのタイガーなどのビールにふれて、私が「飲みたい!」と書いたところ、スウェーデン滞在中の同僚が、以下のことを教えてくれた。

スウェーデンの国営酒屋ですと、シンハーは必ず置いてあります。(今日も研究所の帰りに立ち寄った際、確認しました。)日本の酒類輸入は、個人輸入を別にすれば大手酒メーカのもつネットワークに依存しているので、少数派の需要が受け入れられるのは難しい(…北欧の酒もしかり…)ですが、スウェーデンの国営酒屋は、例えば小規模生産者を保護する役目も帯びているので、少数派の需要も考慮した上で仕入れと小売りが行われています。酒好きからすれば万華鏡のような国営酒屋の品揃えは、まさに世界の酒文化の「縮図」のようです。(東南アジアの場合、東南アジア出身の移民やそこへ旅行したことのあるスウェーデン人の嗜好も考慮されているということでしょうか。)

スウェーデンよりはるかに人口が多い、つまり市場が大きいはずの日本で、エスニック料理のレストランを別とすれば--いや、エスニック料理のレストランでも、輸入が難しいため品揃えは一般に貧弱で、1つか2つのトップメーカーの品しかないのが普通であるように感じる--、東南アジアのビールを買える店がほとんどないというのは、「日本というしくみ」の悪い面をはっきり示すことがらだろう。東南アジアとのつきあいがないなら仕方ないが、毎年何百万という観光客が東南アジアに行き、日本の輸出入の一割以上が東南アジア相手である。そういう地域のビールを輸入しようという商社、売ろうという酒店がこんなに極端に少ないというのは、どこかおかしいんじゃないだろうか。

どの新聞だったか、世界主要国でのアンケートで、ヨーロッパ諸国では「中国が(国力で?)アメリカを追い抜くだろう」「もう追い抜いている」という答えが過半だが、日本では「中国がアメリカを追い抜くことはない」が圧倒的だった(アメリカ人よりその比率が高かった)、という記事を見た。

日本人がいちばんリアルに情勢を見ている、のだったらいいが、たぶんこれは「巨人軍は永遠に不滅だ」というのと同じ、変化を考えられない(考えたくない)人々の願望の産物だろうな。実際に中国が追い抜いたら、「想定外の事態」と言い訳する。
これも「日本という動脈硬化」の象徴か?

世界遺産「三保の松原」逆転登録をめぐって

毎日夕刊に逆転登録の立役者とされる近藤誠一氏(前文化庁長官)が寄稿して、世界遺産の指定が専門家(決定の前提となる答申を出すイコモスの)の意見を無視した政治的なものだという話になってはいけないので、「政治力による巻き返し」ととられないように気を配りながら、各国の委員や知己と話を進め、「専門的議論によって全会一致の支持を得るという原則を守ったことを書いている。「最も信頼する4人に助言を求め」て三保の松原の登録はユネスコの原理を政治で曲げることではないと確信をもつや「難しい国の順に、反対が出たらそこで登録はあきらめる覚悟で説得を試みた」というあたり、とても参考になる。

こういうことが「日本の常識」になればいいのだが、外務省や国際交流組織の中にもわかっていない人がたくさんいるように見えるし、外務省以外のお役所(や企業・大学・民間団体...)に至っては、自分たちの内向きのロジックを専門家に通訳・翻訳させればそれで外交ができるかのような、初歩的な誤解をしている人が圧倒的に多い。

「平和憲法で国が守れるか」という疑問をもつ人が多いが、実は日本社会の才能や資源を外交や国際交流に集中すれば、不可能ではないと思われる。現実はそれにほど遠いが、といって優秀な諜報組織を作れる状態にもほど遠いから、軍隊で国を守ることもおぼつかないのは、先日も書いた通りである。どっちにしても大変なのだったら、平和主義の方で「一億火の玉」になるのも悪くないと思うのだが。

今日はまだプロ野球公式戦はないものと思い込んでいたが、夕飯を食べながら新聞のTV欄をよく見ると、球から再開されている。唯一中継のあるバファローズ・ファイターズ戦の最後の方を見ることができた。
大谷君は今日も2安打。
大逆転勝ちのゴールデンイーグルスは笑いがとまらないだろうが、ホークスの方は野球が壊れている? 去年急降下したときのマリーンズを思い出してしまった。

今夜のクラシカ・ジャパンは、ユジャ・ワンのラフマニノフ・ピアノ協奏曲3番、マーラーの交響曲1番、それにベームとポリーニのベートーベン「皇帝」など、親しみ深い曲がつぎつぎ流れてくる。


尾崎行雄

『ベースボールマガジン』9月号は、尾崎行雄、池永正明などの記事が並んでおり、思わず購入。
尾崎行雄氏のインタビューは、亡くなる直前のものらしい。

各球団の勧誘が殺到したプロ入りのときのいきさつについて、

もちろん巨人、阪神も来ましたけど、僕はもう、セントラルは全然魅力なかった。人気だけが先行してるから。まあ、生意気でしょうけど、来ていただいても、行く気は毛頭ありませんということで...

というあたりが痛快。
この尾崎が200勝するまで活躍を続け、1962年にパ・リーグ空前の観客動員を果たした東映フライヤーズが、首都の人気チームでありつづけたら、そして九州で池永正明も200勝以上して、西鉄ライオンズが崩壊しなかったら、西武ライオンズや日本ハムファイターズの登場はなかったわけだが、パ・リーグはどうなっていただろうかと、よく考える。

同誌には門田博光氏のインタビューも載っており、長打を打とうとしないで「飛ばない」統一球のせいにばかりしている最近の選手に苦言を呈している。たまたま、60年ぶりにオールスター3試合でホームランがゼロというときだっただけに、あの体で遠くに打球を飛ばしていた門田が言うと、説得力がある(60年前のシーズンの経過も同誌にはあった)。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。