FC2ブログ

アジアから見た世界史とは~「中心中心史観」にからめとられないために

遅ればせながら岡本隆司『世界史序説』を購入。明晰で読みやすいのは「京都流」の伝統か。

しかし梅棹忠夫『文明の生態史観』にかなり頼っていながら、同書がふれている東南アジア(と東欧)をまったく無視しているのは、最初の方の従来の東洋史側の難点を書いたところで、東南アジア地域研究が30年以上前に議論したのと同じ問題を取り上げながらその議論を参照しない点とならんで、いただけない点である(どちらの問題も40年前なら仕方がないが、今は日本語で簡単に参照できる文献が少なくない)。本書の各処に挿入されたユーラシアの地図のほとんどで、東南アジアにまったく国名や地名が記入されていない点が、本書の認識を象徴している(アジアの地図を手で描かせると、中国とインドの間がない地図をたいていの学生が書くが、それと同じ心象地図をもっているのかと突っ込みたくなる)。おっと、地図を作ったのは著者じゃなくて学生時代に東南アジア史など全く習ったことのない編集者かもしれないな。

本書は西洋中心史観を批判し倒し、返す刀で中国だけの東洋史も批判しているが、アジアで視野に入れるのは、たいていの中国史・中央ユーラシア史研究者と同じで、東アジア・中央アジア以外では南アジアと西アジアだけである。
しかし、東南アジアのような「中心性を主張しない地域」を無視し、強いもの・大きいもの・進んだものしか見ようとしない「中心中心史観」に立つのであれば、西洋中心史観批判の値打ちが大幅に下がるというものだろう。20世紀末以降の歴史学は、「世界史を語るには各時代・地域の最強・最優秀なものだけ語ればよい」という観念--それも著者がくりかえし非難する「近代西洋で作られ日本人が真に受けた歴史観」の一部である--乗り越えようとしてきたのではなかったか。

この点で本書は、再三紹介しているアメリカのリーバーマンの「これまで世界史を論ずる者は系統的に東南アジアを無視してきた」という批判がみごとに当てはまる。近代化・モダニティとグローバルヒストリーの中身・意義の理解が古い(それで現代アメリカと中国の理解に役立つか?)点、生活のイメージが希薄な点(例:14世紀の危機の説明の貧弱さ)などとならんで、本書の大きな欠点である。やっぱり宮崎市定・梅棹忠夫と杉山正明の枠組みでは21世紀にふさわしい世界史が書けないのは、上原専禄の枠組みで21世紀の世界史教育ができないのと同じことだろう。

こうした枠組みの古さに災いされて、随所に見える著者ならではの鋭い叙述が生きず、全体が悪い意味で「バブル期までの常識に縛られたおじさんビジネスマン」向けの本になっていないか。日本史について近代化の土台を造った近世史だけ唐突に書くのも、「それ以前の日本史など取るに足らないもの」と見なす限りは、アジア史を見ようとしない日本史への批判にならない。

雑誌の連載という元原稿の性格から見てあまりやっつけては気の毒かと思う。妹尾達彦氏の『グローバルヒストリー』などと本書を比較するのは酷だろう。高大連携歴史教育研究会の会長としてはこういう論争的発言は慎むべきかもしれない。しかし尊敬する優秀な後輩の著作であるがゆえに、あえて苦言を呈しておく。

(追記)上記をおかしないちゃもんだと思う方は、大阪大学歴史教育研究会編『市民のための世界史』(大阪大学出版会、2014年)に描かれた世界史像と比較していただきたい。また世界史の考え方については、ミネルヴァ書房『「世界史」の世界史』(2016年)の「総論 われわれが目指す世界史」を参照していただけると有り難い。
スポンサーサイト

保存科学に関する奈文研の研究集会

保存科学研究集会2018
「同位体比分析と産地推定に関する最近の動向」

平成30年11月27日(火)
奈良文化財研究所 平城宮跡資料館講堂

プログラム

11月27日(火)
9:30~ 受付開始
10:00 開会挨拶

◆基調講演
10:10~11:40 日本における銅・鉛生産の歴史的変遷 平尾 良光
(帝京大学)


11:40~12:00 ポスター紹介
12:00~13:00 昼休み
13:00~13:40 ポスターセッション

◆研究発表
13:40~15:00
The provenance of ancient glass using radiogenic isotopes (放射性同位体を用いた古代ガラスの産地)       (逐次通訳あり)
Julian Henderson
(University of Nottingham)
15:00~15:15
休憩

15:15~15:55 日本出土ガラス小玉の
産地と流通に関する研究
田村 朋美
(奈良文化財研究所)
16:00~16:40 鉛同位体比からみた三角縁神獣鏡の生産地
   大賀 克彦
(奈良女子大学)
16:50 閉会

申込・問合先:  〒630-8577 奈良市佐紀町247-1
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所 
埋蔵文化財センター 保存科学研究集会事務局
 FAX 0742-30-6846  TEL 0742-30-6847
E-mail:hozon_cs(a)nabunken.go.jp

東南アジア学会関東例会のご案内(10月27日)

日時:2018年10月27日(土)13:30~17:45
場所:東京外国語大学 本郷サテライト4階セミナー室
*地下鉄本郷三丁目駅より徒歩5分(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

☆第1報告(13:30~15:30)
報告者:高田知仁会員(サイアム大学日本語コミュニケーション学科学科長、タイ日文化研究センター長)
題目: タイの寺院螺鈿扉に見るモチーフ・文様・表現技法の変遷とその歴史的意味
コメンテーター:未定

<報告要旨>

タイには螺鈿工芸の伝統があることは現存作品から知られているが、その中でも寺院扉は螺鈿作品として大変大形のものであり、その多くは制作に王家が関わりを持つ作品である。そうした作品には王朝年代記や銘文から年代がわかる作品が含まれている。つまり、そうした螺鈿扉は各時代の最高の技術をもって造られた作品であると言うことができる。

しかしタイの螺鈿工芸が始まって以来の変遷については、これまで詳しい研究が行われておらず、文様様式やモチーフの持つ意味、そして制作技法も含めて不明な点が多い。

そこで本発表では、各時代の王朝美術の特徴が明瞭に表現されていると期待される螺鈿扉を中心として、特に年代が判明している作品を基準作として取り上げ、そこに現れているモチーフ・文様様式・表現技法の変遷を検討することによって年代の不明な作品を含めた時期の区分を行い、さらに螺鈿扉から読み取れる歴史的な意味を明らかにしたい。

☆第2報告(15:45~17:45)
報告者:片岡樹会員(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・教授)
題目:日本宗教史モデルは東南アジア宗教の説明にどこまで使えるか―顕密論から見たタイ宗教論の試み―
東南アジア学会 関東例会
コメンテーター:中西裕二(日本女子大学間社会学部 文化学科・教授)

<報告要旨>
本報告では、タイ国の事例から、日本宗教史論のモデルをヒントに東南アジア宗教を再検討することを試みる。タイ宗教論の分野では近年、国家公認の正統サンガを中心において構築された従来の研究パラダイムに対する新たな問題提起が相次いでいる。それをもたらしたひとつの要因は、タイ仏教といわれるもののハイブリッド化が顕著に進展しているという事実であり、さらにその背景にあるのは、中国系、インド系、土着民間信仰系など、従来の上座仏教論ではじゅうぶんにカバーできない要素の増殖である。こうした状況は、上座仏教、大乗仏教、ヒンドゥー教、あるいはタイ人、中国系・インド系住民というような、既存宗教を単位にとりあげそれを民族集団ごとに切り分けるアプローチがすでに非現実的であることを示している。本報告ではこの状況を統一的に把握するための新たな試みとして、日本宗教史論特に顕密体制論の応用を仮説的に提案する。もちろん荘園制度に裏打ちされた権門寺社による全国の末寺末社の系列化という日本の特殊事情が、ただちに現代の東南アジアに当てはまるわけではないが、両者の異同を考察することで、日本発の東南アジア宗教論モデル構築の可能性が見えてくるだろう。



例会終了後、18時から19時頃まで、同会場にて簡単な懇親会を予定しております。

ご不明な点は、関東例会(kanto-reikai[at]tufs.ac.jp)までお問い合わせください([at]を@にして下さい)。
また、関東例会のブログ(http://kantoreikai.blog.fc2.com/)も、
過去の例会の記録等を掲載しておりますので、合わせてご参照ください。

よろしくお願い申し上げます。

関東例会委員

シンガポールにおける日本占領期の記憶

来週水曜日夕方、阪大文学研究科で講演会

シンカ゛ホ゜ールにおける日本占領期の記憶_A4_2-01

土曜日の阪大歴教研例会

遅ればせながら土曜日の阪大歴教研月例会の件。日本西洋史学会や国際東方学者会議など重なりまくりで参加者が少なかったのがとても残念な内容。

報告1はDCの猪原君の阪大東洋史名物「合同演習」とそこでSDC院生が学部生向けに行う「入門講座」の紹介。史学会125周年記念シンポの出版(『教育が開く新しい歴史学』)でも紹介したが、通常の大学史学系ではゼミや研究会で断片的に聞きかじったものを自分の頭の中でだんだん系統化していく(それが今やできなくなっているのだが)のに任されている「東洋史学の成り立ちと現在」「漢籍とは何か」「工具書の種類と使い方」などを、院生に講義させるところにミソがある(中国史だけでは許さないなど内容が多様化しているため、担当者は力点の置き方を変えて違ったレジュメを作れる。受講学部生は3年でだいたい網羅的な内容が聞ければいい、という考え)。「阪大の」を強調するとまた羽田正さんに怒られそうだが、初めて聞いた方は「ここまでやっているのか」と驚かれたろう。日本史のI塚先生が「それだけ東洋史は危機感が強いのだろう」と言われた通りである。若手研究者に(自分のオリジナルな研究と合わせて)こういう講義がきちんとできるぐらいでないと、今日の「歴史学など役に立たない攻撃」の主要部分は撃破できないのだ。

後半は佐藤正幸先生の西洋史学に書かれた原稿などを下敷きにした講演。近代日本における西洋学術概念に対する訳語の創出とその特徴(例:「西暦」とはなんたる言葉か)、それが可能にした「日本語で大学教育が当たり前に受けられる状況」(今でも世界中で当たり前ではない)、日本の歴史学の特徴(歴史学部がないことなど)、ご自分がオンリーワンとして道を開き世界で活躍してこられた経験など、いつ聞いても面白くて院生をencourageする内容だった。

討論では漢字文化の衰退(東アジア共通)と東洋史学の今後、グローバルヒストリーの一方で中文・中哲などとの協力は遅れていないか、など色々な話題が出た。

さて、それで今日の報告でも露呈したが、第二次大戦後現在までの歴史学と東洋史学の動向のまとめがなかなかうまくできないのは、高校の先生が現代史(特に冷戦終了後)はうまく筋を付けられないのと同様だろう。ちなみに戦後歴史学とマルクス主義のところは、毎度中国史の歴研派と京都学派の時代区分論争を不正確に取り上げるが(今回も)、やるなら自分の言葉で説明できるお湯にもっと予習すること、そうでなければ中国史以外の地域に関する論争を紹介することなどを考えるべきだろう。現在の阪大中央ユーラシア史の学生諸君は、遊牧社会の時代区分論争なんてひとことも聞いたことがないかな(全く無意味だったと片付けるのは全然正しくない)。

奈良歴史研究会例会・奈良歴史学入門講座のご案内


【奈良歴史研究会6月例会のご案内】
◇日時:2018年6月21日(木)18:30~20:30
◇会場:奈良市ならまちセンター 会議室2
    奈良市東寺林町38  ℡0742-27-1151
    近鉄奈良駅より南へ徒歩約10分、猿沢池の南側
    http://naramachi-center.org/
◇報告:書評 黒岩康博著『好古の瘴気―近代奈良の蒐集家と郷土研究』
            (慶應義塾大学出版会、2017年)
    評者 菊地暁氏
◇資料代:300円
☆今後の例会予定
 7月総会・例会:7月7日(土)13:00~14:30 総会
               15:00~ 例会 外岡慎一郎氏報告


【第28回奈良歴史学入門講座のご案内】
◇日時:2018年6月23日(土)14:00~16:00
◇会場:奈良市ならまちセンター 会議室2・3
    奈良市東寺林町38  ℡0742-27-1151
    近鉄奈良駅より南へ徒歩約10分、猿沢池の南側
    http://naramachi-center.org/
◇講演:河上麻由子さん(奈良女子大学)
    「日本古代の『外交』」
 〈主な研究業績〉
  『古代アジア世界の対外交渉と仏教』(山川出版社、2011年)
  「アジア史の中の日本」(鈴木靖民ほか編『日本古代交流史入門』勉誠出版、
2017年)
  「五代諸王朝の対外交渉と僧侶」
    (古瀬奈津子編『東アジアの礼・儀式と支配構造』吉川弘文館、2016年)
◇資料代:300円
◇主催:第28回奈良歴史学入門講座実行委員会
 問い合わせ:奈良大学文学部史学科木下光生研究室
       TEL/FAX 0742-41-9527(直通)
       E-mail : mitsuo_kinoshita(a)mvf.biglobe.ne.jp
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR