謹賀新年

遅ればせながら皆様明けましておめでとうございます。
今年一年の、皆様のご健康・ご多幸を心からお祈り申し上げます。

旧正月が来ると丁酉の年が始まります。
過去の丁酉の年を振り返ってみると、どんなことがあったでしょうかね。
1957年、1897年、1837年、1777年、1717年、1657年、1597年、1537年、1477年、1417年、1357年、1297年、1237年、1177年、1117年、1057年、997年、937年。。。

私にとって一番大事件が起こったのは1357年でしょう。この年、大越陳朝の明宗上皇が没して、そこから陳朝は、上皇制、同族婚、一族による重職の独占などの仕組みが崩れて、後戻りのできない坂を転げ落ちていきます(妻の憲慈皇太后が生きていて、上皇権を代行していた1369年まではなんとかもっていたのですが、そのあと内乱やチャンパーの侵攻、それに14世紀の気候変動などで大混乱がおこります)。同時にそれは、「東南アジア的社会」を基盤にした唐宋変革以前のモデルに従う権力の、「近世東アジア的」小農社会を基盤とする唐宋変革以降的権力への不可逆的な移行という意味で、ベトナム王朝史を二分する大変化(「14世紀の分水嶺」)でした。2011年の拙著で専門的に論じたその変化を、「モンゴル戦争の戦後70年における、新しい危機の中での戦後レジームからの脱却」という角度から見直したエッセイが、昨年秋田茂さんといっしょに編集・公刊した『グローバルヒストリーと戦争』(大阪大学出版会)の拙稿です。ちなみに八尾隆生さんが、近世ベトナムの基本法典として扱われた『国朝刑律』の陳朝末期に始まる編纂過程の考証に関連して、14世紀以前的体制の終わり(1470年からの改革で完全消滅)と14世紀に始まる新しい構造の定着についての有益な見通しを示しています。

今年は逆に、その時期(14世紀)まで続いた体制の起源を探る試みとして、李朝期(1009-1226)における唐代官制のローカライズについてなんとかまとめること、あわせて科研(挑戦的萌芽研究)で着手した修史の研究を本格化させることなどが、今年のベトナム史研究の目標です。おっと、日本語では2011年に書いた李陳朝の公田・民田概念の高麗との比較をブラッシュアップして、3月にハノイで開かれる朝鮮史との比較のシンポで英語で発表することも大事な目標です。歴史教育や海域アジア史・グローバルヒストリーでもそれぞれやることが沢山あり、楽ではないのですが、なんとかベトナム史でも新しい成果を出したいと念じる次第です。

スポンサーサイト

皆様よいお年を

年度後半はFBが精一杯でブログもツイッターもほとんど更新できない状況になってしまいました。
つい先日、中教審の学習指導要領に関する答申が公表されました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1380731.htm
「歴史総合」と「世界史探究」「日本史探究」、それに新型入試など待ったなしで取り組まねばなりません。

だからといって他のことは忘れてよいわけではなく、日本と世界の進路からベトナム史・海域アジア史の研究・教育まで、課題がますます山積みです。学者人生のマラソンの最後の方でロングスパートをかけねばならない状況とでもいいましょうか。なんとかトラック勝負に持ち込むところまで持って行くのが新年の課題なのだと思います。

しんどい話しだけではなく、今年の嬉しかったことも書いておきましょう。
・プロ野球のファイターズの劇的なリーグ優勝と日本一にはしびれましたが、なかでも8月6日にヤフオクドームで大谷翔平が、千賀滉大から打ったホームランをナマで見られたのは感動でした。千賀もすごいピッチャーなんですが。
・ベトナムが原発建設をやめたことも快挙です。
来年も世の中がいい方向に向かい、スポーツその他で感動を与えてもらえますように。

ではみなさまどうぞよいお年をお迎え下さい。

日本人がノーベル賞で大騒ぎするわけ

2,3日前の毎日新聞にこういう記事が出ていた。
ノーベル賞を日本人がもらうと大騒ぎをする(しかしほかの権威ある学術賞をもらっても注目されない)のはなぜかを分析したものだった。

それによると、二つの解釈があるという。
第一は明治以来の「西洋に認められたい」という心理。
第二はバブル崩壊後の停滞で自信を失った日本人の自信回復。

しかしこれは、おんなじことじゃないだろうか。
要するに自分に自信がもてない。コンプレックスが強い。そして自分自身に自分を評価する基準がない。
だから他人にどう思われているかがすごく気になり、けなされれば落ち込んだり逆切れするし、認められると異常にはしゃぐ。

脱線だが、私が何度もしてきた話に「歴史学にもノーベル賞か高校生オリンピックがあって日本人が受賞すれば、歴史はいらないなどという話は--歴史を学ぶことは役に立つかどうかなどこちらから説明しなくても--吹っ飛ぶ」というネタがある。
ところが残念なことに、ノーベル歴史学賞や高校生歴史オリンピックはまず成り立たない。それはなぜか、歴史を専門に研究または教育する人は考えておくべきだ。
明日から始まる特殊講義のイントロは歴史教育の話をするので、受講生にも聞いてみよう。

ブログ記事のまとめ

「桃木至朗に関するブログ記事のまとめ」なんてのがあるのを偶然発見。
だれが作ったんだろう。
おかげで、以前当ブログで反論した『市民のための世界史』書評への、再反論なども載っているのを見つけてしまった(ご本人は気づいていないんじゃないかと思うが、『市民のための世界史』の意図が、より明瞭に全否定されているように見えるのは残念だ)。

日本の公務員給与は世界一???

憲法とか安保問題とか沖縄とか原発とかが話題になりそうになると出てくる「(左派政党や労組のせいで?)日本の公務員の給与は世界一高い」。
全公務員の平均年収が「一流国立大学教授(61歳)」の私とおんなじって、いったいどういう統計の取り方をしてるんだろう。流すならもうちょっとそれらしいデマを流さんかね。
私が大学院生のころにも国立大学の全院生が年600万の奨学金をもらってる(授業料が安いのにケシカラン)」とかいうひどいデマ記事が有名週刊誌に出たことがあるし、現在では全中国人留学生が全員ウン百万の奨学金をもらってるとかいうのもあるようだが(ではコンビニでバイトをしている中国人は?)、そんなのを信じる国民が多いような国に未来はないよ。

「ヒカルの碁」と井山7冠王

7冠王達成だそうだ。すごい。
かれの世代のプロは「ヒカルの碁」で囲碁の道を志した人が多いという。
ゲーム類の登場で「不況産業」に陥っていた囲碁を、人気漫画が救ったわけである。
いつも言っているが、歴史(とくにアジア史)でもそういう漫画をつぎつぎ書いてほしい。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR