坂本龍馬を高校歴史教科書に載せる意味は?

皆さんお久しぶりです。今週火曜に高校歴史用語の精選提案が朝日新聞に載ったため、水曜日には5件ほどテレビ局の取材を受けるという、わが生涯で空前絶後のできごとがあり、昨日の夕方はちょっと疲れてダウン寸前になりました。

この提案や、歴史用語精選の方針・基準に関するアンケートは高大連携歴史教育研究会のHPに出ていますので、まだの方はぜひご覧ください。http://www.kodairen.u-ryukyu.ac.jp/new/new_91.html
それ以来FBとツイッターに、うまく言えなかったこと、理解されていないことなどを細切れで書いてきましたが、長く書けるブログの性質を活かして、ここである種のまとめをしておきたいと思います。

まず前提:
1)激動の現代世界・現代社会の中で、歴史を学び歴史的に考える必要性は高まっていると、われわれは信じる。
2)ところが現状の高校歴史教育(「受験用」の世界史B・日本史B)は、暗記事項が多すぎてきちんと教科書を勉強していると正規の時間内には半分ぐらいしか進まない(しかも内容が古い)、結果は大学入試で歴史を選択する生徒を減らし、逆に歴史嫌いを増やしている。
  *ベテラン教員が言うには、1時間(50分)できちんと説明しながら教えられる用語は15個が限度。世界史B・日本史Bは建前上140時間で教える科目だから、15×140=2100語。しかし実際は学校行事などで時間が減るから2000個がいいところ。しかし「受験用」とされる主要教科書には世界史も日本史も3千数百の用語が載る。しかも入試は「過半数の教科書に出ている知識は出題してよい」という慣習(不文律)があるので、入試で高得点を取ろうとする生徒は4000以上の用語を覚えねばならない。それをどうやって実現しているかはここでは詳しく書かないが、とにかく入試でその科目を選択する予定のない生徒は、たとえば必修科目の世界史でも、教科書の半分ぐらいしか習えず、入試で選択しないということでモチベーションも働かないから、卒業時にはほとんど何も覚えていない状態に容易に陥る。この状態を改善するには、とりあえず時間内で終われるように、必須事項は半分に減らさねばなるまい。3年次の学校設定科目などで余分の時間が取れる学校では、その時間は全国一律暗記でない発展事項の学習にあてるべきだろう。
3)文科省は(賛否はあるにせよ)初等・中等・高等教育や教科書・入試などの全体を暗記から「生きる力」を養うものに変えようとしている。地理歴史科もその例外ではない。たとえば歴史の教科書は「暗記すべき用語をなるべく沢山載せたもの」から「豊富な資料、図表や問いを掲載し生徒が自分たちで学ぶ道具」に変える、入試も「過半数の教科書に載っている知識を問う」だけのものから、「未知の資料や問題を高校までに習った基礎知識や考え方を利用して解けるかどうかを問う」ものに変えていくことが求められている。われわれの用語提案も、高大連携歴史教育研究会での入試改革など他の側面の検討と並行しておこなわれた作業にもとづく。

マスコミや歴史好きの国民の多くがわかっていない(誤解している、気づいていない)基礎知識。
1)高校歴史教科書の「載せるべき用語のリスト」は存在しない(小学校社会科では42人の人物について教えろと指定されているが)。歴史理解には歴史観がからむので、だれかが強制力のある用語リストを作ったらそれは「思想統制」に当たるからである。われわれのリストもあくまで民間団体が自主的に作ったもので、強制力はまったくない。
  *公的なリストが存在しない状態で高校教員、入試出題者などに重宝されてきたのが、各用語がいくつの教科書に載っているかの数字(頻度数)を載せたY社の用語集である。
2)小中高校でそれぞれ歴史を教えるが、文科省は違った目的を定めている。小学校は日本史上の重要人物を学ぶ。中学校は日本通史(プラスそれに関係のある世界の動き)を学ぶ。高校では各時代の歴史の流れとか政治・経済・社会のしくみなどを学ばねばならない。つまり高校歴史教育は「偉人伝」「英雄・豪傑物語」ではない。上述のように今般の教育改革では、特に情操教育や「教養」より現代的課題を考えることを重んじている。
3)その仕組みの中で、今回報道で特に話題になった坂本龍馬は、小中学校で必ず学んでいる。小学校の漢字や中学校の計算問題を、高校で単純に繰り返して必須事項にするだろうか? わかっているものとして先へ進む、別のよりハイレベルな文脈で扱うなど、いろいろなやり方があるはずだ。
4)これをここで書くと変に思う人がいるだろうが、しかしわかっていない人がすごく多いのは、歴史教科書で扱う事項は時の経過とともにどんどん増えるということ。私の高校時代と比べて現代史の部分は45年分増えている。そうしたら従来教えていた部分を削らないと、教科書や暗記事項は自動的に増えてしまう。

以上を踏まえて作ったわれわれの用語リストの特徴:
1)これは「教科書本文に書く(→全員覚えろ、となる)、入試で知識として問うなどの事項を減らすために作ったリストであり、上記のように今後充実を要求される教科書の資料や図版・コラム、入試の資料問題などにこれ以外の用語を含めても、なんら問題はない。教科書ごと、地域ごと、教室ごとにそこはむしろ多様化させるべきである。全国一律に教える事項が多すぎて、多様な授業を邪魔している現状では、一律に教えて強制的に覚えさせる事項は大幅に減らさねばならない。
2)そうなると、物語、偉人伝などの文脈で強調されてきたが実際に歴史を動かしたかどうか疑問な人物や事件は、削る対象になる。参考資料や考察対象としてそれらを取り上げるのは差し支えないが、それが実際に歴史を動かした人や事件、大きな歴史の変動などと比べて優先されるのは(時間が足りない中では)完全に間違っている。
3)これは19世紀でも20世紀でもなく21世紀に歴史を学ぶためのリストである。それに必要な用語(従来無視されてきた「時代」「史料」など基礎概念・歴史のキーワードや、「難民問題」「気候変動」など現代用語の基礎知識的な用語を補わねばならない。そのために、かつて必須の教養だった用語(人名・事件名や芸術作品名)も大なたを振るわざるを得ない。それらを維持する主張は、ノスタルジアとして理解はできるが、社会的にはある種の「既得権益にしがみつく」行為を見なさざるを得ない。

最後に今後:
1)来年2月まで、歴史用語精選の方針・基準のアンケートと用語リストそのものへの意見を受け付け、年度末に用語リストの確定案を作成する(同じく年度末には高校の学習指導要領が出来ているはず)。
2)その後、まずは私大入試や国公立二次試験、2020年度に始まる大学入試センターの新型入試などでこのリストを参考にしてくれるよう働きかける。
3)同時に、2022年度から実施される高校新科目「歴史総合」「世界史探究」「日本史探究」の教科書編集の参考になるよう、用語リストの振り分け・組み替えを行う。

坂本龍馬がなぜない、ガリレオ・ガリレイはなぜ切られた、と騒ぎ立てるのは、ここまでの前提を理解したうえでやっていただきたい。そうすれば、「復活折衝」の余地も生じてくるだろう。




スポンサーサイト

海域アジア史研究会例会

この前に19日にもあり、今月は2回連続です。

【海域アジア史研究会】


・日時:2017年11月25日(土) 13時30分~17時30分ころ

・場所:大阪大学豊中キャンパス文法経済学部本館2階 大会議室

 アクセス:http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access


 ※豊中キャンパスマップ④の逆向き「コ の字」型建物が会場のある建物です(大会議室は左上隅に位置します)。大会議室には、③の総合図書館側の入口から入って、右手の階段をあがり、廊下を右側にお進み下さい。階段手前の右側の部屋が会場の大会議室です。


・報告者・報告タイトル(敬称略)

 

 ペレス・リオボ アンドレス(Andres Perez Riobo, 同志社大学グローバル地域文化学部)

 「ペドロ・オルドニェス・デ・セバリョスの世界一周:スペイン黄金時代の冒険者が見た世界の様子」
 (Pedro Ordoñez de Ceballos y su vuelta al mundo: el mundo visto por un aventurero de la España del Siglo de Oro)



 平山篤子(帝塚山大学名誉教授)

 「16・17世紀におけるヒトの移動-太平洋をわたった人々-」



:資料代として200円ご用意下さい

:研究会後、阪急石橋駅周辺で懇親会を予定しております

・報告要旨

 ①ペレス・リオボ アンドレス氏

 En 1614 se publicó en Madrid la obra "Viage del mvndo". Esta es la crónica en primera persona de la vuelta y media al mundo que Pedro Ordoñez de Ceballos dio desde 1574 durante un período de 30 años. Visitando lugares de Oriente Próximo, Europa, el Nuevo Continente y Asia donde castellanos y portugueses desplegaban sus actividades, se encomendó a tareas de conquista, comercio y evangelización. Sin embargo, la veracidad de su obra es cuestionable y por ello las opiniones están divididas entre los que la consideran una obra literaria y los que la ven como un documento histórico. De cualquier manera, esta obra refleja la visión del mundo de un español activo dentro del imperio en el que no se ponía el sol. En esta comunicación haremos una presentación de la vida y obra de Pedro Ordoñez de Ceballos.

 1614年にマドリードで『世界の旅』が出版された。著者ペドロ・オルドニェス・デ・セバリョスが1574年から30年間をかけて地球一周半を回った体験を生々しく記録したものである。彼は中東からヨーロッパや新大陸を通じて東アジアまで、スペイン人とポルトガル人が活躍していた地域を訪れ、征服・交易・キリスト教布教などに努めた。ただ、この記録の真実性について疑問があり、文学作品と見なすか歴史的な資料と見なすか意見が分かれている。いずれにしても、世界全体を見渡すこの作品は「太陽の沈まぬ帝国」の中に暮らしていたスペイン人の世界観をよく写している。この発表でペドロ・オルドニェス・デ・セバリョスの人生と作品を紹介する。


 ②平山篤子氏

 フィリピン諸島は、スペイン帝国が約半世紀にわたる努力の末、東部アジアの海域に得た植民地である。二十年ほど前までは、研究が主に王会計の収支報告に基づいていたことから「赤字植民地」や「忘れられた植民地」などと呼ばれ、あまり研究者の関心を惹かなかった。しかし、太平洋が研究対象として注目されるようになった近年、マニラにおけるスペイン政庁設立とガレオン船定期運航開始が、モノ・カネ・情報をもって東部アジアとアメリカ大陸、ひいてはヨーロッパ大陸を接続し、地球一元化が進むのに不可欠な一片だったとして、その重要性が認識されるに至っている。だが主商品の絹や銀(カネかモノかは地域で認識が異なる)の移動に関しては理解が進む一方で、ガレオン船運航に人手がかかることや、各地の人手不足からヒトも相当動いたはずなのに、その実態はまだ解明すべき点に満ちている。これらのヒトは、スペイン人などヨーロッパ人以外に、中国・東南アジア諸地域・アメリカ大陸・インド・西アジア・アフリカ等々、出身地域と身分において多様であることが分かりつつある。まだテーマとして十分熟しているとは言えないし、報告者の関心が華人の移動にある点で限定的であるが、先行研究の紹介、報告者のメキシコの国立文書館での調査をもとに現在の時点で言えることを報告する。



ーーーーーー《連絡・問い合わせ先》ーーーーーー

〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町 1-5 大阪大学文学部・文学研究科 東洋史学研究室 

Tel(研究室): 06-6850-6111 / Fax(研究室): 06-6850-5091

冨田暁(海域アジア史研究会事務局)

Email: tomynovember●hotmail.com (●を@にしてお送り下さい)


秋の叙勲

満洲史の河内良弘先生が選ばれている。おめでとうございます。
今後の歴史学の行く末はあまり明るくないが、かつて日本で歴史学が重視され、優秀な人材が集まったことは間違いない。

日本と世界が出会うまち堺2017

中高生の歴史の発表会で、堺の歴史に限らないが日本と世界を結びつけた内容であることが条件。
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/hakubutsukan/event/2017sakai_project.html

今年は11月19日。市外の学校の応募も増え、年々盛り上がってきた。入場自由。

静岡歴史教育研究会のご案内

戦争とナショナリズムは、私の「歴史の公式100選」(近日公表予定)でも、重要な位置を占めている。ちなみに報告者の山田さんはいうまでもない大家だが、江田憲次さんはなつかしい同級生である。

第13回静岡歴史教育研究会のお知らせ

 歴史教育と近現代史―戦争とナショナリズムの学び方・教え方―

 報告者  山田 朗  (明治大学文学部)
       「第二次世界大戦の捉え方―日本の戦争をわかりやすく教えるために―」

      江田 憲治 (京都大学人間・環境学研究科)
       「「抵抗」のナショナリズムと「大国」のナショナリズム」

 コメント 高校教員の経験者から

 司 会  岩井 淳・戸部 健 (静岡大学人文社会科学部)

 日 時  2017年8月10日(木)14:00~18:00

 会 場  静岡大学人文A棟6F大会議室 http://www.shizuoka.ac.jp/access/map_shizuoka.html

 入 場 無 料

 《企画者より》

 今回の研究会は、「歴史教育と近現代史」という共通テーマを掲げ、授業の現場で教えるのが難しいと言われる「戦争とナショナリズム」を取り上げます。戦争は前近代からありましたが、国益を強く反映し、総力戦の形をとるのは近現代のことでした。ナショナリズムは、もちろん解放思想として機能することはありますが、同時に多くの人々を戦争に駆り立てる原動力になりました。2022年度から高校地歴の必修科目として導入される「歴史総合」は、近現代史中心の科目です。日本史と世界史の統合を目指すこの科目では、戦争やナショナリズムの扱い方が大きな課題になります。

 報告者のお一人、山田朗先生は、日本近現代の軍事史や政治史について幅広く研究されていますが、今回は、戦争体験者が圧倒的少数派となった
現在、戦争非体験者(研究者・教育者)が次の世代に、日本の戦争をわかりやすく教えるための留意点を確認し、第二次世界大戦における日本の軍
事的位置についての見方・枠組みを示していただきます。

 江田憲治先生は、中国近現代史の専門家ですが、今回はアヘン戦争後の「ナショナリズム」の実態(あるいは矛盾の諸相)を、東京で生まれた革命団体・中国同盟会に即して、検討していただきます。

 お二人から、一国史に偏らず、世界史的な視野をもって「戦争とナショナリズム」を捉える契機となる報告をしていただき、参加者の皆さんとともに「戦争とナショナリズムの学び方・教え方」を考えることができれば幸いです。みなさん、ふるってご参加ください。

 主催:静岡大学人文社会科学部学部長裁量経費「歴史教育の地域的基盤形成を促進する教材・教授方法の探究と高大連携の継続」、静岡歴史教育研究会

 問合せ先:岩井 淳(静岡大学人文社会科学部)yqs02036(a)nifty.com

『東洋史研究』の最新号

巻頭論文のタイトルに目を引かれた。山口正晃「将軍から都督へ--都督制に対する誤解--」。

魏晋南北朝期の軍事制度の柱であり先行研究もたくさんある--結果としてかえってよくわからなくなっている--都督制について、その官制上の位置づけ(独立した官であるか否か)、それ以前からある軍事指揮官の官職「将軍」との関係、集権化と分権化というこの時期の政治史の主要課題について都督が果たした役割、という3つの点を再論したものだが、「第5章 誤解の由来」が独特である。

すなわち事実問題として都督がどう解釈されるかだけでなく、先行研究が「なぜ」間違ったのかをまとめて論じている。氏によれば、先行研究は関連する正史の職官志・百官志など主要史料の性格の変遷を(誤りが出現する理由も含めて)きちんと理解せずに、列伝などの個別記述からの帰納的推論に走っている点、研究の方向を決定した厳耕望氏以来の、分権的な「方鎮」研究との無前提な結合など、史料の扱いや歴史の視点に問題があったのだという。

魏晋南北朝期中国史に限らないが、こういう「メタ認知」への省察なしにただ史料に書かれた内容の解釈に明け暮れ、結果としてクリヤーな歴史像を示すことができない歴史学者がたくさんいる。史料の収集・検索や解読がきちんとできる研究者が、たくさん史料のある近世史や近現代史で新出史料の研究をするなら、それでもよいだろう。墓誌がどんどん出てくる唐代史もそこに入るかもしれない。しかし魏晋南北朝史のような分野で、こういう学者がおおぜい群がっても、意味のある成果がどれだけ出るだろうか。たとえばそういう研究者が日本で研究する地位や公的研究費を獲得することは、「田舎に無駄なハコモノを造る」のと同じく、「雇用の創出」にはなっても、造られたものが社会的便益を生む度合いは限りなく小さいのではないか。それならたとえば、ベトナムに来れば日本人の漢文読みにしか分析できない新出文書史料が死ぬほどある。ただしもちろん、ベトナム史と現代ベトナム語を一定程度勉強してもらわないと、そういう史料を十分使いこなすことはできないが。

というわけで毎度の結論になってしまった。こういう「歴史学の内部告発」を、「役に立たない」学問を切り捨てようとする政府や財界に媚びる行為だなどというあなた、あなたこそ首相や官房長官の仲間じゃないですか。本当の「ていねいな説明」をしてください。



プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR