スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東南アジア古代史科研第6回研究会のお知らせ

東南アジア学会会員のみなさま

開催間近の案内となってしまいましたが、今週末に以下の日程で、東南アジア古
代史科研第6回研究会(一部一般公開)を行います。

とくに第1部は、7月4日(火)~8月27日(日)に東京国立博物館で日タイ修好
130周年記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」が開催されるので、その予習とし
ても最適です。事前予約は不要です。多くの方のご参加をお待ちしております。

お問い合わせは下記、青山のメールアドレスにご連絡ください。

------------------------------------------------------------------------

東南アジア古代史科研 第6回研究会

日時:2017年6月24日(土)13時~16時40分
場所:東京外国語大学 本郷サテライト5階セミナー室
(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)
連絡先:青山亨(東京外国語大学 taoyama(a)tufs.ac.jp)

第1部 研究報告
13:00~14:00
原田あゆみ(九州国立博物館)
「タイの彫刻 制作技法と設置方法について」
日タイ修好130周年記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」を準備するにあたり、
作品調査や展示をする中で知り得た彫刻の制作技法や設置方法に関する情報を報
告する。ドヴァーラヴァティーの彫刻に残る枘穴と漆喰跡、ラーンナーの仏像か
ら見つかった舎利などについて紹介する。あわせて後世に改変された作例につい
て考察したい。

第2部 論集概要報告
14:10~16:40
仏教美術論集に投稿予定の原稿の概要を報告していただきます。各15分以内。順
番は暫定的なもので変更の可能性があります。
1. 佐藤桂/石川和雅
2. 松浦史明
3. 宮崎晶子
4. 下田一太
5. 小野邦彦
(15分休憩)
6. 山崎美保
7. 寺井淳一
8. 久保真紀子
9. 原田あゆみ
スポンサーサイト

フランスの研究者の講演

ベトナムの歴史・宗教研究がご専門のPascal Bourdeaux
氏が京都をご訪問される機会を利用して、研究会を企画しました。どなたでも自由にご参加いただけますので、皆さまふるってご出席ください。



日時:2017年7月24日(月)14:30~17:00(14:00開場)

場所:京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科、吉田本部キャンパス(百万遍キャンパス)総合研究2号館4階大会議室AA447

https://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access (地図)

使用言語:英語

話者:Pascal Bourdeaux氏(フランス・École Pratique des Hautes Études 高等研究実習院 准教授)

題目:"Overview on the History of Protestantism in Vietnam and Mainland Southeast Asia. From colonial establishment to postcolonial dissemination"

コメンテーター:片岡樹准教授(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科)


ご報告後、所属機関「高等研究実習院École Pratique des Hautes Études」について、ご紹介いただく予定です。

東南アジア学会関西地区例会のお知らせ

東南アジア学会会員各位

7月の関西地区例会は、「東南アジア大陸部における被戦争社会とレジリエンス」
をテーマに3本の報告からなるワークショップとして開催します。お誘いあわせ
のうえ、ふるってご参加ください。

●日時:2017年7月8日(土)午後2時~午後6時
●会場:京都大学稲盛財団記念館2階セミナー室(213)
(http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/)
※当日入口は施錠されています。13:30~14:00まではドアを開閉するスタッフが
いますが、その後に来られた方は、入口に貼ってある電話番号にご連絡ください。
●プログラム:
14:00~14:10
【企画説明】瀬戸裕之(新潟国際情報大学国際学部)
14:10~17:10
・瀬戸裕之
「ラオス中部における被戦争社会の変容とレジリエンス:戦争期の住民移住を中
心に」
・倉島孝行(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
「東北タイ東部の元タイ国共産党員らとその家族の50年:土地利用と生業様式を
生んだ断絶性と連続性」
・片岡樹(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
「冷戦がもたらしたタイ国山地社会の変動」
※報告は45分、質疑応答10分、途中15分の休憩あり
17:10~17:20
【コメント】岩井美佐紀(神田外語大学外国語学部)
17:20~18:00
全体討論

●企画趣旨
 現在、東南アジア大陸部は、1980年代以降の和平の進展と市場経済化の導入、
1990年代以降のASEANの地域統合の展開を受けて、人々の生活や社会が大きく変
化を遂げつつある。しかし、この地域は1960年代、1970年代に、ベトナム戦争を
はじめとする大きな国際紛争を経験し、戦火の中での移住、生活の破壊や社会の
分断、住民構成の変化など,戦争から様々な影響を受けてきた。これらの変化は、
戦争期だけでなく、その後の人々の生活や地域の社会形成にも大きな影響を与え
たのではないかと推測される。
 「東南アジア大陸部の被戦争社会の変容とレジリエンス」研究会は、東南アジ
ア大陸部を、戦争によって社会形成が大きな影響を受けた地域(=被戦争社会)
として位置付け、戦争下での地域住民の生存、戦後の生活再建などを考察し、戦
争に対する地域の人々の生存戦略(=レジリエンス)を明らかにすることを目的
として研究を行っている。その中では、第1に、国レベルより下の地域・村レベ
ルでみたときに、戦争が地域の人々にどのような影響を与えたのかを考察し、第
2に、戦争中・戦争直後の人々の被害だけでなく、その後の生活や社会の変化を
考察することにより、戦争の影響を受けた人々の生存戦略が社会形成に与えた影
響について再考することを課題としている。
 報告では,ベトナム戦争の影響を受けて激しい戦闘の舞台となったラオス中部
の事例と、同戦争の直接的な舞台ではなかったものの、同時期に内戦を経験して
いたタイ東北部、タイ北部における事例を報告し、戦争が地域に与えた影響と人
々の生存戦略について議論する。

●報告要旨
・瀬戸裕之「ラオス中部における被戦争社会の変容とレジリエンス:戦争期の住
民移住を中心に」
本報告では、ラオス中部における内戦期の強制移住と住民の生存戦略について考
察する。ラオスでは、1960年代、1970年代はじめにかけて、国内で激しい内戦が
行われた。これまでの歴史研究でも、内戦期に戦争の影響によって、多くのラオ
スの山地民・山間地民が、それまで生活していた地域を離れて、ヴィエンチャン
周辺の平野部へと避難したことが指摘されているが、内戦期に住民たちが、どの
ような経緯により、どのような手段で移住を行ったのか、戦争被災者が移住後に
どのように生活を再建してきたかについて、具体的な事例に基づいた分析は行わ
れていない。本研究では、ホアパン県、シエンクアーン県からヴィエンチャン県
に移住した村を事例に、戦争期に住民たちが移住した背景、移住の手段、移住後
の生活変化を考察し、ラオス中部における戦争と地域住民の生存戦略(=レジリ
エンス)について検討する。

・倉島孝行「東北タイ東部の元タイ国共産党員らとその家族の50年:土地利用と
生業様式を生んだ断絶性と連続性」
もともと都市労働者層をターゲットに据えていたタイ国共産党(CPT)による革命
運動は、サリット政権の都市部での弾圧を経て毛沢東の農村革命論へと傾斜し、
やがて農村から都市を包囲するという武闘路線を打ち出した。そして、実際にそ
れに合わせ、CPTは辺境の森林地帯に革命拠点を置きはじめた。以上は1950年代
末から60年代にかけて起こった出来事である。以来、多くの農民がCPTの運動に
自発的あるいは半ばやむなく加わり、1980年代初めまでその状況が続いた。本発
表は、タイで見られた以上の事象をその渦中もしくは周辺で体験した、農民らの
50年間について報告するものである。特に彼/彼女らの土地利用と生業様式に照
準を定め、内戦前と内戦中、さらには内戦後で何が変わり、何が変わらなかった
のかを述べ、その時間的、空間的な断絶性と連続性について論じる。

・片岡樹「冷戦がもたらしたタイ国山地社会の変動」
20世紀後半のタイ国北部山地社会に見られる顕著な特徴は、人口の激増と民族構
成の激変である。タイ政府が行った山地集落調査によると、1970年代から1990年
代にかけ、全国平均を大幅に上回る人口増が記録されている。そのなかでも、特
定地域・特定民族の極端な人口増が全体の数値を押し上げているのが特徴的であ
る。これは明らかに自然増ではなく、冷戦期の政治的要因にもとづく越境流入人
口の増加と推定される。山地における人口の推移については、従来の先行研究で
は焼畑移動民の習性によるものとして漠然と説明されるにとどまる傾向にあった
ため、そこでの社会変化を冷戦期政治史の文脈で考察する試みは低調であった。
本報告では、冷戦期の極端な人口変化の事例として、チェンライ県において現在
ではラフやアカといった山地少数民族が集住する地区をとりあげ、現在見られる
ような民族構成が、冷戦期を通じいかに形成されてきたのかを検討することにす
る。

※詳細情報は下記の地区例会HPからもご覧いただけます。
https://sites.google.com/site/kansaireikaitounanajia/li-huinoo-zhirase

白山人類学研究会のご案内

お世話になっております。 白山人類学研究会の定例研究会の開催日が近づいてきましたので、 リマインドメールをお送りします。

研究会への事前参加登録は不要 です。皆様のご参加を歓迎いたします。
※重複受信されている方は申し訳ありません。

日時:2017年6月19日(月)18:15~
場所:東洋大学白山キャンパス8号館3階 8305教室
http://www.toyo.ac.jp/site/ access/access-hakusan.html

*研究会終了後、懇親会をおこないます。

◇発表題目
シンガポールのヘリテージ・ツーリズムとエスニック・ アイデンティティ――プラナカン文化の表象と消費をめぐって

◇発表者
平島(奥村)みささん (東洋大学社会学部教授)

◇要旨
 シンガポールでは近年、文化遺産政策と並行してヘリテージ・ ツーリズムが発展している。 本報告ではその中でもプラナカン文化について取り上げる。 プラナカン文化は19世紀から20世紀初頭に頂点を極め、 第二次大戦後急速に衰退したが、再び脚光を浴びている。 プラナカン文化復興・継承活動が盛んになる一方、 コマーシャリズムの波に消費され、 文化的正統性を損なう懸念も出てきた。また、このような「 第4の文化」が内外に認知されることで、 シンガポール多民族社会の在り方にも変化が生じている。 本報告を通して、ポスト・リー・ クアンユー時代に入ったシンガポールの新しい文化状況についても 分析を試みたい。

--
++++白山人類学研究会+++++

112-8606 東京都文京区白山5-28-20
東洋大学社会学部松本誠一研究室内
白山人類学研究会
2017年度幹事: 箕曲在弘
hakusanjinrui(a)gmail.com
+++++++++++++++++++++++

福岡アジア文化賞受賞者の発表

福岡アジア文化賞 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
第28回(2017年)福岡アジア文化賞受賞者の決定について
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017.06.08


初夏のみぎり、変わらずご壮健のことと存じます。

さて、アジア地域の文化振興と相互理解および平和に貢献するために、福岡市
と(公財)福岡よかトピア国際交流財団によって創設いたしました「福岡アジア
文化賞」ですが、本年も福岡アジア文化賞選考委員会・審査委員会において厳
正なる審査を経まして、6月8日に福岡アジア文化賞委員会で、第28回の
受賞者を下記のとおり決定しましたのでご報告いたします。

授賞式は、9月21日(木)に福岡市で開催いたします。

===============================================================
≪大賞≫ パースック・ポンパイチット および クリス・ベーカー
===============================================================

タイ/経済学
英国/歴史学

【贈賞理由】
1980年代から急速に経済発展してきたタイの社会変動を、東洋と西洋の
知性の協働、社会科学と人文科学の融合をとおして複眼的で総合的な視
点から分析し、学術研究の対象と方法にアジア発の新たな展開と深化を
もたらすとともに、積極的な社会貢献を行ってきたパースック・ポンパ
イチット氏とクリス・ベーカー氏は、まさに「福岡アジア文化賞 大賞」
にふさわしい。

===============================================================
≪学術研究賞≫ 王 名(ワン・ミン)
===============================================================

中国/行政学、NGO・市民社会研究

【贈賞理由】
中国におけるNGO(非営利の非政府組織)研究、環境ガバナンス研究の第
一人者。清華大学でNGO研究センターを立ち上げ、NGO研究を中国へ導入
したほか、公益慈善(Philanthropy)研究という新しい学問分野を開拓
した。フィールド調査を重んじ、国外の社会科学的分析手法をも取り入
れながら中国におけるこの分野の研究水準を高め、かつ多くの若手研究
者を育成している。社会問題や環境問題の解決に向けてNGOの可能性を
追究する王名氏は、まさに「福岡アジア文化賞 学術研究賞」にふさわ
しい。

===============================================================
≪芸術・文化賞≫ コン・ナイ
===============================================================

カンボジア/音楽

【贈賞理由】
コン・ナイ氏は、カンボジアの多難な歴史を生き抜き、伝統的語り物音
楽・チャパイの弾き語りを現代に伝える数少ない伝承者である。演奏、
作曲によってこの音楽の魅力と可能性を世界に発信するとともに、後継
者育成や国連の人権活動、障がい者支援の催しへの協力にも多大な貢献
をしている。民族音楽を通した国内外での活動は、まさに「福岡アジア
文化賞 芸術・文化賞」にふさわしい。

===============================================================

各受賞者の詳細につきましては、本賞ウェブサイトにも掲載しておりますので、
下記URLよりご参照いただければ幸いです。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ⇒ http://fukuoka-prize.org/
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

これからもこの賞を通じてアジアの学術・芸術・文化の発展に貢献された方々
に敬意を表し、アジアの固有かつ多様な文化の価値を都市の視点でアジアに、
そして世界に伝えていきたいと考えております。

今後とも本賞の発展に向けてご協力をよろしくお願い申し上げます。

「ほーおじさん都市より届く音楽」演奏会

こんなのがあるそうだ。タイトルの訳がちょっと笑えるが。詳しいプログラムは下記の日本ベトナム経済交流センターまでお問い合わせを。

在大阪ベトナム総領事館とホーチミン市の主催で下記の演奏会が開催されます。
総領事館より多くの方にお越しいただきたいので各界に呼びかけてほしいとの依頼がありました。
ご参加の場合は当センターまでご連絡いただけますようお願いいたします。
プログラム詳細は添付をご覧ください。


日時:20:00-21:30 2017年04月12日
場所:新神戸オリエンタル劇場 
〒650-0002 神戸市中央区北野町1-3

日時:19.00-20.30 2017年04月13日
場所:i-house 大阪国際交流センター 大阪カンファレンスセンター
〒543-0001 大阪市天王寺上本町8丁目2番6号

********************************************
一般社団法人 日本ベトナム経済交流センター
      専務理事 織田公文
〒530-0012大阪市北区芝田2-1-18西阪急ビル8階
  TEL:06-6359-5071 FAX:06-6359-5072
e-mail:oda(a)j-veec.or.jp URL:www.j-veec.or.jp
********************************************
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。