FC2ブログ

大規模災害時の通訳の不足

たいへんな世の中になりましたね。通常のインフルエンザより毒性や感染力が低いウイルスが世界をマヒさせるとは。

さて、3.11に関連した記事で、今朝の毎日新聞(大阪本社版)16面「明日への備え」が、共同通信の各都道府県への調査結果を照会している。それによると、大規模災害が発生した際に外国人に対応する通訳・翻訳ボランティアで自治体に登録している人(全国で計約8000人が都道府県に登録している)が、「おおむね十分」と答えたのが8県、「やや不足」は16府県、「不足」は17道府県で「どちらともいえない」などが6都県、「十分」と答えた都道府県はゼロだったそうだ。

次に足りない言語を複数回答で尋ねたところ、上位5言語はベトナム語32、フィリピン語(タガログ語)13、ネパール語12、インドネシア語10、ポルトガル語8だそうだ。福島県は「英語・中国語以外」、滋賀県と佐賀県は「全言語」と答えたとのこと。ベトナム語が圧倒的にトップなのは技能実習生などが急増したせいだという説明もある。高知県は133人の登録者のうちベトナム語はゼロ、千葉県は英語が635人、中国語が116人の登録者の一方で、ベトナム語は7人、ネパール語は2人だそうだ。自治体は研修などで育成を進めるが、限界があるとの声も漏れる。兵庫県は「国などが一括してボランティアを育成し、災害時に自治体の要請に応えられる制度を確立してほしい」とした。というのが記事の結びである。その横の東京外語大の内藤稔准教授(通訳・翻訳学)のコメントでは、(1)他地域からの派遣やインターネットを介した通訳など広域的に協力できる体制の必要性、(2)司法や行政、医療、教育の知識(罹災証明書、社会福祉協議会などの言葉の翻訳も必要になる)を含み、行政文書などを用いた実践的な研修を進める必要、などが要領よく説明されている。

これらが現在のような感染症騒ぎにも当てはまることは言うまでもないだろう。

ここから先は何度となく繰り返してきたこと。政府はまず外語大のそういう言語の予算と教員・学生定員を大幅に増やすこと。日本に来る外国人だけを当てにするのは考えが甘い。専門家が少ないということは電子翻訳の水準も低いということなので、グーグル翻訳に頼ることもほとんどできない。
そして、外語大のそういう言語に「センターの点が低くて英語などメジャー言語の専攻に入れなかった学生ばかりでなく、高学力の才能ある学生がどんどん入るような仕組みを作ること」。言葉が十分出来て司法・行政や医療・教育もハイレベルな知識をもつためには、それが欠かせない。

これを実現するには、社会の側の認識を全面的に改めねばならないのだが、そういう「マイナー言語」に優秀な学生が集まらないのは社会に行き渡った「アンコンシャス・バイアス」のせいである。アンコンシャス・バイアスはみんな「自分が偏見をもっている、差別をしている」とは思わないわけだから、それを変えるのに啓蒙や説得だけでは不十分だというのが、ジェンダーや障碍者などの問題が教えるところだろう。仕組みや制度をどうするか、政府・自治体も大学も、みんな考えるべきだ。
スポンサーサイト



東南アジア学会九州地区例会のご案内

九州地区例会では、アジア政経学会定例研究会と合同で、以下のような研究会を開催いたします。ぜひ奮ってご参加ください。

**********************************
日時:2020年3月1日(日)14:30~17:20
場所:九州大学 西新プラザ(福岡市早良区西新2-16-23)
http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/index.php
http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/access.html

報告1: (14:30~15:10)
報告者:謝 帆(九州大学 大学院地球社会統合科学府 修士2年)
テーマ:文芸雑誌「摘訳」に見る中国「文革」時期の日本文学翻訳と受容
討論者:阿古 智子(東京大学)

報告2:(15:10~15:50)
報告者:李 翔宇(同志社大学 経済学研究科 博士後期課程)
テーマ:中国における経済成長の収束性に関する分析
討論者:戴 二彪(アジア成長研究所) 

~ 休憩10分 ~ (15:50~16:00)

報告3:(16:00~16:40)
報告者:劉 澤文(九州大学 大学院経済学府経済システム専攻 修士2年)
テーマ:中国企業のカンボジアにおける農地取得――バイオエタノール原料としての
キャッサバ生産の拡大
討論者:清水 一史(九州大学)

報告4:(16:40~17:20)
報告者:山口 健介(東京大学 未来ビジョンセンター 特任助教)
テーマ:タイに見る天然ガス川下産業の競争力――マレーシア、インドネシアとの
比較的見地
討論者:佐藤 百合(アジア経済研究所)

定例研究会の終了後、近くで懇親会を予定しています。ご都合のつく方は、そちらにもぜひご参加ください。

問い合わせ先:
定例研究会運営委員会 佐藤百合・阿古智子 (teikikenkyukaijaas〔@〕icloud.com)
あるいは清水一史(shimizu〔@〕econ.kyushu-u.ac.jp)
までお願いします。
(〔@〕を@に変えてお送りください)

査読付きジャーナル論文投稿セミナー

みなさま

京都大学東南アジア地域研究研究所と日本貿易振興機構アジア経済研究所の共催
で『東南アジア研究』と『アジア経済』の編集委員による下記のセミナーを開催
するはこびとなりましたのでご案内差し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------
査読付きジャーナル 論文投稿セミナー
『東南アジア研究』(地域研究)と『アジア経済』(発展途上国・新興国研究)
への投稿案内
--------------------------------------------------------------------------------
●日時:2020年3月29日(日)13:30~17:00
●会場:京都大学稲盛財団記念館3階中会議室
●プログラム:https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/2020/03/2020329/
1.『東南アジア研究』および『アジア経済』の特徴について
-藤田幸一(『東南アジア研究』編集委員長)
-川中豪(『アジア経済』編集委員長)
2.投稿時の注意点と査読プロセスについて
-小林昌之(『アジア経済』編集委員兼編集部)
-設楽成実 (『東南アジア研究』編集室 )/ 藤田幸一
3.座談会「投稿と査読の経験を語る:ディシプリンの違いを踏まえて」
 岡本正明、片岡樹 、甲山治( 『東南アジア研究』)
 橋口善浩、川上桃子( 『アジア経済』)
4.質疑応答、グループワーク/個別相談会
●参加方法:下記より要事前登録(定員40名、参加費無料)
https://edit.cseas.kyoto-u.ac.jp/submit-seminar
●主催:京都大学東南アジア地域研究研究所、日本貿易振興機構アジア経済研究所
●問い合わせ先:京都大学東南アジア地域研究研究所・編集室
 japanese-editorial [at] cseas.kyoto-u.ac.jp
([at]は@に置換)

タンロン遺跡の八角形建築遺構の比定

今日届いたベトナムの雑誌『考古学』2019年6号。ハー・ヴァン・タン先生の追悼記事(トン・チュン・チンさん)、タンロン遺跡C区で見つかった李朝の八角形建物のファム・レー・フイさんたちによる考証(文献に見える建物名への比定がついに実現した!)、雲南との国境に近いハーザン省の寺院遺跡に見られるチャム的要素など、必読の論文が何本も載っている。卒論修論D論の合間に急いで読まねば。

東南アジア学会中部例会のお知らせ

第262回中部例会を下記の要領で開催いたします。
事前申し込みは不要となっておりますので、皆様奮ってご参加ください。

発表者:泉川 普(元愛知県立大学客員共同研究員)
タイトル:「蘭印の対日輸入貿易とオランダ企業―戦間期を中心に―」
日時:2月1日(土)、14:30~17:00(開場14:00)
会場:愛知県立大学サテライトキャンパス
https://www.aichi-pu.ac.jp/about/access/index.html

問い合わせ先:矢野順子(愛知県立大学)jnkyano[at]for.aichi-pu.ac.jp([at]を@に替えてお送りください)

なお、開催校施設管理の関係により、一部の学会員の皆様にお知らせしておりました日程よりも1週間早まり、1月例会との開催間隔が短くなってしまいました。
皆様には多大なるご迷惑をおかけすることになり、心よりお詫び申し上げます。
なるべく多くの方の参加をお待ちしております。
何卒よろしくお願い申し上げます。

東南アジア学会関東例会のお知らせ

日時:2020年1月11日(土)13:30~17:45
場所:早稲田大学早稲田キャンパス 19号館 710教室(アクセス
例会終了後、1時間程度の簡単な懇親会を開催いたします。

第一報告(13:30~15:30)
報告者:須藤玲(上智大学大学院)
コメンテータ:福武慎太郎(上智大学)

報告題目:教授言語政策の形成プロセス分析から見える小規模草創期国家の教育戦略
     -東ティモールの教授言語政策をめぐるダイナミズムに関する研究から-

要旨:本発表では、2011年から2013年にかけて試験的に実施された、母語を教授言語として容認する教育政策(MTB-MLE:Mother
Tongue Based Multilingual Education
Policy)を政策立案プロセスに関する分析事例から、小規模草創期国家・東ティモールの教授言語政策をめぐるダイナミズムを明らかにする。発表者は2019年4月、9月にフィールド調査を行い、本教育政策の立案に関わった人・組織に対してインタビューを行った。その結果MTB-MLEの政策立案の際に、多様なアクターが関わっており、それぞれが異なる意図をもって参画しており、東ティモールの教授言語政策立案のポリティクスが描き出された。つまり、東ティモールの教授言語政策は、単に旧支配国の影響だけではなく、政府内のパワーバランス、とりわけ草創期の国家が置かれた国際関係など、様々な要因で決まっていくという、東ティモールの教育政策立案のダイナミズム、ひいてはグローバル化時代における小規模草創期国家の生存をかけた教育戦略が浮き彫りとなった。

第二報告(15:45~17:45)
報告者:森田良成(桃山学院大学)
コメンテータ:福武慎太郎(上智大学)

報告題目:穴だらけの国境を越える
     ーティモール島国境地域における「周縁性」の考察

要旨:東ティモール民主共和国の成立によって、ティモール島はインドネシア共和国領西ティモールと東ティモール領とに分かれた。本発表では、東ティモール領の「飛び地」であるオエクシ県を囲む国境に注目する。国家の周縁に位置し、開発の遅れた山村にすぎなかった場所は、国境線が引かれることで、異なる政治経済体制が向かい合う場所となった。そこでは人と物の移動が制限を受けることになり、それゆえに新しい移動と経済的利益が生まれることになった。国境付近で暮らす農民たちは「ねずみの道(ジャラン・ティクス)」を使って「密輸」を行うようになり、それは村の日常の風景として「公然の秘密」といわれるものになっていった。
 本発表では、国境ができたことによって「可能」となった新しい移動の意味と、どちらかの国家の「国民であること」が人々の生活に何をもたらしているのかを明らかにしながら、国家の周縁における国民と国家の関係について議論する。


みなさまのご参加をお待ちしております。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR