FC2ブログ

南北ベトナムの人口

会の案内ばかりでは読んでくださる方に申し訳ないので、たまには独自の記事を書こう。

友人のFBのスレッドへの書き込みで、ベトナム戦争末期の南北の人口は南(ベトナム共和国)の方が圧倒的に多かったという説を見た。小国が大国を侵略・占領したと言いたいのかどうかはわからないが、南が北よりはるかに人口が多かったなんて歴史的に見てありえないので、気になって調べてみた。ウィキペディアでは確かにそうなっている。ただし南は70年に1833万、73年に1937万と年代を明記してあるが、北は年代なしに1300万としか書いてない。上記スレッドの書き込みをされた方によると、「1974年の時点では南は約1900万人、北は約1300万人」というのが「国連加盟国」のデータとて公表されており、それが事実だと信じておられるらしいのだが、そこには国連が公表したデータはすべて真実だとか(逆に国連非加盟国の統計は信用できない?)、国連が人口調査をしているとか、何かの思い違いがありそうだ。ウィキペディアやこの方の北ベトナム人口がどの出版物にもとづくか不明だが、ベトナム語がまともにできる専門家が日本を含む諸外国にはいくらも存在しなかったベトナム戦争期(東京外語大のベトナム語専攻の創立は1964年だそうだ)には、マスコミ報道でも出版物でも、トンチンカンなものはいくらでもあった。

もう一点、この方は当時も現在も南部が経済力で北部を上回る事実や、サイゴン(ホーチミン市)がベトナム最大の都市である事実から「南部の方が人口も多いに決まっている」と思われた可能性がある。しかし、ドイモイ前のベトナムは以前のバングラデシュやタイ、改革開放前の中国やなどと同じで、貧しい農村地帯に人口の圧倒的多数が暮らしていたのだ。つまり経済(商工業)の中心が人口分布の中心でもあるに決まっているという「現代日本の常識」は通用しない

さて、南北の人口比を理解するには、まずベトナムの歴史を知らねばならない。もともとベトナム人(キン族)が住んでいた北部とくに紅河デルタは早くから人口過剰と土地不足に苦しみ、それが「南進」つまり南方への領土拡大の原動力となってきたとよく言われる。他方、チャンパーやカンボジアの支配下にあった中部や狭い意味の南部(ホーチミン市を中心とする東南部とメコンデルタ)はもともと北部と比べれば圧倒的に人口が少なかった。阮氏の支配下で徐々に開発が進んだが、本格的な開発によって北部に迫る人口をもつようになるのは、仏領時代以後のことである。

 以上を押さえた上で、とりあえず手許にあるデータを調べてみる。
(1)フランスによる1936年の推計:トンキン870万人、アンナン565.5万人、コーチシナ461.6万人、合計約1900万人(元の統計以外に、アガール著、宮島・土居訳『仏領印度支那』などに引用されて広く知られている。しかし独立後のテータから見て、実際はもっと多かったという見方もある)。南北ベトナム分立時代の「北部」は仏領時代のトンキン以外に、アンナンに属した現在のタインホア、ゲアン、ハーティン、クアンビン各省とクアンチ省の一部を含む。当時の省別人口は手許ではわからないのだが、ハノイで1970年に発行された『ベトナム民主共和国統計年鑑 15年間の社会主義経済建設』55ページには、仏領時代にさかのぼって南北の人口を比較した表があり、1936年は北部が1094.7万人、南部が802.5万人としてある。
(2)上記の統計年鑑の同じページによれば、北部(民主共和国)の1954年人口は1302.9万人、55年人口は1357.4万人とある。ウィキペディアや上の方が持ち出す1300万というのは、ジュネーブ協定で南北の領土が分けられた際の北部の人口に違いない(協定をめぐる交渉では、南北双方の面積や人口も問題にされたに違いないので、それが外部に報道されることも多かっただろう)。同年の南の人口はこの年鑑では1080.6万人とされている。
(3)南北が対立している時代に両方が「産めよ増やせよ」をしたことはよく知られている。合計特殊出生率(一人の女性が一生に産む子供の数)は5~6人台に達した。北部の人口は膨大な戦争による損失にもかかわらず、1960年に1610.0万人、1972年には2158.2万人と増え続けている(民主共和国統計年鑑1973年版)。南部も同様にどんどん増えた。南部の場合、解放戦線側が支配した地域の人口が数えられたかどうか疑問なので、南ベトナム政府が発表した数字より実際の人口が多かったことは十分考えられる。南北正式統一がおこなわれた1976年の推計全国人口は4916.0万とされ、その前後から多数の難民が流出したにもかかわらず、1980年の全国人口は5372.2万人と発表される(いずれもハノイの統計総局が1990年に発行した『ベトナム社会主義共和国統計データ1976-1989』による)。1980年統計の省別数値(統計総局1981年発行『ベトナム社会主義共和国統計データ』)から計算すると、ビンチティエン省(当時)の人口が17度線の南北にどのように分かれていたかが不明だが、仮に3分の1を17度線以北とすると、北が2664.0万人、南が2707.2万人と南の方がわずかに多くなる(1000人単位の表示なので総数と誤差が出る)。最後に2006年版の統計年鑑に出ている2000年の地方別・省別人口を見ると、総人口7763.54万人のうち、北部2826.00万人、中部2096.39万人、南部2841.15万人となっており、同様にクアンチ省の数値を北1対南4で按分すると、17度線以北は3686.31万人、以南は4077.26万人となり(100人のケタで誤差あり)、南の方が人口増加率が高いことがわかる。なお1980年、2000年のデータは、本当は1979年、1999年などの国勢調査データの方がいいのだが、手許ですぐ出てくる切りのいい年のデータということでご勘弁いただきたい。
これらの数値について、完全な信頼性はないが、しかし「大幅に違う」という話は国連人口機関などの国際機関や西側諸国からも出ていないと思われるので、「ハノイ側の統計だけ使っているのでお前の意見は信用できない」という論難は受け入れられない。

というようなことで、ベトナム戦争前後の南北の人口比については、仏領時代にも北部が圧倒的に多かったが、南北ベトナムが分立した時代に南も急速に人口が増え、統一後にはついに北を追い抜いた、と理解するのが適切だろう。統一後の南の増加については、経済力が北より大きいこと、北で施行した「2人っ子政策」が南では全然守られなかったことなどの要因が考えられる。もっとも現在ではベトナムも合計特殊出生率は1.9人台で、少子高齢化社会が目前に来ているが。

蛇足だが、上記のようにベトナム戦争前後の日本のベトナム報道や出版は、まだ非常にレベルが低かった。そのうえベトナム戦争や共産党政権の評価についてはどうしてもイデオロギーを背負った記述になりがちである、そういう点を考慮しても、日本語版ウィキペディアのレベルの低さはなんとかならんものだろうか。オタク的に面白い記述はあるが、全体の書き方が英語版やベトナム語版に比べて素人くさい。
スポンサーサイト

第24回フィリピン研究会全国フォーラム

第24回フィリピン研究会全国フォーラムについてご連絡申し上げます。2019年のフォーラムは、名古屋大学において6月22日と6月23日に行います。大学院生、研究者、NGO・企業・政府機関の実践家、アーティストなどが、ご自身の研究や活動をフィリピンに関心のある日本内外の人々と共有し話し合う場となれば幸いです。発表者の応募期間は、4月22日までです。

次の発表分野を歓迎いたします。
・学術発表:歴史学、ジェンダー研究、文化人類学、メディア研究、社会学、文学、宗教学、民族音楽研究、政治学、移住研究、その他フィリピンに関連する研究
・NGO、企業、政府機関の実務者による実践報告
・アーティストの報告/パフォーマンス/展示・映像上映

ご関心のある方は以下のホームページを閲覧ください。
https://philippinestudiesgroupjapan.wordpress.com

振るってご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

第24回フィリピン研究会全国フォーラム実行委員会
東賢太朗・日下渉・吉澤あすな
philstudies2019(a)gmail.com


Dear all,

We are pleased to inform you that the 24th Young Scholars’ Forum on Philippine Studies in Japan will be held at Nagoya University on 22 June and 23 June 2019. This forum is an ideal venue for graduate students, researchers, practitioners, and artists to share and discuss their research and ideas with fellow Filipinists in Japan and outside. The submission deadline for the presentation is April 22.

We are interested in the following forms of presentations.
- Academic presentations on various disciplines, including but not limited to: history, gender studies, anthropology, filmmedia studies, sociology, literature, art history, religious studies, musicology, political science and migration studies.
- Presentation on activities by NGOs, the private sector, and government agencies.
- Art performance, film showing, and exhibitions by artists.

If you are interested, please visit our website.
https://philippinestudiesgroupjapan.wordpress.com/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/

Sincerely yours,

Kentaro Azuma, Wataru Kusaka
, and Asuna Yoshizawa Steering Committee, the 24th Young Scholars' Forum on Philippine Studies Japan philstudies2019(a)gmail.com

BKK 東南アジア研究会 木口由香氏講演会のお知らせ

見出しの件につきまして、下記の通りタイ・バンコクにて
講演会を開催させてい頂きます。
ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

日時:2019年2月23日(土)10:30~12:00
参加費:無料

発表者:木口由香(特定非営利活動法人メコン・ウォッチ)
「東北タイにおけるバガス燃料バイオマス発電所建設事業の環境社会影響」
<要旨>
タイ政府は地球温暖化対策として民間による代替エネルギー発電を推進している。有望
視されるのは、農業の廃棄物利用によるバイオマス発電である。特に、サトウキビなど
から製造されるエタノール生産増強といった政策誘導により、増加が予想されるバガス
(サトウキビの搾りかす)利用への関心は高まっている。その一方、東北タイの各地で
、バイオマス発電所の建設に地域住民から様々な懸念、または事業反対の声があがって
いる。タイの電力開発は日本との関連が深く、今後この分野に関心を持つ企業が増える
ことも予想されるが、タイで起きている問題は、日本でほとんど紹介されていない。本
報告では、住民と企業が対立している事例で現地調査を行った他、これまでのタイの電
力開発と日本の関係、現在のタイの再生可能エネルギー利用状況、関連政策等を資料か
ら概観し、状況の把握に努めた。(今回の報告では、タイの政策よりも事業の住民への
影響について重点をおいた内容となります。調査には高木仁三郎市民科学基金の助成を
いただいています)

会場:京都大学東南アジア地域研究研究所バンコク事務所
住所:19D, GP Grande Tower, 55, Soi 23, Sukhumvit Rd,
    Klongtoey Nua, Wattana, Bangkok, 10110 THAILAND
   ※会場の19Dの部屋には、玄関を入って右手奥のエレ
    ベーターにお乗りください。左手奥のエレベーター
    は、A,Bの部屋に通じております。
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/…/interna…/liason-offices/

申し込みフォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/654afa67608462

■開催に関するお問い合わせは、会場ではなくメコン・ウォッチにお願いします。
特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
Email:info@mekongwatch.org

※なお、3月2日(土)にもBKK東南アジア研究会の開催を予定しております。
また後程ご連絡させて頂きます。

マラウィ市復興に関する講演会ご案内

フィリピン、ミンダナオ島のマラウィ市は、2017年、イスラーム過激派集団による占拠
と政府軍との戦闘によりは甚大な人的、物的被害を受けました。上智大学アジア文化研
究所では現地在住の社会学・人類学者モクタル・マトゥアン氏をお迎えし、同市の復興
に向けての課題と展望について以下の要領で講演会を開催いたします。ご関心のある方
はぜひご出席くださいますよう、ご案内いたします。(川島緑)
We are pleased to announce the following lecture organized by the Institute of Asian, African, and Middle Eastern Studies of Sophia University.

Lecturer: Dr. Moctar I. Matuan. Research Consultant, Maranao People Developmen t Center (MARADECA), Inc.
Title: The Aftermath of the Marawi Siege in Mindanao in the Philippines: Probl ems and Prospects for its Rehabilitation. 

Date and Time: February 22, Fri., 2019, 17:30-19:30.
Venue: Room 2-507 (5th Floor, Bldg. 2), Yotsuya Campus, Sophia University.
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
Language: English. (英語:通訳なし)

Dr. Matuan’s profile and the abstract will be uploaded soon at our website:
http://dept.sophia.ac.jp/is/iac/en/lecture
どなたでもご参加いただけますが、人数把握の都合上、出席予定の方は下記にご連絡く
ださい。
All who are interested are welcome to attend. For reservation, please contact:

連絡先:i-asianc(a)sophia.ac.jp

2/15 セミナー開催「インドネシアにおけるISISの影響」

明後日!

インドネシアのイスラーム武装闘争派の研究と社会復帰プログラムに取り組んできたタウフィック・アンドレ氏の講演会を行います。ふるってご参加ください。

Title: The Aftermath of Islamic State (ISIS) in Indonesia
Speaker: Taufik Andrie, Institute for International Peace Building(Yayasan Prasasti Perdamaian)
日時:2019年2月15日(金)14:00-16:00
場所:早稲田大学早稲田キャンパス19号館 309号室
https://www.waseda.jp/gsaps/access/

使用言語:英語(通訳なし)
事前申し込み不要

---
見市 建 Ken Miichi
http://kenmiichi.strikingly.com/

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-21-1 早大西早稲田ビル7F
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科
Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University

ベトナムからの技能実習生、留学生

昨年末の入管法改定以来いろいろと話題になっている件で、ハノイの日本大使館でも今日セミナーを開いているそうだ。
「初めて」というところがかなり問題だと思うが、「両国の多くの関係者が結託した人身売買」と国連で見られているような状況が改善されることを願う。とにかくあちこちで聞く実態は、黒人奴隷制よりはずっとましだが、その廃止後の世界に出現した中国人・インド人などの「クーリー労働力」(「年季契約」で海外に赴き働く者が多かったが、前借りなどで縛られ劣悪な環境に苦しんだとされる)とどこpが違うのか首をかしげるような話も聞く。

他方でベトナム人(自称経営者、投資家等)に騙されて金を巻き上げられた日本人の話も聞かれるようになってきた。もちろんケシカランことだが、それをもってベトナム人排斥運動や過剰な取り締まりなどをさせてはいけない。何度も書いているが、日本人は札束が服を着て(しかも他の先進国の人々と比べておそろしく無防備で)歩いているように見えて当然だから。それがいやなら「自己責任で」対策を取るべきだ。
また両国の関係は、トータルで日本が(少なくとも当面の収支としては)儲けているのだから、それを長期的なウインウインの関係にもっていく智慧とそのための投資を惜しんでは話にならない。いつもいっている通り、それは政府や自治体もやるべきことがたくさんあるが、国民個々人もそのために勉強すべきことは山ほどある。「ベトナムといえばフォーと生春巻き、ビールは333、服はアオザイ」みたいな「フジヤマ、ゲイシャ」型の知識をどうやったら超えられるか(それには暗記量を増やすしかないのか)を考える訓練もその一つだ。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR