FC2ブログ

春の叙勲

例年5月3日に発表される春の叙勲が、天皇退位のため今日にずれ込んで発表された。
春の叙勲と対になる秋の叙勲については、院生時代、朝の新聞に目を通すのが義務だった。東洋史関係の学者が受勲した場合、同日に開催される東洋史研究会大会で、その先生に懇親会の乾杯の音頭をとってもらうという習慣があったからだ。編集委員をしている院生は、そのために新聞に目を通すように言われていたのである。

さて、今回は知ってる歴史やアジア学の先生がたくさん並んでいる。東南アジアではベトナム近現代史の白石昌也、地域研究の立本成文、日朝関係史の田代和生、フエ王宮の修復などに関わられた建築史の中川武さんの名前もある。

知ってる人が多いのは、団塊の世代が対象年齢になってきたこともあるだろうが、大事なのは、その世代で新しい分野のアジア研究に取り組む人が増えたということだろう。背景に中国革命と毛沢東思想、ベトナム戦争、「日米同盟」と日本の東南アジア経済進出などいろんなことがあったというのは、今に若い人たちには特に教えないとわからないだろう。

で、外国人の受勲者を見ると、ナムディン日本語・日本文化学院校長のファム・フー・ロイ(62)という名前がある。
これはホーチミン市で旅行ガイドをしていたあのロイさんに違いない。
1986年、冨田健次先生が引率する学生の旅行にもぐり込んで初の訪越をしたとき、最初に入国したホーチミン市から北上してフエ・ダナンまでの行程を案内してくれたのがロイさんだった。ハノイに日本語科が最初に出来た外国貿易大学の出身で、当時の日本語通訳のなかでは、とても上手な人の一人だった。
その年の秋にハノイ留学がかない、88年の旧正月を利用してホーチミン市・メコンデルタからハノイまで南北縦断旅行をした。そのときもロイさんが案内してくれた。一緒に行ったのは細井佐和子さんとドイツのマルティン・グロスハイムだった。
たしかロイさんとは、その後来日した際に東京で会ったこともある。
ナムディンが故郷だと聞いたような、かすかな記憶がある。

しばらくナムディンを訪ねていないが、また行きたくなった。
スポンサーサイト



「大阪都」に向けた住民投票に関する規定と広域行政の必要性

弁護士のUさんが、提案されている「住民投票」について、以下のように教えてくれた。

>大都市地域における特別区設置に関する法律というのが根拠法律です。
要するに大阪市をいくつかの特別区に分けて大阪市が消滅するというだけのことを定めていますので、住民投票は大阪市民のみです。
大阪都構想は、構想ではありますが、法律上のことばではありません。
特別区とは何か、地方自治法に定めがありますが、現在では東京都にのみ設置されています。
いちおう地方自治体です。但し他の地方自治体と比較して、権限は弱いです。
東京市が東京都になったのは、戦争中に首都防衛上権限を強化する必要があったためで、戦後もそのまま残っているだけです。東京の場合でも特別区についてはいろいろ問題点が指摘されています。
大阪市がなくなって4つや5つの特別区ができても、東京のようにはすぐになりません。規模が小さすぎます。東京都のようなものをイメージするなら、堺や東大阪その他ほとんどの周辺の自治体も特別区にしていく必要があります。ところが、前記の法律によれば、特別区と隣接する自治体については、議会の決議のみでOKとされていますので、そのときには住民投票は不要です。たとえば、住民投票なしに豊中市は廃止され、特別区にされます。
したがって、大阪市以外でも住民投票をすべきだという声も、かなりあります。しかし、立法当時はあまり議論されなかったようです。そもそも特別区設置法はあまり注目されずにできたもので、法律制定時にはあまり議論されなかったと思います。自治体を合併するときの法律をまねしてつくったような簡単な法律です。
というようなことで、住民投票は大阪市民のみということになっています。

これは知らなかった。
いずれにしても、「東京のようになりたい」といういじましい根性が支持できないのは、全く変わらない。
ここまで東京に精神的に支配されているとは救いがたい(難しい言葉で言う「内面化された隷従」)。こんなやり方では永遠に東京に追いつけないどころか、神奈川や愛知に付けられた差も広がるし、京都や神戸の人々にもますます馬鹿にされるというのが、どうしてわからないのだろうか。

ただ同時に、広域行政の必要性を認識しない反対論が無力であるという点でも、私の意見は変わらない。
必要性の最たるものは外国人への多言語・多文化対応だ。いま必要なのは英語・中国語・韓国語だけではない。ベトナム語、タイ語、インドネシア語、ネパール語...多数の言葉が必要だ。小さな自治体でその要員を揃えるのはもちろん不可能で、阪大外国語学部のような専門家のプールと連携しながら、必要な場所に必要な通訳・翻訳者や各種の指導員等等を送り込む体制を作らねば、新入管法と外国人労働者受け入れも、また外国人観光客への対応も、十分できないことは明らかだ。問題はそこで、自治体側が小さすぎると、広域の司令塔や連絡調整役がどこにもおらず、適切な通訳派遣の依頼や監督ができないということである。それを放っておくと、使われる通訳側も低賃金でトンチンカンな使い方ばかりされることになるし、通訳や翻訳を依頼した結果も、「堺筋がサカイ・マッスルに化ける」のと大差ない事態に陥る(現にそういう例は簡単にみつかる)。なぜ「自動翻訳」と「日本語のできる留学生に丸投げ」や「英語の出来る市民のボランティア」だけではダメなのかを想像もできない職員しかいないような小さな自治体に、通訳・翻訳を伴う業務を任せてはいけないのだ。それは大型の免許を持たない人間にトラックやバスを運転をさせるのと、それほど違わない。




大阪自由大学通信77号

こういうのも来た。盛りだくさんな活動。発行責任者の池田さんは元毎日新聞の編集委員。「スポーツ連続講座」が興味深い。

大阪自由大学(Osaka Freedom University)通信 77号
                         学長 倉光 弘己
                       http://kansai.main.jp/ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□□■□■□■□■□■□■


●特別講演会
☆「北朝鮮情勢を考える」=4月12日(金)18:30~20:30
 講師は平井久志さん(ジャーナリスト、共同通信客員論説委員)
 平井さんには、朝鮮半島情勢が変動するたびに語っていただき、今回で5回目になります。
 会場は大阪市総合生涯学習センター第4研修室(大阪駅前第2ビル5階)
 資料代 000円。定員30人。
 自由ジャーナリストクラブ、アジア図書館との共催。

☆「海の回廊、<海峡>からアジアの多様性を考える」=4月16日14:00~15:30
 マラッカ海峡はアジア諸地域を世界に結ぶ物流・人流の大動脈です。この海峡に浮かぶペナン島は30余の民族が共存する「小世界」です。この小島の100年から21世紀アジアの共存の姿を展望します。
 講師は重松伸司さん(立教大学アジア地域研究所特任研究員)
会場は 淀屋橋マスターズ情報館
(大阪市中央区伏見町4-2-14、WAKITA藤村御堂筋ビル地下1階、地下鉄淀屋
橋駅13番出口すぐ)。定員30人、参加費1000円(資料代など)

●特別講座「廣江輝夫さんによる<終活設計講座>」
 自らの老後について考え、後悔しない老後生活を送るためのポイントとはなにか、多くの人々の死をみつめ、遺族に付き添ってこられた廣江さんに語っていただきます。
(1)4月9日「エンディングノートの活用法」
(2)4月23日「理想の葬儀を考える」
 講師 廣江輝夫さん。公益社の遺族サポート「ひだまりの回」の設立時から運営スタッフとしてグリーフケアに取り組む。
 いずれも火曜日、14:00~15:30 会場は 淀屋橋マスターズ情報館
(大阪市中央区伏見町4-2-14、WAKITA藤村御堂筋ビル地下1階、地下鉄淀屋
橋駅13番出口すぐ)。定員30人、参加費は各回1000円(資料代など)

●「連続講座「新・大阪学事始」を開講中です。
 これからの大阪をどのように考え、つくりあげていけばいいのでしょうか。私たちは、大阪の歴史、文化をみつめるためにこれまで5年間にわたって連続歴史講座「大阪精神の系譜」(14期、計43回)などを開講してきました。それらを整理し、足元から再度、大阪のビジョンを描いていきたいと思っています。
会場は 淀屋橋マスターズ情報館
(大阪市中央区伏見町4-2-14、WAKITA藤村御堂筋ビル地下1階、地下鉄淀屋
橋駅13番出口すぐ)。定員30人、参加費は各回1000円(資料代など)

★「新大阪学事始」特別編 大阪の歴史散歩~歩けば歴史が見えてくる~
①北船場を歩く
4月19日(金)午後2時、北浜駅(京阪、地下鉄)25番出口を出た広場に集合。
 明治末期の商家のたたずまいを残し、今も事務所と使用されている国の重要文化財で
ある旧小西儀助商店(現コニシ)の内部を見学(通常は非公開)。くすりの道修町資
料館などを巡ったりしながら商都・大阪の歩みをたどります。所要2~3時間。
②現代版・七墓巡り
4月30日(火)午後2時、地下鉄谷町線・阿倍野駅6番出口を出たところに集合。
 江戸から明治にかけて流行したらしい<大阪七墓巡り>の現代版を試みます。五代友厚
ら著名人が眠る阿倍野墓地や、大塩平八郎親子の墓(成正寺)や緒方洪庵夫妻の墓
(龍海寺)などを回ります。所要3時間強。
◇案内人 元毎日新聞記者 長谷川信正さん。◇定員各20人 ◇参加費 各1500円
 いずれも小雨決行

★4月は「関西再起動」シリーズ経済編
(講師は池永寛明・大阪ガスエネルギー文化研究所長)
(1)4月9日「ルネッセ(再起動)「場」・大阪の失われた30年を考える
(2)4月16日「ルネッセ(再起動)「混」・大阪の実相を考える
(3)4月23日「耕」・大阪のこれからを考える
 注=いずれも火曜日、18:30~20:00、会場はおおさかシニアネット(大阪市中央区本町3-5-5、カネセビル3階 地下鉄本町駅3番出口より徒歩1分)

★5月は「大阪の戦後文学―ようやく在阪で活躍できる時代になって―」
昨年、「大阪の近代文学」をテーマに、宇田川文海、梶井基次郎から藤澤桓夫、織田作之助まて丹念な地図と年表を使った分かりやすい講義で好評をいただいた高橋俊郎さんに再登壇していただきます。
(1)5月7日「司馬遼太郎と山崎豊子」
(2)5月14日「開高健と小田実」
(3)5月21日「田辺聖子と宮本輝」
 いずれも火曜日 14:00~15:30 淀屋橋マスターズ情報館 <文学散歩>5月28日(火)14時~16時(予定)。参加費1500円 、定員15人

★6月は「地震の日本史ー関西を中心にー」
(講師は地震考古学者、寒川旭さん)
(1)6月4日「古代と中世」
(2)6月11日「天下統一期」
(3)6月18日「近世から現在・未来に」
 注=いずれも火曜日 14:00~15:30 淀屋橋マスターズ情報館

★7月は「資料に触れて探る『大阪社会運動史』―大正から戦前の昭和期―」
 大阪100年の社会運動史の一次資料数万点を所蔵する大阪産業労働資料館(エル・
ライブラリー)の実際の資料を使ってワークショップ形式で読み解きながら大正から
戦前の昭和期までの労働者や市民の歴史をたどります。
 解説はエル・ライブラリー館長、谷合佳代子さんと同館特別研究員、黒川伊織さ
ん。
(1)7月1日(月)「造船争議の嘆願書からみる大正時代の労働争議」
(2)7月8日(月)「政治家・弁護士田万清臣コレクションに見る発禁雑誌など」
(3)7月22日(月)「三色旗と映画従業員組合。戦争に向かう中での労働運動」
 ◇日時 いずれも月曜日、14:00~16:00
会場 大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)=大阪市中央区北浜東3-14府立
労働センター(エル・おおさか)4階。定員 各15人 参加費 各1000円

●スポーツ連続講座「スポーツ近代史余話―その真相を探る(その3)―」
 スポーツは、時代相を色濃く反映して普及しました。それぞれ流れの中で、スポーツはどのように生きながらえたのか。抵抗することもあれば、迎合もした。いろいろな事案を通して、考えて見たいと思います。
 講師は大阪スポーツマンクラブ会長、玉置通夫さん)
 会場はおおさかシニアネット(大阪市中央区本町3-5-5、旧カネセビル
 3階 地下鉄本町駅3番出口より徒歩1分)。定員40人、参加費 各回1000円
開催時間は18:30~20:00

3、4月11日=プロ野球と日本語化闘争(昭和14年)
4、5月9日=中等学校野球、突然の中止命令(昭和16年)
5、6月13日=戦時下、延長28回の大熱戦(昭和17年)
6、7月11日=究極のプロ野球元日大会(昭和20年)
7、9月12日=プロ野球の国民リーグ(昭和22年)
8、10月10日=大阪の公立高校唯一の甲子園優勝(昭和24年)
9、11月14日=プロ野球の2リーグ分裂(同)
10、12月12日=高校ラグビーとサッカー大会の分離(昭和36年)

☆スポーツ特別講座「ラグビーを楽しもう!」
(1)6月1日(土)「ラグビーの歴史、近代英国とラグビー」
(2)6月15日(土)「W杯を展望する」
 講師は高木應光さん(日本ラグビー学会理事)
 会場はおおさかシニアネット(大阪市中央区本町3-5-5、旧カネセビル
 3階 地下鉄本町駅3番出口より徒歩1分)。定員40人、参加費 各回1000円
 開催時間は14:00~15:30

●「道浦母都子の短歌塾」

 隔月土曜日開催。次回は4月13日(土)14:00~16:00
上田学園中津校舎(大阪総合デザイン専門学校)
(大阪市北区中津1-7-21。地下鉄・御堂筋線中津駅(5)号出口より徒歩す
ぐ、阪急電車中津駅より 徒歩3分)
参加費は2000円。参加希望者は事務局にご連絡ください。
参加される方は、次回は題詠「緑(みどり)」と自由詠1首の計2首を事前に提出してください。次回に取り上げる歌人は「福島泰樹」です。
原則 偶数月の第2土曜日に開催します。

●読書カフェ(案内人、三室勇さん)
 次回は4月20日(土)17:00~18:30 北浜教室
 参加費500円。定員15人。
 中尾茂夫『日本が外資に喰われる』(ちくま新書 2019.3)をとりあげます。
 平成の30年とは「失われた30年」だったといってもよいでしょう。何が失われたのか。いまそれをじっくりと考える必要があると思います。経済学者である著者は「失われた30年」という時代推移を決したものは、外的要因だったといっています。えっと思うような話です。どんな要因であったのか、知りたいところです。
(出版社紹介文)
外資系が増え、英語が日常生活に不可欠となり、かつての日本的経営も細りつつある時代にあって、時代転換の出発点となった不良債権処理ビジネスに関わる政治経済力学を中心に、いかにして「失われた三十年」が演出されたのかを解きあかす。

●連続講座「東アジアを考える」
 現在、企画中。

●ソーシャルビジネスラボ
 大阪自由大学はソーシャルビジネスラボに挑戦します。ソーシャルビジネスラボは、社会貢献につながるビジネスを目指すみんなが集まるコミュニティです。新しい時代を切り開く若い人たちと社会経験が豊富な高齢者の世代交流の場であり、さまざまな知的交配を繰り広げていきたいと願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大阪・自由大学の活動にはどなたもご参加いただけます。大阪の課題に限らず、いまの日本、世界の動きをみつめながらともに考えていくべきテーマについてご意見、ご提案をお寄せください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪市中央区平野町2-2-9 ビルサライ701号(〒541-0046)
一般社団法人 大阪自由大学
電話 080-9740-0101 FAX 06-6226-5596
E-mail: kansaiforum(a)gmail.com  URL: http://kansai.main.jp/
発行責任者 池田 知隆

お願い

既にFBに書きましたが、大量の写真ファイルが行方不明になり困っています。
鉄道・野球やスイーツの写真だけでなく、海域アジア史・グローバルヒストリーと歴史教育関係の2006年以後の写真が大量に失われました(科研やタンロンなどベトナム史調査だけは大体バックアップを取ってあったのですが、それも最近の国際会議などは一部しか残っていません)。
私が写っている写真だけでなく、私が出ている学会・研究会(食事や懇親会も)、一緒に行った調査地などの写真をお持ちの方がおられたらご連絡ください。少数なら添付ファイル、多数なら圧縮ファイルで送っていただくかクラウドにアップしていただく、近くの方はUSBでいただくなど方法はご相談しましょう。
伏してみなさんのご協力をお願いします。

桃木至朗拝

政治学者・白井聡さんが語る 安倍政権の今

https://mainichi.jp/articles/20180517/dde/012/010/004000c
おとといの毎日新聞夕刊。

前半は4月に出した『国体論 菊と星条旗』の中身の紹介。
天皇のかわりに米国を戴く戦後日本の「国体」。自民党を中核とする日本の政治権力は「『アメリカに従う政治的理由を見つける』ことに狂奔してきた」。
<本物の奴隷とは、奴隷である状態をこの上なく素晴らしいものと考え、自らが奴隷であることを否認する奴隷である。さらにこの奴隷が完璧な奴隷である所以は、どれほど否認しようが奴隷は奴隷にすぎないという不愉快な事実を思い起こさせる自由人を、非難し誹謗中傷する点にある>(読点の位置を一部修正させていただいた)。
こういう日本の支配層は朝鮮戦争の終結を嫌がっている。

後半は安倍内閣支持層の分析。「『統治機構が実はこんなに頼りになる』というファンタジーを信じたい人たちが大勢いるようです」
「安倍さんは名言を残しました。『何かをやっている感じが大事だ』と。これはまさに今日の時代精神です。本当にやっているかではなく、そう見えることが大事だと」。

最後の部分は30年前の「社会主義ベトナム」とよく似ている気がしてならない。あのときも政府と党は社会主義建設と祖国防衛に向けて常に「何かをやっていた」。それは全然上手くいかなかったのはすべてアメリカ帝国主義や中国覇権主義のせいだった。
いまの日本政府も「女性改革」「働き方改革」などなど常になにかをやっている。ひどくまずいことがおこったら、それはすべて北朝鮮や中国の工作員のせいだ。。。

とここまでで終わって、そういう支持層を上から目線で軽蔑するだけだったら、インテリはひどいしっぺ返しを受ける。歴史の常識がそこまでは教えてくれる。しかしどうすればよいか、とても厄介だ。

最初に思いついた替え歌

確定申告の受付方法が変わって税務署で延々と時間を費やしている間に、ふと大昔の歌の替え歌など思いついた。
下に書いた歌よりこっちを先に思いついてFBに書いたものである。いや、別に国税庁長官とか理財局のことなど言ってませんよww

君の改竄は 果てしなく多い
だのになぜ 歯を食いしばり
君は消すのか そんなにしてまで

君のあの人は 今も薄笑い
だのになぜ 何を隠して
君は消すのか あてもないのに

君の忖度は 絶望へと続く
朝にまた スクープが出るとき
馬鹿殿はまた 暴走はじめる
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR