スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚えることと考えることの関係

中学時代に国語の教科書で習って以来私が好んでいる論語の言葉に、「学びて思わざればすなわちくらく、思いて学ばざればすなわちあやうし」というのがある。覚えただけで考えなければわかっていることにならない、考えるだけで覚えなければそれはアブナイ」といった意味だろう。

この場合、「学ぶ」と「思う」は車の両輪であって、どちらが先とかどちらが基本でどちらが応用という関係にはないだろう。

ところが日本の教育は、「型を覚え込む」ことを優先的に先にすべき基本として扱い、「その型の背後にある心(考え方)」を身につけるのを「後回し」にすることが多い。芸事や武道でもスポーツや学校教育でも、たいていそうだ。そうするとたいていの場合、「心」を理解する訓練が受けられるのは、「型」を完璧に身につけた少数の優秀者だけ、ということになる。

それでいいのだろうか。

「はねるはねない、出る出ない」を完璧に覚えた者しか、漢字といううふしぎふしぎな(とても面白い)文字の特質を考える機会をあたえられない。
中国の王朝名を全部暗記した者しか、中国史の世にもケッタイな(困った点も多いがしかしこれも知的興奮をそそる)特徴を考える機会を与えられない。
記号・語句の記入やマークシートの試験が完璧にできる者にしか論述式の訓練をしない。

それでいいのだろうか。

プロの養成ならそれでもいいかもしれないが、全員が学者になどならない初等・中等教育がそれでいいのだろうか。

少数のエリート以外は右肩上がりなど決まった世の中の仕組みに従って働いていればいい時代ならそれでもいいかもしれないが、21世紀にそれでいいのだろうか。

少数の支配者の命令にみんなが従う社会ならそれでもいいかもしれないが、民主主義社会にそれでいいのだろうか。

外国人との接触など限られた人間にしか機会がなかった時代ならそれでもよかったかもしれないが、国内の、それも地方社会が外国人労働者や観光客なしには成り立たない時代に、それでいいのだろうか。

プロの養成でも、ベンチのサインで大部分のプレーをコントロールできる野球ならまだありかもしれないが、それが不可能なサッカーやラグビーの選手の養成に、そういうことをやっていていいのだろうか。

ここまで書いても、まだ反論はあるだろう。
「そんなことを言っても子供は強制しなければ勉強などしない」
そうかもしれない。だがそれなら、「覚えること」だけでなく「考えること」も強制しようではないか。

野球で一流でない外国人打者を「ボールになる変化球で三振させる」ことはは並みの投手もできるが、サッカーの日本代表はトップクラスの選手でも国際試合になると(セットプレーは別として)永遠に「決定力不足」に泣かされ続ける、それは「型」を先にする日本的教育の光と影を明瞭に示すものではないのだろうか。




スポンサーサイト

説明力の不足

全国学力テスト(これ自体はやめた方がいい。学校別成績公表なんて自殺行為)の結果について強調される「説明力の不足」。

これを自分たちも改善に全力をあげなければならない(ある意味で絶望的な)問題だととらえない高校教員や大学教員がいたら、それは幸せな人たちだ。
たくさんあるほかの課題を理由に「説明できるのは少数の秀才だけ」という状態を放置できるほど、21世紀の日本社会には余裕がない。

新しい漢字文化の必要性

漢字でもう1件、これも年中言っていることだが、東アジア諸国の対立(相互無理解)の背景に、どの国も漢字文化が衰退したことがあります。昔の漢字文化にはたしかに福沢諭吉が批判したような欠点があるのですが、それを乗り越えた新しい漢字文化(それはたとえば、中国中心主義とは違う多様な漢字文化という観点が必須)を創造しないと、英語だけで東アジアの相互理解なんて絶対に、絶対にできません。

ちなみに漢字は専門家の間では「表意文字」でなく「表語文字」という言い方を使うことがあります(英語ではロゴグラフィーという言葉があるそうです)。つまり漢字には擬声語・擬態語を文字にしたものがたくさんあり(諸橋大漢和辞典などみればたくさん出てきます)、意味を表した文字とは限らないけれども、すべてが一種のロゴであり、必ず1字が1つの意味をもち、アルファベットや仮名のように単独では意味を持たない文字というのは(原則として)存在しないということです。

もう1点、科挙がある国では、漢詩を含め韻文が作れないとインテリとは認められません。漢字は表意文字だから筆談ができるなんて言ってるのは、日本に科挙がなかった(平安時代に放棄してしまった)からです。朝鮮やベトナムから中国に朝貢に行った使者は、自分の国が蛮族の国ではないと証明するために、一生懸命漢詩を作ります。しかも、漢詩の押韻というのは、日本の漢文の授業で習うような行末だけ揃えるというものではなく、全部の文字の「平仄」を合わせねばなりません。だからベトナムでは、漢字の字体はずいぶんルーズですが韻は必至に覚えます(ほとんど漢字を表音文字だと思ってるんじゃないかと感じることがあります)。

漢字の字体

今日は神戸大附属で歴史基礎の公開研究会。だいぶん進展があり、大学の授業のヒントをたくさんもらったことを含め収穫大だった。

それはさておき、帰宅して読んだ夕刊で目についたのが、数日前から報道されているが、「漢字のとめ、はねなどの基準をゆるやかにする」という件、これはきわめて重大である(私はこれに大賛成)。
「はねるはねない、出る出ない」にこだわる日本の教育が、世界を席巻した工業製品の品質を生んできたことは高く評価したいが、しかし21世紀にはちがった教育が必要だろう。
そもそも、日本人は漢字文化をきわめていい加減にしか理解していない(東洋史の漢文で落ちこぼれた私がこんなことを偉そうに書くのを中国史のT先生やU先生が見たら泣き出しそうだが)。現在の字体の基本は清朝の康煕字典で定められたものだが、その清朝のいちばん基本史料である『大清実録』を見てみなさい(本来の実録は印刷せず。写本を数部作って皇帝の閲覧に児湯したり供したりのちの正史の編纂の材料にするだけ。昭和天皇実録を印刷するなんてとんでもない)。当然膨大な実録の写本を一人で作れるわけはないからいろんな字体があって、はねやとめもそれこそ色々です。それでいいのです。はねやとめばかりこだわって、漢字が純粋な表意文字であるかのようなデマを教えている日本の漢字教育はやっぱりズレています。

それに関連して、言語学者の親友と数日前にFBで論争したのが、漢字を手で書かせる試験はもはや無用ではないか、電子機器で入力できるかどうかの試験の方が必要ではないかという意見である。たとえば歴史の知識について暗記で問うより、スマホで調べさせる試験の方が意味があるだろうというのは、私も以前から言っている。ただし少数の文字を覚えれば入力できるローマ字や仮名、ハングルと漢字は性質が違うので、私は基礎の手書きの訓練は必要だと主張した。
それは、電子機器で漢字を入力するのは、(純粋な図形として入力する方法は可能なのだが)読みも偏旁も知らなかったらとても困難だろうという問題に由来する。中級以上になればもちろん、「憂鬱は書けなくても読めて入力できる」という状況になるのだが、それは基礎ができているからではないか。そして基礎の漢字をと漢字のルールを身につけるのに、手書きより良い方法を私は知らない。
脱線だが、歴史総合などの教育でも、史料とは何かを理解させるのに、学習者に写本を作らせるという方法は有効である。

「政治的中立性」とは高校生に棄権しろと教えることか?~学校と選管の役割の違い

昨日の毎日新聞夕刊(大阪本社管内)の「ぶんかのミカタ」欄は、松下良平氏(武庫川女子大教授)の「18歳からの一票下」。ネットにはまだ出ていないようだ。

 たしかに学校では特定政党の指示や反対のための教育は許されない(教育基本法14条2項)。だが中立性の意味を曲解すると、政治について「判断力」(学校教育法30条2項)を養えなくなるおそれがある。政治的判断とは多様な見解のいずれかをより重んじることであり、その点では中立はありえないからだ。今日の若者たちは政治に関心があっても、政策の読み解き方がわからない、という声をよく聞く。両論併記の情報提供にとどまれば、手に余る情報を前に、かえって政治判断に尻込みする若者が増えるかもしれない。
 主権者教育に欠かせないのは、自ら政治判断を下し、他者の見解に照らしながらそれを批判的に捉え直す実践である。そのとき政治的中立性とは、政治的判断の自由を保障し、他人や周囲に流されないよう自律を促すことである。そのためには教師が「他者」となって、異質な(偏った?)見方を紹介することも必要になる。
 一方、この自由や自律を尊重せず、いかに人をうまく騙すかに腐心してきた人ほど、己の似姿を恐れてか、「偏向教育」に神経を尖らせるようだ。歴史を顧みればわかるが、おそらく彼らはSEALDs(シールズ)のような「まつろわぬ」若者の台頭もまた恐れている。

大賛成である。言いかえれば、学校に「政治的中立性」を求める議論の多くは、学校と選管をいっしょくたにしている。
それでは、政治に「唯一の正解」があるかのような誤解は永遠に払拭できない。それでは一党制は可能でも民主主義は維持できない。

地球研東京セミナー

文理融合型の歴史研究・教育のヒントが満載?

総合地球環境学研究所(京都)の東京セミナーが、
今週金曜日、有楽町で開催されます。
申し込み制(入場無料)となっておりますが、
現在のところ当日参加も可能です。
是非御来場ください。

日 時 2016年1月29日(金) 13:30 - 16:30(13:00 開場)
場 所 有楽町朝日ホール
テーマ 「人が空を見上げるとき-文化としての自然」
13:30 - 13:35
開会挨拶:窪田 順平(総合地球環境学研究所 副所長)
13:35 - 13:50
趣旨説明:阿部 健一(総合地球環境学研究所 教授)
13:50 - 14:20
講 演①:後藤 明(南山大学 教授)
「夜空の景観学―人は星を見て何を思ってきたのか」
14:20 - 14:50
講 演②:鎌谷 かおる(総合地球環境学研究所 プロジェクト研究員)
「空を読む人々―江戸時代の日記に見る「空」へのまなざし」
14:50 - 15:20
講 演③:大西 拓一郎(国立国語研究所 教授)
「太陽と語るひとびと―庄川流域の敬語から考える―」
15:20 - 15:40 ~休 憩~
15:40 - 16:30
パネルディスカッション
(司会)石山 俊(総合地球環境学研究所 プロジェクト研究員)
(パネリスト)窪田 順平・後藤 明・鎌谷 かおる・大西拓 一郎・
檜山 哲哉(名古屋大学宇宙地球環境研究所 教授)

問い合わせ先
総合地球環境学研究所 連携推進室 広報係
Tel: 075-707-2128
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。