シンガポールにおける日本占領期の記憶

来週水曜日夕方、阪大文学研究科で講演会

シンカ゛ホ゜ールにおける日本占領期の記憶_A4_2-01
スポンサーサイト

土曜日の阪大歴教研例会

遅ればせながら土曜日の阪大歴教研月例会の件。日本西洋史学会や国際東方学者会議など重なりまくりで参加者が少なかったのがとても残念な内容。

報告1はDCの猪原君の阪大東洋史名物「合同演習」とそこでSDC院生が学部生向けに行う「入門講座」の紹介。史学会125周年記念シンポの出版(『教育が開く新しい歴史学』)でも紹介したが、通常の大学史学系ではゼミや研究会で断片的に聞きかじったものを自分の頭の中でだんだん系統化していく(それが今やできなくなっているのだが)のに任されている「東洋史学の成り立ちと現在」「漢籍とは何か」「工具書の種類と使い方」などを、院生に講義させるところにミソがある(中国史だけでは許さないなど内容が多様化しているため、担当者は力点の置き方を変えて違ったレジュメを作れる。受講学部生は3年でだいたい網羅的な内容が聞ければいい、という考え)。「阪大の」を強調するとまた羽田正さんに怒られそうだが、初めて聞いた方は「ここまでやっているのか」と驚かれたろう。日本史のI塚先生が「それだけ東洋史は危機感が強いのだろう」と言われた通りである。若手研究者に(自分のオリジナルな研究と合わせて)こういう講義がきちんとできるぐらいでないと、今日の「歴史学など役に立たない攻撃」の主要部分は撃破できないのだ。

後半は佐藤正幸先生の西洋史学に書かれた原稿などを下敷きにした講演。近代日本における西洋学術概念に対する訳語の創出とその特徴(例:「西暦」とはなんたる言葉か)、それが可能にした「日本語で大学教育が当たり前に受けられる状況」(今でも世界中で当たり前ではない)、日本の歴史学の特徴(歴史学部がないことなど)、ご自分がオンリーワンとして道を開き世界で活躍してこられた経験など、いつ聞いても面白くて院生をencourageする内容だった。

討論では漢字文化の衰退(東アジア共通)と東洋史学の今後、グローバルヒストリーの一方で中文・中哲などとの協力は遅れていないか、など色々な話題が出た。

さて、それで今日の報告でも露呈したが、第二次大戦後現在までの歴史学と東洋史学の動向のまとめがなかなかうまくできないのは、高校の先生が現代史(特に冷戦終了後)はうまく筋を付けられないのと同様だろう。ちなみに戦後歴史学とマルクス主義のところは、毎度中国史の歴研派と京都学派の時代区分論争を不正確に取り上げるが(今回も)、やるなら自分の言葉で説明できるお湯にもっと予習すること、そうでなければ中国史以外の地域に関する論争を紹介することなどを考えるべきだろう。現在の阪大中央ユーラシア史の学生諸君は、遊牧社会の時代区分論争なんてひとことも聞いたことがないかな(全く無意味だったと片付けるのは全然正しくない)。

奈良歴史研究会例会・奈良歴史学入門講座のご案内


【奈良歴史研究会6月例会のご案内】
◇日時:2018年6月21日(木)18:30~20:30
◇会場:奈良市ならまちセンター 会議室2
    奈良市東寺林町38  ℡0742-27-1151
    近鉄奈良駅より南へ徒歩約10分、猿沢池の南側
    http://naramachi-center.org/
◇報告:書評 黒岩康博著『好古の瘴気―近代奈良の蒐集家と郷土研究』
            (慶應義塾大学出版会、2017年)
    評者 菊地暁氏
◇資料代:300円
☆今後の例会予定
 7月総会・例会:7月7日(土)13:00~14:30 総会
               15:00~ 例会 外岡慎一郎氏報告


【第28回奈良歴史学入門講座のご案内】
◇日時:2018年6月23日(土)14:00~16:00
◇会場:奈良市ならまちセンター 会議室2・3
    奈良市東寺林町38  ℡0742-27-1151
    近鉄奈良駅より南へ徒歩約10分、猿沢池の南側
    http://naramachi-center.org/
◇講演:河上麻由子さん(奈良女子大学)
    「日本古代の『外交』」
 〈主な研究業績〉
  『古代アジア世界の対外交渉と仏教』(山川出版社、2011年)
  「アジア史の中の日本」(鈴木靖民ほか編『日本古代交流史入門』勉誠出版、
2017年)
  「五代諸王朝の対外交渉と僧侶」
    (古瀬奈津子編『東アジアの礼・儀式と支配構造』吉川弘文館、2016年)
◇資料代:300円
◇主催:第28回奈良歴史学入門講座実行委員会
 問い合わせ:奈良大学文学部史学科木下光生研究室
       TEL/FAX 0742-41-9527(直通)
       E-mail : mitsuo_kinoshita(a)mvf.biglobe.ne.jp

第63回国際東方学者会議の海域史シンポ

明日だがね。行きたかった。しかし阪大歴教研とバッティング(日本西洋史学会も)。

第63回国際東方学者会議
63rd INTERNATIONAL CONFERENCE OF EASTERN STUDIES

Tokyo, May 19th, 2018

Symposium I:東アジア史を超えて――モノから見た宋元明移行期の海域アジア世界 (Beyond East Asian History: Maritime Asia Viewed from the Flow of Materials in the Sung-Yüan-Early Ming Transition)

Chairperson: IHARA Hiroshi 伊原弘

10:30−10:40 Introductory Remarks by YOKKAICHI Yasuhiro 四日市康博, Associate Professor at Rikkyo University

10:40−11:20 Oliver WATSON (UK):New Views: A Middle-Eastern Perspective on Islamic-Chinese Trade in the T‘ang-Sung Periods (唐宋期のイスラーム・中国貿易における中東の視点からの新見解) (in English)

11:20−11:50 MORI Tatsuya 森達也 (Japan):貿易陶瓷から見た9世紀から15世紀の東西交流 ――ペルシャ湾と琉球列島の比較を通じて (East-West Interaction from the Ninth to Fifteenth Centuries as Seen from Trade Ceramics: Through a Comparison of the Persian Gulf and the Ryukyu Islands) (in Japanese)

Lunch Time

13:00−13:30 KIKUCHI Yuriko 菊池百里子 (Japan):宋元明初の海域交流と東南アジア――ベトナム陶磁を中心に (Southeast Asia and Maritime Interaction in the Sung-Yüan-Ming China from the Perspective of Vietnamese Ceramics) (in Japanese)

13:30−14:00 OGAWA Mitsuhiko 小川光彦 (Japan):海域アジアにおける碇と錨の文化圏 (The Cultural Spheres of Wood-stone Anchors, Wooden Anchors, and Iron Grapnels in Maritime East Asia) (in Japanese)

14:00−14:30 YAMAUCHI Shinji 山内晋次 (Japan):アジアをつなぐ「硫黄の道」 (The “Sulfur Road” in Asia) (in Japanese)

14:30−15:10 QIU Yihao邱軼皓 (China): The Horse Riders Involved in the Maritime Trade: Continuities and Changes in the Indian Landscape under the Mongol Invasions (海上貿易に乗り出す遊牧民たち――モンゴル襲来期のインドにおける地勢認識の変容と連続性) (in English)
Coffee Break

15:30−16:10 Comments:
 KOJIMA Tsuyoshi 小島毅: Professor at the University of Tokyo
 TAKATSU Takashi 髙津孝: Professor at Kagoshima University

16:10−17:00 Discussion

日本科学史学会シンポジウム「歴史教育における科学史・技術史の教育的意義」

非会員も入れるそうだ。

<2018年度日本科学史学会シンポジウム>
 歴史教育における科学史・技術史の教育的意義

 日時:2018年5月26日(土) 14:10-16:40
 場所:東京理科大学葛飾キャンパス講義棟 5F(東京都葛飾区新宿6-3-1)
 交通:JR常磐線「金町」駅/京成金町線「京成金町」駅下車、徒歩8分。
  
 シンポジウム・プログラム
   
 司会 兵藤友博
 14:10-14:20 斎藤憲「はじめに:本シンポジウム開催にあたって」
 14:20-14:35 佐野正博「歴史学の一領域としての科学史・技術史の教育的意義」
 14:35-14:55 山田俊弘「どのように高校の歴史用語を選ぶのか:科学史のヒストリオグラフィーの問題」
 14:55-15:15 木本忠昭「高校の歴史教育において技術史をどのように取り扱うべきなのか:技術史から見たいくつかの論点」
 15:15-15:30 休憩(フロアからの質問・意見の集約ほか)
 15:30-16:40 全体討論
 
 主旨
 高大連携歴史教育研究会は、「細かい用語の暗記力を問う大学入試の影響で、高校の歴史教育が膨大な数の用語の説明・暗記に追われ、思考力を育成し歴史を学ぶ楽しさを実感させられる授業が行えない」という問題意識のもと、「ガリレオや坂本龍馬など、歴史を大きく動かしたわけではない人名などを削除すべき」などとする「歴史系用語精選の提案」(第一次)を2017年10月に発表した。
 同提案に対しては、歴史的思考力の育成というその基本的目標には異論がないものの、その手段として用語数を半減させる(現行の世界史・日本史の教科書の各3400-3800語という用語数を世界史1835語、日本史1856語に絞り込む)ことに対して様々な疑問・懸念や反論が投げかけられた。
 科学史・技術史の分野においても「ガリレオが高校の歴史教科書から消える」ということに対する疑問をはじめとして、同提案のままでは高校生における科学史・技術史に関わる知識や興味関心がこれまで以上に低下するのではないかという危惧・懸念が表明されている。
 またその一方で、歴史的思考力の育成という視点から高校段階における科学史・技術史のより適切な体系化を図ること、すなわち、高校段階で科学や技術の歴史における何をどのように教えることがより適切なのかを明確化することの必要性も指摘されている。
 高大連携歴史教育研究会の同提案に対して、科学史・技術史の分野から一定の問題提起をし、対案の作成を試みることは、科学史・技術史の教育的意義の新しい一面を明らかにすることでもある。
 これまで高校教育の段階における科学史・技術史の教育的意義は科学教育・理科教育との関連で論じられることが主であった。例えば科学的知識の歴史的形成プロセスを理解することは、科学的精神・科学的自然観(科学的なものの見方・考え方)の涵養や、物理・化学・生物・地学などの内容的理解に資するといったことが現在でも広く共通了解になっている。
 しかし科学史・技術史も政治史や美術史などと同じく歴史学の一領域(分野)として位置づけることができるとすれば、歴史教育との関連において科学史・技術史の意義を論じること、すなわち、「歴史教育の視点から見て、科学や技術の歴史における何をどのように取り上げることが有用かつ適切であるのか?」を明確にすることも必要かつ重要である。
 本シンポジウムは、兵藤友博会員の司会のもと、最初に斎藤憲会長から開催趣旨説明を含む10分程度の挨拶を頂き、その後、各パネリストからの15-20分程度の報告の後、フロアから意見・質問を広く受け付ける。

用語精選に関するアンケート結果

高大連携歴史教育研究会が「用語精選(第一次案)」の公表と並行して行った、用語精選の方向性に関するアンケートの結果とそれにもとづく提案が同会HPに公表されています。
http://www.kodairen.u-ryukyu.ac.jp/pdf/questionnaire_results.pdf

新科目や新型入試に向けて、それぞれの場で「何種類の教科書に出ている用語か」を最大の基準にする従来の方法(それは新課程にはほとんど転用できないでしょう)とは別のやり方に向けた真剣な検討がおこなわれるよう、心から祈ります。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR