FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ政治に関する国際セミナー

下記のとおり、タイ政治に関する国際セミナーを開催させて頂きます。
ご参加頂く場合には、事前にご連絡くださるようお願いいたします。
(予約している部屋が非常に小さく、事前に人数を把握させて頂きたいため)

なお、本セミナーは英語で行います。

<テーマ>
“The Future of Thailand’s Democracy:
Analyzing from the Constitution, Anti-corruption and International relations”

日時:2018年7月20日 14:00 - 17:00
会場:京都大学東南アジア地域研究研究所
   稲盛会館2階 東南亭

司会: 外山文子(京都大学)
発表:
1.Assistant Professor Dr. Pandit Chanrochanakit
  (Chulalongkorn University)
2.Lecturer Dr. Virot Ali
  (Thammasat University)
討論者:
Prof. Puangthong r. Pawakapan
(Chulalongkorn University)

主催:基盤研究B「新興国における汚職取締の政治学」(代表:外山文子)

お問い合わせ先:
外山 京都大学東南アジア地域研究研究所
e-mail: fwis2356(a)nifty.com
スポンサーサイト

日本カンボジア研究会のお知らせ

先日石澤良昭先生がTVに出たが、ポルポト政権期に深刻な断絶を経験したカンボジア研究も、ずいぶん広がってきたのだろう。

第12回日本カンボジア研究会のプログラムをお知らせします。本会は、カンボジアに関心をもつ有志が組織する研究会です。今年は、以下の要領でおこないます。カンボジアに関わる話題を広く取り上げて議論する得がたい機会として、皆さまのご参加をお待ちしています。事前の参加登録は必要ありません。また、転送・拡散を大歓迎いたします。

※発表要旨については、近日中に以下のURLにアップロードします。
http://cambodianstudies.blogspot.jp

<日時と場所>

6月30日(土)および7月1日(日)
京都大学稲盛財団記念館3階中会議室(両日とも)
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/

<プログラム>

6月30日(土)

13:00 開場

14:00-14:15 趣旨説明 小林知(京都大学)

14:15-14:55 発表(1)

小林知(京都大学)、イム・ソックリティー(アプサラオーソリティ)
「アンコール遺跡地域の景観変容に関する予備的研究 ―航空写真を使った国際化時代の資料共有化の試み―」

14:55-15:45 発表(2)

東佳史(立命館大学)
「「カンボジアの春」あるいは「フェイク・デモクラシー」 ―2018年カンボジア総選挙に向けた報告―」

15:45-16:00 休憩 

16:00-16:40 発表(3)

藤本穣彦(静岡大学)
「プレック・トノット川流域システム ―社会技術論からのアプローチ―」


16:40-17:20 発表(4)

友次晋介(広島大学)
「プレック・トノットダム計画と日本主導の開発援助 ―カンボジアをめぐる冷戦・開発・メコン川流域諸国間関係―」

17:20-17:40 総合討論

18:00- 懇親会


7月1日(日)

9:30 開場

10:00-10:40 発表(5)

中野惟文(東北大学大学院)
「カンボジアの伝統医療師の治療 ―タケオ州の事例から―」

10:40-11:30 発表(6)

武田龍樹(京都大学大学院)
「カンボジア北西部村落部における内戦の残存物 ―記憶へのひとつの人類学的接近法―」

11:30-12:10 (7)

由比邦子(桃山学院大学・非常勤講師)
「アンコール浮彫の弓形ハープ図像をめぐって」

以上

AA研フィールドネット・ラウンジ募集のお知らせ

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所は、海外で調査・研究をされる方を対象として、
研究情報交換ネットワークFieldnetを運営しております。
(http://fieldnet.aa-ken.jp/)
このFieldnetに関連して、フィールドネット・ラウンジとして、若手研究者によるシンポジウムやワークショッ
プ等の企画を、募集します。
これは、次世代の研究者が積極的に研究企画を実施し、研究者間ネットワークを広げる一助となることを目的と
しております。
若手研究者の方々による、斬新な企画を、お待ちしております。
【応募資格】
博士課程後期の大学院生、各種研究員、助教など次世代の研究者で、AA研のFieldnetのメンバー(登録者)の方
は、どなたでも企画責任者となって応募することができます。
Fieldnetに登録がお済みでない方は、事前に登録を済ませてからご応募ください。
【公募内容】
研究会企画 最大2件程度(1件あたり30万円程度を上限とする)
人類学、言語学、地域研究、歴史学、生態学、医学、生物学、農学をはじめとする諸学問分野に関連する研究会
企画実施のための旅費などを支援します。海外で行ったフィールドワークにより得られた知見や、フィールド
ワークの手法に関する企画を歓迎します。特に、学際的な企画を期待します。
【応募締切】
2018年6月29日(金)必着
【結果通知】
2018年7月中旬を予定
詳細は公募要項(PDF)をご覧ください。
http://fieldnet.aa-ken.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/fieldnet_lounge_2018.pdf
皆さまのご応募をお待ち申し上げております。
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

枯葉剤問題のシンポジウム

ベトナム枯葉剤問題のシンポジウム
http://nhatvietosaka.jp/log/orenjimura20180529.html

ダイオキシンの遺伝的被害は何世代でも続くのだそうだ。原発問題と似ているか。

国際協力に関するセミナー

このごろこういう世界ではアフリカや中央アジアに比べて東南アジアの影が薄くなりつつあるとも聞くが、まだまだ仕事はあるのだろう。

実践女子大学人間社会学部では、来る6月30日に公開講座「途上国で働く:パートナーシップの国際協力」(パネル・ディスカッション)を開催いたします。

パネリストには、カンボジア、ミャンマー、ベトナムなど東南アジアを中心にODAや社会的投資など様々な方面で国際協力に携わってきた方々3名をお招きします。

国際協力に関心を持つ学生の皆さんにもお声がけいただけましたら幸いです。


入場無料・事前申込不要です。



日 時:2018年6月30日(土) 13:30~15:30(13:00開場)

場 所:実践女子大学渋谷キャンパス(渋谷区東1-1-49)

創立120周年記念館 5階 502教室

http://www.jissen.ac.jp/access_guide/index.html

※渋谷駅東口周辺は再開発工事中で歩道橋が若干わかりにくくなっておりますのでお気をつけください。表参道駅からもいらっしゃれます。

パネリスト:

小川佳子氏(アイシーネット株式会社ODA事業部コンサルタント)

功能聡子氏(ARUN合同会社代表、認定NPO法人ARUN Seed代表理事)

柴田翔氏(株式会社ニュージェック国際事業本部開発コンサルタント)

コーディネーター:高橋美和

東南アジアの環境に関するカンファレンスのペーパー募集

これもNUSからの募集。

CALL FOR PAPERS DEADLINE | 15 JUNE 2018

Sustainable Transboundary Governance of the Environmental Commons in Southeast Asia
DATE | 1-2 November 2018
VENUE | Asia Research Institute, National University of Singapore
ARI Seminar Room, AS8 Level 4
10 Kent Ridge Crescent, Singapore 119260
WEBSITE | https://ari.nus.edu.sg/Event/Detail/fcafab62-88d7-4fdf-8995-64c73d2d494a


Organised by the Asia Research Institute, National University of Singapore; supported by SSRC grant on Sustainable Governance of Transboundary Environmental Commons in Southeast Asia (MOE2016-SSRTG-068), and in collaboration with the Sydney Southeast Asia Centre.

Economic integration and resource interdependencies in a rapidly urbanising and increasingly middle class Southeast Asia are bringing to the political fore questions about how to sustainably govern common pool resources. As the development interests of Southeast Asian countries and their transnational partners, together with the political cultures that characterize ASEAN, come into growing tension with environmental agendas, the problem of transboundary environmental governance is being heightened by climatic instability and ever more frequent and costly disasters that cannot be neatly contained within nation-states, such as atmospheric pollution (regionally known as “haze”), wildfires, droughts and floods. These trends highlight both the shortcomings of existing transboundary environmental governance regimes and the “ASEAN way”, bringing attention to the need to forge more comprehensive and inclusive pathways to planning, managing and implementing policies for sustainable development within and beyond Southeast Asia.

This multi-disciplinary workshop will explore key issues in sustainable development with particular reference to the ecological commons in Southeast Asia from a transboundary governance perspective. Here, we treat questions of access to environmental resources as intrinsically transboundary in the current era of globalization, economic integration, and global climate change that is producing socioecological transformations across multiple scales. Posing sustainable development of the transboundary commons as a problem of environmental governance reflects our premise that multi-disciplinary, multi-stakeholder and multi-sectoral approaches are required to deal with these shared and overlapping issues that affect entire societies in the rapidly changing region of Southeast Asia. As such, inclusive and comprehensive governance strategies are required, as opposed to top-down or expert-driven managerial solutions. It is now widely understood that the devastating health and socioeconomic impacts wrought by transboundary pollution of the atmospheric commons of Southeast Asia through seasonal biomass burning require ongoing cooperative efforts between governments, multinational companies, financial institutions, activists and communities if the haze problem is to find any meaningful redress in the longer term. Decisions on hydropower dam developments in the riparian regions of continental Southeast Asia similarly require collaborative efforts among multiple stakeholders to stem the degradation of aquatic habitats and protect the complex array of livelihoods that depend upon them within and between countries.

This event combines the richness of empirical research with theoretical insights into how to conceptualise and govern the transboundary environmental commons. Our conceptual invocation of the environmental commons signals our recognition that common pool resources defy territorial enclosure within individual countries, flowing as they do between administrative borders for use by diverse collectives of users. The open access nature of the transboundary commons renders such resources vulnerable to unrestrained exploitation in the absence of enforceable international legal instruments. Yet the transboundary commons is also emerging as a political space for giving voice to progressive approaches to conservation efforts and sustainable development agendas. As transboundary networks of cooperation bring together people across jurisdictional divides in Southeast Asia, new opportunities are opening to build more effective environmental governance regimes in the service of paving more resilient and sustainable regional futures.

We invite the submission of papers from beginning and established scholars, policymakers, activists and development practitioners to explore these issues in governing the transboundary environmental commons of Southeast Asia. We encourage applicants to consider empirical case studies and theories in comparative Southeast Asian contexts and to draw lessons that can be learned from Southeast Asia for transboundary governance regimes elsewhere in the world. Questions that will guide the workshop proceedings to speak to related themes across disciplinary and geographical boundaries include:

• What proximate and underlying factors are driving the unsustainable use of transboundary common pool resources in Southeast Asia, how are the factors linked through time and across scales, and in what ways are they changing?
• What sorts of innovations in transboundary governance are emerging in Southeast Asia in response to shared environmental problems and development interests, and how well are they working?
• Can re-conceptualising environmental problems through the lens of transboundary environmental commons/ common pool resources lend insights into more effective and participatory forms of transboundary environmental governance?
• To what extent can examples of transboundary activism/ governance that emerge in specific contexts in Southeast Asia be thought of as examples of best practice for replication or emulation in other world regions?
• What kinds of actions are needed at different scales to promote more effective modes of transboundary environmental governance?

SUBMISSION OF PROPOSAL

Paper proposals should include a title, an abstract (250 words maximum) and a brief personal biography of 150 words for submission by 15 June 2018. Please note that only previously unpublished papers, or those not already committed elsewhere, can be accepted. The organisers plan to publish an edited volume with selected papers presented in this conference. By participating in the conference you agree to participate in the future publication plans of the organisers. Hotel accommodation for three nights and a contribute towards airfare expenses will be provided for accepted paper participants (one author per paper).

Please submit your proposal using the provided paper proposal to Dr Michelle Miller at arimam(a)nus.edu.sg and Miss Sharon Ong at arios(a)nus.edu.sg by 15 June 2018. Successful applicants will be notified by 30 June 2018 and will be required to send in a completed draft paper (5,000 - 8,000 words) by 15 October 2018.

ORGANISERS

Professor David Taylor
Department of Geography, National University of Singapore

Professor Jonathan Rigg
Asia Research Institute, and Department of Geography, National University of Singapore

Dr Michelle Miller
Asia Research Institute, National University of Singapore
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。