FC2ブログ

東南アジア学会関西地区例会のご案内

今回は阪大開催。

2019年4月27日(土)開催の東南アジア学会関西地区例会の御案内をお送り致します。今回は海域アジア史研究会との共催で、下記の通り開催致します。多くの方の御来場をお待ちしております。
日時:4月27日(土)14:00-17:15
会場:大阪大学豊中キャンパス文法経済学部本館2階 大会議室アクセス:http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access ※豊中キャンパスマップ④の逆向き「コの字」型建物が会場のある建物です(大会議室は左上隅に位置します)。大会議室には、③の総合図書館側の入口から入って、右手の階段をあがり、廊下を右側にお進みください。階段手前の右側の部屋が会場の大会議室です。共催:海域アジア史研究会
第一報告(14:00-15:30)
発表者:鄭美景(花園大学大学院文学研究科博士後期課程)
発表題目:近代ベトナムにおける禅宗寺院の経典について―東南アジア地域研究研究所所蔵の在泰京越南寺景福寺所蔵漢籍を中心に―

発表要旨:
本発表では、東南アジア地域研究研究所所蔵の在泰京越南寺院景福寺所蔵漢籍の分析を通して、ベトナム、および日本、中国、韓国の大乗仏教文化圏における近代仏教経典のもつ特徴を述べる。近代大乗仏教文化圏では、衰退していた仏教が、カトリック、キリスト教といった宗教を含む西欧列強勢力の進出以来、仏教復興運動がある程度成功をおさめており、旧景福寺所蔵漢籍は重要な一例であると言える。例えば、漢喃の六八体長編詩の形態を整えた『阿弥陀経』をはじめ、『釈氏源流』、『報恩経』、『六祖壇経』などは、当時の中国や韓国で見られる禅浄一致や、儒教的性格を表している。この字喃というベトナム独自の表音文字は、日本の仮名、韓国のハングルのように近代的教育の導入により仏教運動の大衆化に貢献した。さらに、バンコクの華僑地区にある景福寺の地政学的位置からも、印刷技術の発達による経典の輸入や、編纂、そして近代仏教学の受容などが見え、大乗仏教文化圏の相互交流の流れも窺える。
第二報告(15:45-17:15)
発表者:上砂考廣(大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程)
発表題目:東ティモール レネティルの抵抗運動―紛争下におけるナショナリズムの機能に関する一考察―

発表要旨:本研究は、東ティモール独立紛争のおける「新世代」(Geração Foun)と呼ばれる東ティモール人の若者たちの抵抗運動に焦点を当てて、紛争下におけるナショナリズムの新たな機能を明らかにする。1990年代インドネシアにおいて当該国の民主化運動と東ティモール独立運動が連携し、共同デモを展開するという現象が見られた。少なくとも1990年代に入るまでは全く異なる運動として理解されてきたインドネシア民主化運動と東ティモール独立運動という異なるナショナリストの運動が、1990年代に入り連携するようになったのはなぜか? 東ティモール及びジャカルタでの現地調査を基に、東ティモール人たちの地下抵抗組織レネティル(RENETIL)がインドネシア本土で展開した思想運動「東ティモール独立紛争のインドネシア化」を分析することで、東ティモールの若者たちがインドネシア人とは異なるネイションを志向しながらも、彼らと共通の政治空間を創出したことを論じる。
スポンサーサイト



日本マレーシア学会関東地区研究会 のお知らせ

日本マレーシア学会関東地区研究会 2019年度第1回研究会

〇スケジュール
・日時: 5月19日(日) 14:00~17:00
・会場: 立教大学池袋キャンパス 本館1階 1103教室
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/qo9edr00000001gl-att/img-campusmap_ike.pdf

・テーマ: 「マレーシアとシンガポールにおける上座仏教の展開: ネットワ
ークの観点からの考察」

〇報告者
・黄蘊(尚絅大学)

〇報告要旨
東南アジアの上座仏教徒社会であるミャンマー、タイなどでは仏教が共同体的慣
行や地域文化と深く結びついている。仏教は人々の生活様式、共同体的規範であ
り、政治や社会生活全般も仏教と密接な関係を有することが観察される。一方、
マレーシアとシンガポールは上座仏教展開の新天地と位置付けられる。この二つ
の地域における上座仏教の歴史が相対的に浅く、また仏教信仰においては大乗仏
教が主流で、上座仏教信者は少数派となっている。スリランカ、ミャンマー、タ
イをもととする仏教宗派、それぞれの上座仏教施設・実践方式が競合的に共存し
ていることがマレーシアとシンガポールにおける上座仏教のあり方の特徴である。
もう一つ重要な点は、この両国において、上座仏教に関する中央集権的な管理や
統一した制度が存在しないことである。このように、上座仏教にまつわる地域的
伝統や歴史的文脈が相対的希薄という状況の中で、マレーシアとシンガポールに
おいては知識や実践としての(上座)仏教の存在が大きい。英語が主な媒介言語
であることも上記両国における上座仏教展開の重要な特徴である。なお、マレー
シアとシンガポールの上座仏教はほぼ同じ歴史的文脈の中においてその展開が遂
げられ、この両国の上座仏教僧侶、信者間の交流、連携もかなり緊密に保たれて
いる。
マレーシアとシンガポールでは、タイ、ミャンマー、スリランカのそれぞれの仏
教宗派をもととする寺院、上座仏教センターが競合的に共存している。現地人の
上座仏教僧はそれぞれの宗派のもとで受戒し、実践している。このような上座仏
教の宗派・系譜を媒介にできた国内外のネットワーク、連携は両国の上座仏教の
展開において重要な意義をもってきた。本発表は、マレーシアとシンガポールの
上座仏教寺院や上座仏教関係者と国内外のタイ、ミャンマー、スリランカ系の僧
侶・仏教関係者との交流、ネットワークの構築に注目し、それらがどのように作
用し、どう今日のマレーシアとシンガポールにおける上座仏教の展開、前進に寄
与してきたのかを考察する。

-----

報告90-120分、コメント30-60分ののち質疑とゆったり時間を取り、十分説明、
議論できる場です。国内外を問わず発表されたい方が居られれば、自薦でも他薦
でもご一報下さい。

Facebookでも研究会情報を発信いたします。
Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/jamskanto/


投稿者・問い合わせ先: 福島康博(fukushima(a)aa.tufs.ac.jp)

東南アジア考古学会第264回例会のお知らせ

いつもお世話になっております。東南アジア考古学会では第264回例会として、東南アジア古代史科研との共催でワークショップ「東南アジア古代寺院建築の配置構成と図像に込められた世界観」を開催いたします。プログラムと発表要旨は下記の通りです。お手数ですが、参加ご希望の方は末尾の連絡先まで参加をお申し込みください。

日時:5月11日(土)12時50分-17時50分
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館6階第11会議室


プログラム:
12時30分 開場
12時50分 開会

13時00分~13時50分 発表1 青山 亨(東京外国語大学)
13時50分~14時40分 発表2 寺井 淳一(東京外国語大学)
14時40分~15時30分 発表3 久保 真紀子(立正大学)
15時30分~15時45分 コメント1 淺湫 毅(京都国立博物館)

15時45分~16時00分 休憩

16時00分~16時40分 発表4 小野 邦彦(サイバー大学)
16時40分~17時30分 発表5 下田 一太(筑波大学)
17時30分~17時45分 コメント2 重枝 豊(日本大学)

17時50分 閉会

※閉会後、会場付近で懇親会を予定しています。


発表要旨:
【発表1】
発表者:青山 亨
発表題目:プランバナン寺院のラーマーヤナ浮彫が描く「死」のエピソード:テクストとしての浮彫と書承テクストとの比較の視点から
発表要旨:
 この報告では、9世紀中頃に中部ジャワに建立されたプランバナン寺院に描かれたラーマーヤナ浮彫を対象に、テクストとしての浮彫と書承テクストを比較することから見えてくる当時のジャワ社会の文化状況を明らかにしようとする。当時のジャワ社会ではヴァールミーキ版、バッティ版、古ジャワ語版、さらに口承のテクストがラーマーヤナに関わる知として共有されていた。ダンダカの森を場面とする「死」に関わるエピソードは、ヴァールミーキ版には7件、浮彫には5件が描かれている。これらの「死」は、ラーマによってもたらされる懲罰的な「死」(A)および恩寵的な「死」(B)、修行者による解脱に至る「死」(C)、ラーマ以外の人物によってもたらされる「死」(D)の4類型がある。書承テクストでは4類型がすべて描かれるが、浮彫ではC類型のエピソードは省略されるかB類型に置き換えられている。このような書き換えは、バラモン教学に基づく修行による解脱に比べて、ヴィシュヌ神の転生であるラーマによる恩寵的な「死」が、ジャワのアニミズム的憑依と離脱の発想とも親和性があり、王権を強化しつつあった当時のジャワ社会と適合的であるとする浮彫の作者の判断によるものと推測される。


【発表2】
発表者:寺井 淳一
発表題目:ミャンマー・バガン遺跡で見られる四仏・五仏の諸相とそれらを巡る祠堂空間の検討
発表要旨:
 中央公論美術出版より今年2月に刊行された肥塚隆責任編集『アジア仏教美術論集 東南アジア』所収の拙論「バガン遺跡における本尊初探−11世紀〜14世紀の四仏・五仏を中心に」では、祠堂の中心に祀られた本尊の類型を示し、その中でも重要な位置を占めていた四仏・五仏を取り上げ、その図像的特徴や祠堂に属する刻文の検討から、それらが過去四仏と未来仏を表す可能性が高いことを指摘した。また、このような四仏・五仏を祀る習慣が形成された背景には、ミャンマー地域でバガン朝成立以前に仏教を受け入れた諸民族との文化的交渉や、インドやスリランカなどの周辺地域との人・モノの交流があったことにも触れた。ただ、壁画などの本尊を取り巻く周辺の状況を含めた検討が不十分であった憾みがあった。本報告では、拙論で紹介しきれなかったバガン遺跡における四仏・五仏の諸相を示し、祠堂内の壁面に描かれた画題も含めて、全体としてどのような空間を作り出そうとしているのかを明らかにし、拙論の捕捉を行う。


【発表3】
発表者:久保 真紀子
発表題目:アンコールの仏教寺院プレア・カンにみられるヒンドゥー教図像と統治理念
発表要旨:
 アンコール朝の最大版図を築いたジャヤヴァルマン7世は大乗仏教を篤信し、その治世に大規模な仏教寺院を次々と建立した。その一つであるプレア・カンでは、観音菩薩を本尊としながらも、伽藍西側と伽藍北側には、ヴィシュヌやシヴァ、あるいはラーマやクリシュナといったヒンドゥー教図像が浮彫され、伽藍全体として仏教とヒンドゥー教の諸尊が併祀されていた様子がうかがえる。
本発表ではこうした尊像配置に着目し、この寺院伽藍にヒンドゥー教尊像を祀った意図や背景を考察する。具体的には、遺跡で発見された碑文をもとに、アンコール朝の王たちが巡礼した地方寺院における信仰、ならびにジャヤヴァルマン7世統治期のアンコール朝と周辺諸勢力との関係がプレア・カンの尊像配置に与えた影響を検討する。結論として、本尊の観音菩薩を中心にその周囲を諸尊が取り囲むプレア・カンの尊像配置は、当時のアンコール朝と周辺諸地域との関係性を象徴した縮図であった可能性を示す。さらに、王の雄姿を神々や英雄たちに仮託して寺院伽藍の各所に浮彫することで、ジャヤヴァルマン7世が自らの偉業を顕示し、その支配を正統化する意図があったことを指摘する。


【発表4】
発表者:小野邦彦
発表題目:祠堂の平面に図像化された神観念の始原と展開―古代ジャワのヒンドゥー寺院のコスモロジー― 
発表要旨:
 7世紀末頃から16世紀前半頃までにかけて、ジャワ島の中東部を中心に「ヒンドゥー・ジャワ芸術」が興隆し、とくに高度な文化を発展させたその時代は「古代」と呼び慣らわされている。そして、インド文化を源泉とする美術遺品の中で、ヒンドゥー教および仏教の神仏を祀る宗教建造物は、一般にチャンディ(candi)と総称されている。
 チャンディの大半を占める寺院建築のうち、本発表ではヒンドゥー寺院を取り上げ、祠堂建築の堂内や壁龕に安置された尊像配置に認められる規則性について、通説化された解釈を紹介する。そして、尊像の選択と配置に反映された思想、すなわち祠堂の平面に図像化された神観念について、「ヴァーストゥ・シャーストラ」などと呼ばれるインドの建築論書の記述を参照しながら、十分な根拠を伴うものとはいえないが、その始原についての仮説を提示する。
 さらに、ヒンドゥー教文化が残されているバリ島の「アスタ・コサラ・コサリ」などと呼ばれる建築論書の記述も参照しながら、当該の神観念の一部がバリ島にも継承されていると考えられることついて付言する。


【発表5】
発表者:下田 一太
発表題目:サンボー・プレイ・クックにおける寺院の伽藍配置と祠堂形式にみる信仰の形態
発表要旨:
 7世紀初頭,サンボー・プレイ・クック遺跡群に建立された宗教施設群は,複合的な伽藍を形成したクメール建築における最初期の事例である。中でもプラサート・サンボーやプラサート・イエイ・ポアンは主祠堂を中心に複数の方形の囲繞壁を巡らし,多数の祠堂を境内に配しており,後世のクメール寺院の祖型でありながら,その伽藍構成の特徴を良く示している。多くの祠堂には石製の台座が残され,それぞれに神像が祀られていたことは明らかで,伽藍全体で特定のマンダラ的な信仰の在り様が立体的に表現されていたものと推察される。  
本報告では,未だ断片的ではあるものの,各祠堂における尊像や伽藍における信仰のあり方について,伽藍の配置構成,出土した彫像,祠堂に施された装飾や図像,碑文の記述等をもとに考察したい。


参加申し込み:
参加ご希望の方は、5月4日(土)までに以下3点を下記の連絡先までお送りください。
➀お名前
➁ご所属
➂参加希望(ワークショップのみ参加/ワークショップ・懇親会の両方に参加)

申込先:久保 真紀子(makiboku05(a)yahoo.co.jp)

*********************立正大学仏教学部久保真紀子

タイ学会定例研究会のお知らせ

4月20日土曜日に、タイ学会定例研究会を開催いたします。
ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

開催場所と日時、発表内容については以下をご確認願います。

*開催場所:国士舘大学世田谷キャンパス34号館A棟306教室*
https://www.kokushikan.ac.jp/access/setagaya/
https://www.kokushikan.ac.jp/information/campus/setagaya.html

最寄り駅は小田急線梅ヶ丘駅です。
世田谷線松陰神社前駅からも徒歩圏内です。

*日時:2019年4月20日(土)14:00~18:00頃*

*話題提供者(敬称略)*
第1報告者:西田昌之(チェンマイ大学人文学部日本研究センター・助教授)
「チェンマイ漆器の復興と産業化:1957~1961年漆芸家生駒弘による技術移転」

第2報告者:山口雅代(東京福祉大学大学院・准教授)
「戦前・戦中のタイにおける日本語教育の楽屋と舞台:その光と影」

発表要旨につきましては、添付ファイルをご覧ください。

資料の準備等がありますので、参加予定の方は事前に、
鈴木(moken.yuki(a)gmail.com)までご連絡いただけると幸いです。

終了後には懇親会も予定しております。こちらもぜひご参加ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

東南アジア社会と文化研究会のお知らせ

子供のころ、フィリピンとタイはなぜボクシングが強いのか、ついでにフィリピンは野球とテニスもけっこう強かったのはなぜか、不思議に思った記憶がある。

>第83回「東南アジアの社会と文化研究会」を下記の通り開催します。

今回は、著書『ボクシングと大東亜−−東洋選手権と戦後アジア外交』で、ボクシングを通じた戦後日本のアジア復帰の実相を明らかにしてきた乗松優先生に、ボクシング関連の個人文書が、人々の記憶とともにいかに日本とフィリピンの間、戦中と戦後を結びつけてきたかについてお話をしていただきます。また、今回は『殴り合いの文化史』をまもなく上梓する樫永真佐夫先生をコメンテーターに迎え、人類学者でありボクサーでもあるお二人を交えて白熱した議論ができればと思います。

オープンな研究会ですので、ぜひお気軽にご参集ください。
事前登録等の手続きは必要ありません。
また、研究会後には懇親会を予定しております。

●日時
2019年4月12日(金)16:00~18:00(15:30開場)

●場所
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
総合研究2号館4階 会議室(AA447)
会場についてはこちらもご参照ください。
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access
地図が二枚ありますが、下の方の地図(「本部構内」)です。

●話題提供者
乗松 優 氏

●発表題目
ボクシング史料にみる日本とフィリピンの戦後

●発表要旨
 『ボクシングと大東亜−−東洋選手権と戦後アジア外交』(2016年・忘羊社)では、敗戦によって命脈を絶たれた日本のアジアに対する欲望が、スポーツの世界で再燃したことを明らかにした。「東洋」という伸縮自在の枠組みが大東亜を彷彿とさせながら、日本やフィリピン、タイ、韓国などの国々を巻き込んでいく有り様を当時の関係者から得られた証言や新史料に基づいて描き出した。
 戦後日本のスポーツと言えば、力道山プロレスが代表格である。スポーツ史を扱う研究者の多くは、朝鮮出身者である金信洛が「日本人」として白人レスラーに空手チョップを浴びせかける姿に、戦後の倒錯した日米関係を重ね合わせた。しかし、同時期に反日感情が根強く残るアジア各国で「東洋一」を賭けて戦ったボクシングは、その歴史的な評価がなされないまま忘れ去られていた。
 本発表では、戦後日本のアジア復帰を再考するきっかけになったボクシング史料に焦点をあて、家族アルバムや試合パンフレット、備忘録といった個人文書の意義について考える。第二次世界大戦の激戦地フィリピンと日本の間に存在したグローバルな結びつきを留める上で、これらの史料がいかに両国の集合的な記憶を保存し、再生するよすがになったのかを論じる。

●コメンテーター
樫永 真佐夫 氏

●「東南アジアの社会と文化研究会」のウェブサイトには、今回の研究会の案内、発表要旨、研究発表に関わる写真が掲載されていますので、ご覧ください。
http://www.chiiki.cseas.kyoto-u.ac.jp/syakai-bunka/

第263回東南アジア考古学会例会のご案内

第263回東南アジア考古学会例会をご案内いたします。第263回は、2018年度の現地調査報告会として、今年度中に実施された東南アジアでの現地調査を報告いただいきます。
ご出席いただけますようお願い申し上げます。

日時 2018年3月23日(土) 15:00〜17:30
会場 早稲田大学戸山キャンパス33号館431教室


15:00〜15:30
田畑幸嗣・大坪聖子・横山未来・辻角桃子・阿部榛果・大西風花・岸田彩・宮前里帆
「ラオス南部、バン・ノンサ遺跡の2018年度調査」
15:45〜16:30
川島秀義
「ラオス、ラオパコ―遺跡発掘調査2019 第一報」
16:45〜17:30
深山絵実梨、鈴木朋美、Aude Favereau、劉俊昱、Nguyen Thi Bich Huong、飯塚義之、山形眞理子
「先史時代東南アジアにおけるモノ・ヒト・技術とその移動 –フィールドワーク報告–」



****************************************
問い合わせ
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
鶴見大学6号館文学部文化財学科
田中和彦研究室内 東南アジア考古学会事務局
E-mail: jssaa[a]jssaa.jp
****************************************
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR