FC2ブログ

12/12・12/14:東南アジア・ドキュメンタリー映画上映会「ジャスティス」のご案内

京都大学東南アジア地域研究研究所では下記の要領で東南アジアを対象に
した短編ドキュメンタリー映像作品の上映会を京都(12月12日)と東京
(12月14日)で開催します。

「ジャスティス」をテーマに東南アジアから応募された短編ドキュメンタ
リー作品の中から、厳選した5作品を日本語字幕付きで上映します。
上映後は、各地域の専門家による解説と、各作品の監督をゲストに迎えた
トーク・セッション(同時通訳つき)を行います。京都だけでなく東京で
も開催しますので、お誘いあわせの上ふるってご参加ください。

―――――――――――――――――
第8回 Visual Documentary Project
―――――――――――――――――
■京都上映会
日時:2019年12月12日(木)午後1時30分~午後6時
場所:東南アジア地域研究研究所 稲盛財団記念館・大会議室
アクセス:https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/
参加方法:入場無料・事前予約不要・同時通訳あり
主催:京都大学東南アジア地域研究研究所
共催:国際交流基金アジアセンター
HP:https://vdp.cseas.kyoto-u.ac.jp/vdp2019/

■東京上映会
日時: 2019年12月14日(土)午後1時30分~午後6時
場所: 東京ウィメンズプラザ
アクセス:http://www.jpf.go.jp/j/access/map.html
参加方法・プログラム:https://jfac.jp/culture/events/e-vdp2019/
主催:国際交流基金アジアセンター
共催:京都大学東南アジア地域研究研究所

■上映作品(番号は上映順)
1.「私たちは歌で語る」(Dony Putro Herwanto監督、インドネシア、2018)
ある出来事を巡る真実を次の世代に伝える手段にはいろいろなものがある。歌を通
して伝えることはその一つだ。ディアリタ合唱団は、1965年に自分たちが経験した
出来事の真実を歌にする道を選んだ。その歌詞は、両親・友人や自然の美しさ、そ
して祖国への愛を謳いながらも、この歴史的な出来事の暗い側面を理解するための
別の見方を提供する。

2.「落ち着かない土地」(Nguyen Thi Khanh Ly監督、ベトナム、2019)
ホーチミン市の新都市計画が進む2区の中にあるトゥーティエムとアンフー地区に、
1000平方メートルもの土地を持つ74歳のホンさんは、幸運にも土地の収用を免れた
が、彼女の5人の子供たちは土地を収用されてしまった。今、彼女の唯一の願いは、
残された土地を自分と子供たちのために守り抜くことだ。

3.「叫ぶヤギ」(Thunska Pansittivorakul監督、タイ、2018)
「タイ南部の国境地帯は危険で恐ろしく、住むべきところではない、暴力に満ちた
場所だ。」メディアはたいていこの地方をこのように紹介する。しかし、南部の国
境地帯は実際にはどのようなところなのだろうか。この作品は、女性同士のカップ
ルの目を通じて、この地方についてのもう一つの見方にいざなう。

4.「あの夜」(Jeremy Luke Bolatag監督、フィリピン、2018)
2016年9月2日にフィリピン・ダバオ市のロハス夜市で起こった爆弾事件の二人の生
存者に、その後の生活を取材した。爆発で重傷を負った市場の露店商と、マッサー
ジ中だった妻と息子を爆発で亡くしたトラック運転手の二人を中心に語られる。二
人の生存者の悲劇から一年後の記録である。

5.「物言うポテト」(Sein Lyan Tun監督、ミャンマー、2016)
「ポテト」という名の、障がいを持つカレン族の若い女性の物語。彼女は近所に住
む既婚者にレイプされた。男は訴えられたが、婚外の性的関係を持った誘惑事件し
てうやむやにされた。しかし、固い意思を持つポテトと家族は、長い間口をつぐん
で苦しんできた女性たちとこの事件を共有するため、真実と正義を求めて立ち上がっ
た。

■京都上映会コメンテーター(登壇順)
倉沢愛子(慶應義塾大学・名誉教授)
坂川直也(京都大学東南アジア地域研究研究所・連携研究員)
ピヤダー・ションラオーン(天理大学・准教授)
青山和佳(東京大学東洋文化研究所・教授)
若井真木子 (山形国際ドキュメンタリー映画祭・東京事務局)

■上映作品詳細情報
監督プロフィールほか詳細情報は下記をご覧ください。
https://vdp.cseas.kyoto-u.ac.jp/vdp2019/#sakuhin
■Visual Documentary Projectについて
東南アジア地域の若手映画作家らが、彼らの目を通して見たもの、心で感じたも
の、また体感したものを、ドキュメンタリー映像という形で表現するプラットフォー
ムを提供すべく、2012年から京都大学東南アジア地域研究研究所により始められ
ました。詳しくは下記をご覧ください。
https://vdp.cseas.kyoto-u.ac.jp/about-project/
スポンサーサイト



ドキュメンタリー映画上映「M for Malaysia」

マハティール首相の孫で映画監督であるIneza Roussilles監督が撮影した2018年
5月の総選挙のドキュメンタリー映画「MはマレーシアのM」(M for Malaysia)
を上映し、あわせてIneza Roussilles監督を招いたディスカッションを行います。

日時 2019年12月5日 13:00-16:00
場所 京都大学稲盛財団記念館3階中会議室

ディスカッション
1. Ineza Roussilles(「M for Malaysia」監督)
2. Sophie Lemiere(京都大学CSEAS招へい研究員、マレーシア政治)
3. Vilashini Somiah(マラヤ大学上級講師、サバ政治)

入場無料・事前登録不要で、関心がある方ならどなたでも参加できます。

上映は英語字幕がつきますが日本語字幕はありません。
上映後のディスカッションを含め、すべて英語で行われます。(通訳なし)

詳細は以下をご覧ください。
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/2019/12/20191205/

これはマレーシア政治を中心とする3日間の連続イベントの1つです。

サバとサラワクの政治に関する研究会

マレーシアのサバ州とサラワク州の政治に関する研究会「Anthropological
Perspectives on Sabah and Sarawak Politics」を行います。関心がある方なら
どなたでも参加できます。

日時 2019年12月3日 12:00-14:00
場所 京都大学稲盛財団記念館東南亭

話題提供者
1. Chua Tian Chang (マレーシア人民公正党副総裁補)
2. Vilashini Somiah (マラヤ大学上級講師、サバ政治)
3. Sophie Lemiere (京都大学招へい研究員、マレーシア政治)

事前登録不要
会議は英語(日本語通訳なし)

詳細は以下をご覧ください。
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/2019/12/20191203/

これはマレーシア政治を中心とする3日間の連続イベントの1つです。

女性研究者による多宗教社会でのフィールドワークに関する研究会のご案内

イスラム教が社会に大きな影響を与えているけれど非イスラム教徒が国民の半数
近くを占める多宗教社会マレーシアで長期にわたってフィールドワークを行って
きた2人の女性研究者を招き、多宗教社会におけるフィールドワークに関わる諸
問題、とりわけ男性優位である研究対象の間で女性研究者がフィールドワークを
行うことに関わる諸問題について参加者と共有します。あわせて、これからフィー
ルドワークを行おうとする若手研究者に対する個別の研究相談も行います。

Hanging out with Islamist, Gangsters and Revolutionaries: A Female perspective on The Art of (not) Being Prepared for Fieldwork

日時 2019年12月4日 12:00~
場所 京都大学稲盛財団記念館213室(セミナー室)

講師
1. Sophie Lemiere (京都大学招へい研究員、マレーシア政治)
2. Vilashini Somiah (マラヤ大学上級講師、サバ政治)

主に博士課程に在籍中または修了後の若手の研究者を対象にしていますが、趣旨
を理解して関心がある方なら年齢・性別にかかわらずどなたでも参加できます。

会議はすべて英語で行われます。(通訳なし)

個別の研究相談は事前登録が必要です。

詳細は以下をご覧ください。
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/2019/12/20191204/

チャンパーと中部ベトナムについての講演会

急に頼まれて久々にチャンパーと中部ベトナムの歴史の講演をすることになりました。
台風被害がないといいのですが。

「ベトナム行くなら中部:チャンパー王国とホイアン・フエの歴史」
10月14日(月・祝)18時~20時
日越友好協会大阪府連事務所(大阪環状線玉造駅下車) 
http://nhatvietosaka.jp/ 

予約不要、日越友好協会の会員外の方は資料代500円いただきます(当日入会も可)。
問い合わせは上記HPからメールでどうぞ。

東南アジア学会関西地区例会のご案内

今回は阪大開催。

2019年4月27日(土)開催の東南アジア学会関西地区例会の御案内をお送り致します。今回は海域アジア史研究会との共催で、下記の通り開催致します。多くの方の御来場をお待ちしております。
日時:4月27日(土)14:00-17:15
会場:大阪大学豊中キャンパス文法経済学部本館2階 大会議室アクセス:http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access ※豊中キャンパスマップ④の逆向き「コの字」型建物が会場のある建物です(大会議室は左上隅に位置します)。大会議室には、③の総合図書館側の入口から入って、右手の階段をあがり、廊下を右側にお進みください。階段手前の右側の部屋が会場の大会議室です。共催:海域アジア史研究会
第一報告(14:00-15:30)
発表者:鄭美景(花園大学大学院文学研究科博士後期課程)
発表題目:近代ベトナムにおける禅宗寺院の経典について―東南アジア地域研究研究所所蔵の在泰京越南寺景福寺所蔵漢籍を中心に―

発表要旨:
本発表では、東南アジア地域研究研究所所蔵の在泰京越南寺院景福寺所蔵漢籍の分析を通して、ベトナム、および日本、中国、韓国の大乗仏教文化圏における近代仏教経典のもつ特徴を述べる。近代大乗仏教文化圏では、衰退していた仏教が、カトリック、キリスト教といった宗教を含む西欧列強勢力の進出以来、仏教復興運動がある程度成功をおさめており、旧景福寺所蔵漢籍は重要な一例であると言える。例えば、漢喃の六八体長編詩の形態を整えた『阿弥陀経』をはじめ、『釈氏源流』、『報恩経』、『六祖壇経』などは、当時の中国や韓国で見られる禅浄一致や、儒教的性格を表している。この字喃というベトナム独自の表音文字は、日本の仮名、韓国のハングルのように近代的教育の導入により仏教運動の大衆化に貢献した。さらに、バンコクの華僑地区にある景福寺の地政学的位置からも、印刷技術の発達による経典の輸入や、編纂、そして近代仏教学の受容などが見え、大乗仏教文化圏の相互交流の流れも窺える。
第二報告(15:45-17:15)
発表者:上砂考廣(大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程)
発表題目:東ティモール レネティルの抵抗運動―紛争下におけるナショナリズムの機能に関する一考察―

発表要旨:本研究は、東ティモール独立紛争のおける「新世代」(Geração Foun)と呼ばれる東ティモール人の若者たちの抵抗運動に焦点を当てて、紛争下におけるナショナリズムの新たな機能を明らかにする。1990年代インドネシアにおいて当該国の民主化運動と東ティモール独立運動が連携し、共同デモを展開するという現象が見られた。少なくとも1990年代に入るまでは全く異なる運動として理解されてきたインドネシア民主化運動と東ティモール独立運動という異なるナショナリストの運動が、1990年代に入り連携するようになったのはなぜか? 東ティモール及びジャカルタでの現地調査を基に、東ティモール人たちの地下抵抗組織レネティル(RENETIL)がインドネシア本土で展開した思想運動「東ティモール独立紛争のインドネシア化」を分析することで、東ティモールの若者たちがインドネシア人とは異なるネイションを志向しながらも、彼らと共通の政治空間を創出したことを論じる。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR