西本監督

西本幸雄さんが亡くなった。
スポーツ紙は各紙とも1面で報じていた。いちばん詳しいスポニチは、どのコンビニでも売り切れていて買えなかった。
「関西のパリーグ」の歴史を語る際に、鶴岡(山本)一人さんと並んで大事な監督だったことには、だれも異論がないだろう。

西本さんといえば「情熱」と選手の「育成」。ゴールデンイーグルスの創立時にこういう監督がいたら、もっと強くなっていただろう。
そして短期決戦に勝てない「悲運」。
あんなに強力なチームを作れる監督が、どうしてこんなに短期決戦には弱いのか、不思議でならなかった。
「江夏の21球」以外にも、「永田雅一とのケンカ」「土井正三の疑惑のホームイン」「山田久志が王に打たれた逆転サヨナラスリーラン」「最後の日本シリーズの最終戦で、救援投手を馬鹿にしていたS投手が、リードしたとたんに「オレが行く」と救援のマウンドに上がり、ボコボコに打たれて再逆転された事件」などなど、たくさんの悲運があった。

しかし、山田久志、加藤秀司、福本豊と後に名球会入りする選手が3人一度に入団するなど、幸運にもめぐりあっていたのだろう。ダリル・スペンサーや長池徳二も、忘れられない名選手だった。監督就任以前からの選手では、梶本隆夫に米田哲也、足立光宏に石井茂雄というあの豪華投手陣。「西本以後」に花開いた選手では今井勇太郎や高井保弘。75年からのV3に貢献する名手大橋穣や種茂雅之を東映からトレードで獲得したのも西本さんだった。

西本さんの弟子からすぐれた監督が出ていないのを、西本さんの限界とする論評を以前に見たことがある。たしかに山田や鈴木啓示は監督で成功しなかった。長池は監督になれなかった。そこそこの監督は梨田昌崇ぐらいだろうか(これから大石大二郎が監督に返り咲くことはあるか?)。ただし西本監督の下のコーチからは、上田利治と仰木彬が出ていることを忘れてはいけない。

喫茶店で見たスポニチに西本さんの年表が出ていたが、学生たちに現代史の重要人物として学ばせたい。
西本さん、どうぞ安らかに。




スポンサーサイト

ホークス日本一

先週末から英語の本(共編なのだが、いままで編者の役をサボっていたツケが回ってきた)の編集作業にかかりきりでTVもまったく見られず、終了から2日もたってしまったが、ホークス日本一で今年も交流戦・CSとパリーグ大勝利。1・2戦に連続して延長で負けたときは、ホークスは永遠に短期決戦に勝てないんじゃないかと思ったが、そこから盛り返すのだから大したものだ。

ブログを更新する暇もない間に、歴史学と歴史教育について非難のコメントがつぎつぎ来ている。
書いているのは、大学に職を得られないで苦労している方かな?

しかし
-相手の言葉をその文脈から恣意的に切り離し、自分の都合のいい文脈に置きかえて非難する。
-相手が言ってもいないことを、言ったとして非難する。
-相手は言っているのだが自分が気づかない事柄を、言っていないとして非難する。
-他の立場の人間ができないようなことを相手だけの義務だとして、それができないことを非難する。
などのやり口は、ほめられたものではない。

いちど、こういう自分の議論に自分で反論してみませんか?
それから非難すると、もっと説得力が出るでしょう。

在大阪ベトナム学生青年協会から支援の訴え

許可をえて転載します。
記事原文は http://nhatvietosaka.jp/log/lanshien2011.html にあります。

在大阪ベトナム学生青年協会から支援のお願いが来ました。
同会会員のランさん(留学生で博士課程2年)が、この秋、赤ちゃんが生まれた機会にベトナムからお母さんを呼び寄せたところ、脳内出血で倒れ、2度の手術をへて生命の危機はとりあえず脱したものの、発病から1ヶ月以上経過した現在も重体で入院中で、完治は難しいだろうということです。
 不運にもお母さんは旅行保険に入っていなかったため、大阪での医療費を全額負担せねばならず、ランさんとご家族はとても困っています。ご支援をお願いします。

日本ベトナム友好協会大阪府連合会は支援を呼びかけます。
 下記にランさんからの手紙を掲載します。ご本人からは支援を依頼する言葉や、いくらかかったかという言葉はありませんが、苦しい気持ちがにじみ出ています。大阪府連は支援を呼びかけます。会員の皆さん、HP読者の皆さんが募金を寄せていただけますように心からお願いいたします。 

募金の振込先
 郵便振替 00900-7-28286
 名義    日本ベトナム友好協会大阪府連合会
 「ランさん支援募金」と明記してください。
  振り込まれた支援金は、当会が責任を持って届けます。

 状況の説明
 市場経済化して日が浅いベトナムでは、個人で保険をかけるという習慣がまだ根付いていません。また日本の物価水準に見合った保証を受けられる保険をかけようと思ったら、ベトナム人の収入から見れば目の玉が飛び出るような掛け金が必要なのです。

*友好協会HPでは、このあとにご本人からベトナム人の友人たちに宛てた手紙が掲載されています。

アルナ車両のリトルダンサー・シリーズをご存じですか?

鉄道本をいろいろ出しているイカロスという出版社のムックの1冊を、本屋で発見して購入。


以前紹介した「鉄道ピクトリアル」の路面電車特集ほどの詳しさはないが、コンパクトにいろいろな内容を紹介している。特に勉強になるのはアルナ車両(旧ナニワ工機→アルナ工機)の超低床車「リトルダンサー・シリーズ」や、川崎重工業の超高性能バッテリーを積み架線のない区間も走れる「ハイブリッド路面電車」などの、メーカーの話である。広島電鉄の誇る国産5連接超低床車Green mover maxは残念ながら写真だけだが。

これを含め、このムックの基調は懐古趣味などではなく、新しい都市作りのための政策と技術である。その筋では名高い富山市の、中心部の路面電車復活を軸にした「コンパクトシティ」構想も要領よく紹介されている。九州の路面電車の紹介では、長崎(路面電車維持のために兼業のバスを切り離した)と、熊本・鹿児島(どちらも市営でありながら、超低床車導入や、美観とヒートアイランド現象防止の両面で有効な軌道の芝生化など、先進的な施策を実施し乗客数も維持している)の両方を公平に紹介しており、「なんでも民営が良くて公営は駄目」という偏見とは一線を画している。

欧米(米国も!)や中国はLRT(高性能路面電車を中心とする、鉄道より小型の軌道交通システム。そのための車両をLRVと呼ぶ)の建設ブームであり、近畿車輛のアメリカ向けLRV輸出など、日本のメーカーはそこに進出している。ところが肝心の国内では、LRVがそれなりに各地の既存路線に導入されてはいるものの、システムとしての路面電車に対しては相も変わらず、地域レベルでの「時代遅れ」「赤字」「自動車交通の邪魔」などの古い古いイメージがぬぐえないままである。このため、国土交通省が後押ししているにもかかわらず、LRT建設(や既存路線の延長とLRT化)は進まない。TPPへの各地域の反対などは理解できるとしても、関西では堺市のLRT否定が示した通り、LRTの問題では地域の側がはっきり遅れている。不勉強だと言わざるをえない。

コンビニで買った夜食のケーキ
P1050700.jpg

朝刊には推理作家の土屋隆夫氏の訃報が出ていた。「影の告発」「天狗の面」など大学生時代に一生懸命読んだ覚えがある。日本の推理作家では、中学時代の松本清張と横溝正史に始まり、高校時代に高木彬光と森村誠一、そして大学時代は鮎川哲也と土屋隆夫などを主に読み、最後は内田康夫と島田荘司にちょっとかかったぐらいで勤めが忙しくなって放棄、というのが私の読書歴だった。

東南アジア彫刻史研究会のお知らせ

私が行きたいのにいつも忙しくて行かれない研究会の案内である。
もともと文献史料が乏しいために美術史や考古学が大きな役割を果たしてきた東南アジア古代・中世史だが、その中身は昔とすっかり変わってきたらしい。

科学研究費補助金研究班「南アジアおよび東南アジアにおけるデーヴァラージャ
信仰とその造形に関する基礎的研究」(研究代表者肥塚隆)の研究会を次の通り
開催いたします。一般の方々にも公開していますので、興味のある方にお知らせ
いただければ幸いです。
今回は、本科研が年末年始に予定しているミャンマー調査の準備を兼ねて、スラ
イドによる資料紹介を中心とする発表を渡辺佳成、寺井淳一両氏にお願いしまし
た。 多くの方々のご参加をお待ちいたします。

                          
日 時:2011年12月10(土)13:30~17:30
会 場:大阪人間科学大学正雀学舎(大阪薫英女子短期大学) 5号館1階第2会議
室 アクセスは、末尾をご覧ください。


発表者:渡辺佳成(岡山大学)
題 目:ピューおよび「モン」の諸遺跡と出土品について
概 要:10世紀以前のミャンマーの歴史を考える上で重要な手がかりを与えてく
れる、エーヤーワディー河中流域およびシッタウン川下流域のピューおよび「モ
ン」の諸都市の遺跡について概観し、その出土品などを紹介し、当時の各地域の
宗教、文化について考える。そして、それらがパガンにどうつながっていくのか
についても、考えてみる。

発表者:寺井淳一(東京外国語大学博士後期課程)
題 目:パガン遺跡の概要
概 要:ミャンマーのエーヤーワディー河中流域に残されている、11世紀から13
世紀にかけて造営されたパガン遺跡の建築的及び美術的な諸要素を概観する。そ
の際に、先行するピューの遺跡、及びインドやスリランカの諸遺跡との関連を指
摘する。また、今回の調査旅行で見学する予定の諸寺院について、その特徴を年
代順に紹介する。

【問合せ先】
〒566-8501大阪府摂津市正雀1-4-1
大阪人間科学大学/大阪薫英女子短期大学 橋本康子
TEL:06-6383-6441(代表)
FAX:06-6383-6472
E-mail :takashikzk[a]mva.biglobe.ne.jp(肥 塚 隆)
*** *** *** *** ***
【大阪人間科学大学正雀学舎(大阪薫英女子短期大学)へのアクセス 】
大阪人間科学大学/大阪薫英女子短期大学のホームページ
http://www.ohs.ac.jp /access/あるいはhttp://www.ohs.ac.jp/access/
をご覧ください。


上の会とは関係ないアンコール遺跡・バンテアイスレイ寺院の写真である。

宗教史を理解するポイント

阪大歴教研の公式ブログの教員も記事を書くように言われ、宗教史を理解するポイントについて書いた(月曜日に掲載予定です。右のリンクボタンからどうぞ)。

先に補足を少し。どれも阪大では再三再四話してきたネタだが。

第一。歴史上のバラモン教・ヒンドゥー教(どのへんで両者を区別するかはむずかしい)を「インドの民族宗教」と教える先生がいるが正しくない。
インドは単一民族国家ではない(そもそも英領以前に単一帝国に統一されたことすらない)。
しかもアンコールワットやバリ島の芸能を見ればわかるように、ヒンドゥーは東南アジア各地に影響を与えている。ちなみに「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」は東南アジアにも大きな影響を与えているが、あれは世俗文学ではなく、バラモン/ヒンドゥー的な世界観を濃厚に反映した作品である(それを知らないと、イスラーム化したジャワやマレー半島でラーマーヤナを題材にした影絵芝居が演じられ続けることの面白さがわからない)。

現在のインドではヒンドゥー教を国民統合の軸にしようとする勢力が、国民会議派など世俗主義政党に対抗して大きな力をもっているが、これはネーション(国民)の統合を主張しているのであって、エスニックなレベルと混同される「ヒンドゥー民族主義」の訳語は適切でないだろう。

第二。イスラーム世界での他宗教の扱いを教える際に、
・教義のうえでユダヤ教、キリスト教を全否定していないこと、
・租税負担や金融などいろいろな面でイスラーム社会が異教徒の存在を必要としたこと、
・コプト教徒やアルメニア教徒など東方キリスト教徒の諸集団の存在
などをしっかり教えたい。
最後の点は、カトリックとプロテスタントだけがキリスト教であるかのような「西欧崇拝」の歴史像を解体する課題にもつながる。

「東南アジアの仏教は古代から上座(部)仏教だったわけではない」「イスラームを「厳格な一神教」と教えることの問題点」「古代インドのヴァルナと近代のカースト制を直結する歴史像の誤り」などは、常識だからもういいですね。

それより、みなさんはインドで仏教が衰退(本土では消滅に近い状態)した理由をどう説明しますか。
北インドではイスラームにひどく攻撃されたこともあるだろうが、
全インド的に見てより大事なのは、ヒンドゥーとの「取り込み合戦」に敗れたこと。密教はヒンドゥーの神格の多くを「天」などの形で取り込み「仏」より下位に位置づけたが、相手も同じことをしていた。最後はブッダは「ヴィシュヌ神の化身のひとつ」のような形にされてしまったのだそうだ。

ちなみに新興宗教などが既存の宗教を批判する際にも、「全部誤り」と切り捨てるパターンと、「うちの宗教はお前らを包括するより上位の(より総合的な)信仰なのだ」と取り込んでしまうパターンと両方ある。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR