ベトナム学国際会議(2)

会場は第3回と同じメーチー(ミーディン)の国際会議場。
P1080836.jpg
P1080837.jpg

ベトナム研究であれば分野を問わないということで、参加者合計が1300人あまりが15の部会に分かれるという大がかりな会議だったが、5年に1度のはずが4年に1度に突然(?)変わり募集が急だったことなどから、日本や欧米諸国の参加者は少なかった。第3回までは外国人中ダントツの参加者数だった日本からも、今回は参加者が少なかったが、留学中を含め何人かの若手と初めて会うことが出来た。外国人もウズベキスタンからの初参加など、34か国にわたったということで多様性は増した様子だ。

初日の午前は全体会、初日午後と2日目の午前・午後が各部会で、3日目は午前に全体会と閉会式、午後にエクスカーションという日程だった。私は初日午後は歴史部会(前近代史)、2日午前は地域研究(南部研究のセッション)とベトナム研究の資料・情報の部会(日本のベトナム研究の動向報告など)、午後に自分が報告する地域研究部会(タンロンに関するセッション)と渡り歩いた。自分のベトナム語がさび付いていて質問が理解してもらえなかったり発表のパワポで激しいスペルミスがあったのは悲しかったが、報告や質疑はそれぞれ面白かった。

歴史のセッションではポリヤコフ氏(ロシア)とグエン・ティ・フオン・チー氏が報告で取り上げた陳朝の「采邑」の性格をめぐりフロアからも意見百出で、私も日本の荘園制や高麗の土地制度などとの比較について意見を言った。
ポリヤコフ氏の仲間のロシアの研究者は、李陳時代の歴史編纂についてのお得意の発表もしていた(大越史記全書のロシア語訳を近く出すのでその準備と言っていた)。またこのセッションでは「宋会要輯稿・蕃夷道釈」の校簡をした中国の学者さんも来ていて、宋会要輯稿のテキストについて報告していた。

南部研究のセッションでは共同研究の代表だったファン・フイ・レー先生が扶南時代について報告した。扶南衰退の理由として、航海ルートの変化(マレー半島横断ルートからマラッカ海峡ルートへ)と「貿易帝国」扶南のルースな国家構造というおなじみの理由のほかに、4世紀から12世紀にかけては海面が上昇してメコンデルタの半分が海面下に没した(地質学の調査でわかったとか)ことが大きな理由だと言ったのが興味深かった。

ベトナム研究・資料の部会ではハノイ国家大東洋学部の先生が、チャンパーとササン朝ペルシアとの関係についてチームで研究した成果というのを発表した。ササン朝時代の直接の交流とイスラーム化以後に伝えられた「ササン朝の記憶」がごっちゃになっている点、ササン朝の活動とソグド人の海陸での活動など国外のイラン系コロニーの動きを区別しない点など、かなり「トンデモ史学」に近かった。日本でも一般の国際交流などでは「根拠のない俗説」がよく聞かれるが...

多くの部会でベトナム語のできない参加者向けの英語(一部は中国語)通訳が配置されていたが、とても優秀な人と相変わらずのお粗末な人が混在していた。歴史部会は残念ながら後者だった。中国の固有名詞をベトナム読みのままで発音して通訳になると思っている点は、そろそろなんとかしてほしい。プログラムはずべて越英併記されていたが、韓国人のベトナムへのdiasporaについての英語の発表でベトナム語タイトルがベトナムへのユダヤ人の移住にされてしまうなど、なかなか大変だった。



スポンサーサイト

バオカップ時代風のレストラン

ハノイ到着最初の夜、阪大から留学中のY君が予約してくれたチュクバック湖近くのレストランに留学生数名が集合。学会参加のため同じフライトに乗り合わせた京大のYMさんも合流。
P1080826前日の夕食はバオカップスタイルの店

ここはドイモイ前のバオカップ(ソ連式社会主義下の配給制の生活)の時代風にやっている食堂だそうだ。レストランのことも、今風のnhà hàngといわずにcửa hàng ăn uốngと懐かしい言い方をしている。
img736.jpg

注文はいちいち食券を買う方式。
P1080830.jpg  P1080828.jpg

ただし料理はけっこうおいしかった。ビールもコップこそ懐かしい耐熱ガラスのコップだったが、ちゃんと冷えていた。私が留学した86年当時でも、冷えたビールなどまずなく、氷を入れて飲もうにも氷すら品切れ、かたやビールは古くて気が抜け泡が出ない、ときには酸っぱい味がするなんていうのが普通だった。
P1080831.jpg


第4回ベトナム学国際会議

1998年から5年ごとに開催していたベトナム学国際会議が、突然「4年に1回」に変わり今日からハノイで開始された(明後日まで3日間)。場所は2008年の第3回と同じメーチーの国際会議場である。

P1080837.jpg

いろいろな連絡が直前に来るところは相変わらずのベトナム風。
大学を休んで来るには不便な時期なので、日本人は前回までよりずっと少ない。前回はおおぜい発表した留学中の若手も、アナウンスがまずかったようで、今回は数えるほどである。

今日の午前は開幕式+全体会で、午後から各セッション。私は歴史のセッションを聞きに行く。
旧知のポリヤコフ、グエン・ティ・フオン・チーなどが陳朝の「采邑」について発表したが、「土地所有」の概念が古いのと西欧封建制以外に比較のための知識がないのが問題。質疑で日本の荘園や高麗の土地制度について紹介したのだが、私のベトナム語でどこまで理解してもらえたか。
「宋会要輯稿蕃夷・道釈」の校訂をした人の発表があり、宋会要輯稿を作った時点での永楽大典の状況など勉強になった。

休憩時間などがダラダラ伸びるのは相変わらずだが、発表はパワポを使う人も使わない人もたいてい時間を守るのが、以前と違う。

陳朝のタンロンに関する私の発表(歴史でなく地域学のセッション)は明日の午後。


広電創業100周年

日本最大の路面電車ネットワークを有する広島電鉄が、開業100周年を迎えたそうだ。

28年前、1984年のゴールデンウイークに「乗りつぶし」に行った際の写真を紹介しよう。

廃止された京都市電の車両


橋を渡って己斐(西広島)に入るところ
img723.jpg

己斐以西の鉄道線専用の車両がまだ走っていた。
img724.jpg

終点の宮島口駅
img725.jpg

広島駅前に戻る。今のような屋根はなかった。
img726.jpg

宇品港の終点。今は位置がずれている。
img727.jpg

広電本社前にやってきた元西鉄北九州市内線の3連接車。
img728.jpg

こんな装飾電車も走っていた。
img729.jpg

江波の終点。デルタの海岸近くなのに小山があるのが広島の地形の面白さ。
img730.jpg

原爆ドーム前の有名な風景。右後方には広島市民球場の照明灯が見える
img731.jpg

原爆ドーム前を行く電車
img732.jpg
img733.jpg

白島にも行った。復元された101号電車(今回の100周年記念でも走っているようだ)。
img734.jpg

前にも書いたが、広電が日本の先頭を切って本格的なLRTに生まれ変われるように(グリーンムーバーなどの新型車両がフルに性能を発揮できるように)、行政も市民も支援をしてほしい。



植民地研究の現在

昨夜紹介した『歴史評論』12月号でもう1本の必読論文は、永原陽子さんの「植民地研究の現在」である。
永原さんなので当然アフリカ中心に書いているが、かつての「歴史なきアフリカ」から脱却してアフリカ研究者を中心にした、アフリカの住民を主体にした歴史を描こうという努力が、新自由主義でアフリカ各国の大学が崩壊させられた状況、ナショナリスト史観を批判するポストコロニアル研究の影響などのもとで繰り広げている苦闘・模索と、それでも「植民地暴力」などの切り口を通じてあげられている積極的な成果が要領よく紹介されている。
外国の研究者も、植民地責任の追及に協力するなかで宗主国政府によって隠されていた資料を発見するなどの役割を果たしているのだそうだ。

ポストコロニアル研究が、なんでも近代の創造物とすることによって植民地化以前の時代を見えなくしている(つまりはモダニズムに協力している!)という批判は、東南アジア「地域研究」についてもかなり当てはまるだろう。


大河ドラマの「平清盛」を支持するネット

木曜の毎日新聞夕刊で面白かった記事のその2は、「月刊ネット時評」の宇野常寛「大河『平清盛』を強く支持する 制作者も体制内改革者だ」という意見である。

「清盛」は画面が汚い、物語が解りづらいという批判が多く視聴率が低いが、ネットの世界では応援の言論が盛り上がっているのだそうだ。
宇野氏によればその論点は、
(1)「清盛」は非常に工夫して丁寧に作った作品である。
(2)TVドラマは「ながら」視聴でも理解できる平易なものでなければならない、ご当地のきれいな景色を写さねばならない、などの先入観がそもそも古い。「清盛」は大河ドラマの長大な放映時間だからこそできる表現を追求し、そのポテンシャルを大きく引き出している。
(3)清盛は現代日本と同じく行き詰まった平安期のシステムに対する、体制内改革者として描かれている。本作もTVの体制内改革を図る作品である。伝統的な内容とスタイルの「梅ちゃん先生」が(作品そのものはよくできていたが)高視聴率を取り、「清盛」が低視聴率に苦しむこの現実こそが、現代日本の陥った袋小路を象徴している。
(4)視聴環境が多様化した現在、「視聴率」という基準の信頼度は大きく低下している。「誰もが同じ話題で盛り上がれるように、誰もが簡易に楽しめる娯楽を無料で放送する」という考えは、現実に多様化している視聴者に最大公約数的な「標準」をムリヤリ押しつけることになっている。それよりバラバラなものをバラバラなままに共存できる状態を模索するほうが、今日的な公共性に資する。

「水戸黄門」なら「毎度おんなじ平易なつくり」でいいのだが、国民の歴史像に強い影響を与えている大河ドラマの場合、宇野氏の意見が基本的に正しいと思う。

「簡易だが低レベルな標準を全面的に押しつけ、それ以外のものを認めない」というNHK(や民放を含むTV業界)とそっくりな状況を30年以上前に示したのが、旧国鉄である。
国鉄が民営化に追い込まれた理由はたくさんあるが、国鉄自身の責任に帰すべき部分として、103系電車、キハ28・58気動車などその種の車両を、完全に時代遅れになるまで延々と大量生産し続けたという部分があった。それと現在のTV(地上波)は実によく似ている。TVが衰退産業から抜け出したければ、改革が必要だろう。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR