スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

今ごろになりましたが、皆さん明けましておめでとうございます。
今年の皆さんのご健康・ご多幸と世界の平和をお祈りします。

で、今年は戊戌変法120周年、テト攻勢50周年。世の中が大きく変わる年になるでしょうか。
スポンサーサイト

東南アジア考古学会40周年記念大会シンポジウムのお知らせ

東南アジア学会(旧東南アジア史学会)とメンバーは多数重なっているが別の路線を歩んできた会である。
40周年おめでとうございます。

東南アジア考古学会主催・上智大学アジア文化研究所共催
2017年度東南アジア考古学会 40周年記念大会シンポジウム
「東南アジア・オセアニアの世界遺産と考古学」
日時 2017年12月16日(土)、17日(日)
会場 上智大学 中央図書館9階921会議室(L-921)
(助成 公益財団法人
りそなアジア・オセアニア財団)

*学会員以外のかたの参加も歓迎します。資料代として500円を頂戴します。
*土曜日、日曜日は正門からお入りください(北門は閉門しています。詳細は構内地図をご覧ください)。
*会場図書館入館の際、1階受付にて「東南アジア考古学会大会」へご参加の旨をお知らせください。
*土曜日は学内食堂が営業しております。日曜日は昼食をご持参いただくか、四ツ谷駅周辺のレストランをご利用ください。両日とも構内コンビニエンスストアは営業しています。

【プログラム】
12月16日(土)
10:40 開場・受付開始
午前11:00~12:00 <会員総会> 会員のみが対象です。
12:00 ~
13:00 昼食・休憩
午後 <大会>
東南アジア考古学会40周年記念大会
シンポジウム「東南アジア・オセアニアの世界遺産と考古学」
(公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団助成)
13:00 ~ 13:05 開会挨拶 田中 和彦(東南アジア考古学会会長)
13:05 ~ 14:05 記念講演 新田 栄治(鹿児島大学名誉教授)
「日本における東南アジア考古学研究と東南アジア考古学会の創設」(日本語での講演、英語資料あり)
14:05 ~ 14:20 休憩
14:20 ~ 15:20 基調講演 坂井 隆 (国立台湾大学)
「東南アジアの世界文化遺産と問題点」(英語での講演、日本語資料あり)
15:35 ~
16:35 発表 八重樫 忠郎(岩手県平泉町まちづくり推進課長)
「平泉からみた世界遺産」(日本語での発表、英語逐次通訳あり)
17:00 ~ 19:00 懇親会(立食・会費3,000円/当日申込も可)

12月17日(日)
9:40 開場・受付開始
午前
10:00 ~ 11:00 発表 グエン・ザン・ハイ(ベトナム考古学院長)
「ベトナム石器時代の考古学新発見」(英語での発表、日本語逐次通訳あり)

11:00 ~ 12:00 発表 リー・バンナ(カンボジア王国アプサラ機構遺跡・考古局長)
「考古学に依拠した世界遺産アンコール」(英語での発表、日本語逐次通訳あり)

12:00 ~ 13:00  昼食・休憩

午後
13:00 ~
14:00 発表 ムフタル・サイディン(マレーシア科学大学)
「レンゴン・ヴァレーとブジャン・ヴァレー -ユネスコ世界遺産(考古遺跡)と暫定遺産-」
(英語での発表、日本語逐次通訳あり)

14:00 ~ 15:00 発表 エンジェル・バウティスタ(フィリピン国立博物館)
「フィリピンにおける考古学遺跡の文化資源管理」(英語での発表、日本語逐次通訳あり)

15:00 ~ 15:15 休憩

15:15 ~ 16:15 発表 片岡 修(関西外国語大学国際文化研究所)
「ミクロネシアの世界遺産の考古学 -ミクロネシア連邦ナンマトル遺跡を中心に-」
(日本語による発表、英語逐次通訳あり)

16:15 ~ 17:10 ディスカッション

17:10 ~
17:15 閉会挨拶 山形 眞理子(東南アジア考古学会副会長)

詳細は東南アジア考古学会HP http://www.jssaa.jp/
以上

東南アジアの歴史教育などに関するワークショップのお知らせ

長文のご案内です。自由参加ですので興味をお持ちの方はどなたでもどうぞ。

3rd Workshop of JSPS Global Initiatives: International Comparative Research on How to Adapt Nation-State Oriented University History Education to the Era of Globalization
『課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業』 (グローバル展開プログラム)
「国民国家型の大学歴史教育をグローバル化時代に適応させる方法に関する国際比較」 http://history-education.labos.ac/ja
中国・韓国・アメリカなどから研究者を招いて行った2回のワークショップを受けて、今回はシンガポールとベトナムの学者、それに日本の地方大学の教員を招いて、大学歴史教育の内容・方法の改善に関する討論を続行したい。東南アジアの2国からの学者は、所属大学の性格だけでなく「一国史観」についても、対照的な位置にある。日本国内でも地方大学の教育条件は大阪大学と大きく違っている。今回はこうしたコントラストに着目して、歴史教育に関する多様なアプローチについて議論したい。
After the first two workshops, in which Scholars from China, Korea, and US participated, we would like to continue our discussion toward a new model of history education (in both contents and methods) in universities, inviting Southeast Asian scholars from Singapore and Vietnam, and a scholar from a local university in Japan as well. Scholars from two Southeast Asian countries appear to have “symmetrical” positions, not only in the nature of their universities, but also in the influence of nation-state ideology. In japan, local universities have quite different conditions form big universities such as Osaka. We would like to focus on such contrasts and differences to diversify our approach to history education.
第3回研究会ブログラムWorkshop program
日時:2017年12月10日(日)10時~17時 10:00-17:00, Dec.10 (Sun) , 2017.
会場:大阪大学豊中キャンパス(文学研究科2F大会議室)
Conference Room, Graduate School of Letters, Toyonaka Campus, Osaka University
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka/toyonaka.html (Bldg. no. 2)

10:00-10:20 開会挨拶・趣旨説明 Keynote Speech
堤一昭Kazuaki Tsutsumi(大阪大学文学研究科Graduate School of Letters, Osaka Univ.)
10:20-12:30 南洋理工大における歴史:コンテクスト、カリキュラムと発展
History @ NTU: Context, Curriculum, and Development,   
Liu Hong, Els van Dongen and Hallam Stevens (History Programme, Nanyang Technological University)
12:30-14:00 昼食Lunch
14:00-14:30 ベトナムの歴史教育:現実と展望 Teaching History in Vietnam: Reality and Prospect 
Pham Quang Minh (University of Social and Human Sciences, Vietnam National University)
14:30-15:00 歴史学と歴史教育の垣根を越えて:静岡大学の場合Beyond the Divisions between History and History Education: The Case of Shizuoka University
岩井淳Iwai Jun(静岡大学Shizuoka University)
15:30-17:00 総合討論 Discussion

報告は英語で行われます。Presentations will be made in English
お問い合わせは桃木至朗(06-6850-5674、momoki(a)let.osaka-u.ac.jp )まで。
Contact person: Momoki Shiro (+81-6-6850-5674 momoki(a)let.osaka-u.ac.jp )

東南アジア学会研究大会

この土日に千葉・幕張の神田外語大で。
初日にはベトナムの報告が3本。
2日目はシンポ「基礎教養の対象としての東南アジア--高大接続から考える--」
プログラム詳細は
)。 http://www.jsseas.org/conference/index.html
教育の現状と今後の改革の動きの中で、高校生や東南アジア専門でない大学生・大人にどうやって東南アジアの要点や調べ方を理解させるかがテーマです。神奈川・栄光学園、大阪府立北野高校の先生の報告・コメントがあります。乞うご期待。

ゾミア研究会

第32回ゾミア研究会を開催いたします。

今回は、マンディ・サダン(ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院教授)氏をお招きし、ミャンマー辺境史の国際共同研究のあり方に関して講演していただきます。

どなたでも自由に参加できるオープンな研究会です。事前登録などの手続きは必要ありません。
ぜひお気軽にご参加ください。

(共催:京都大学東南アジア地域研究研究所・共同研究会「雲南・カチン・アッサム」(代表:今村真央・山形大学准教授)

日時:2018年1月6日(土)16~18時
会場:津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス SA316教室
http://www.tsuda.ac.jp/about/access/sendagaya.html

キャンパス入口の守衛所にて、ゾミア研究会に参加する旨、お伝えの
上、入構証をお受け取りください。

プログラム:
15:30 開場
16:00~17:00

マンディ・サダン(ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院教授)「データ共有とオープン・アクセス:デジタル時代における、ミャ
ンマー辺境史の国際共同研究のあり方について」


17:00~18:00 質疑応答



以下、英文のお知らせになります。

-------------------------------------------------------------
Dear all,

You are cordially invited to Seminar by Zomia Research Group 32nd meeting (CSEAS). We welcome professor Mandy Sadan (SOAS University of London) to Tsuda University.

The event is open to everyone.
Date: Saturday January 6, 2018
Time: 16:00-18:00 (The room will be open at 15:30)
Venue: Room SA316, Sendagaya Campus, Tsuda University
http://www.tsuda.ac.jp/about/access/sendagaya.html


16:00-17:00
Professor Mandy Sadan (SOAS University of London)
Data Sharing and Open Access: Reflections on the Use and Re-Use of
Archival Materials and the Challenges and Opportunities for
International Collaborative Data Sharing to Support Learning and
Teaching about Minority Communities in Myanmar

17:00-18:00
Discussion



* Data Sharing and Open Access: Reflections on the Use and Re-Use of Archival Materials and the Challenges and Opportunities for International Collaborative Data Sharing to Support Learning and Teaching about Minority Communities in Myanmar* *Mandy Sadan*

The new digital infrastructure of global academic life has
transformed how academics are able to interact with each other, to
collaborate and to develop co-authored research. However, when
working in areas of Asia that are traditionally considered 'source
poor' because of years of conflict that have severely restricted the
accumulation of research data by both local communities and
international researchers, data sharing to increase the research
base is important. However, this immediately produces challenges in
relation to translation and the ways in which data can be shared as
a common data set. In this presentation, Dr Sadan will outline some
of the ways in which she has tried to develop wider accessibility
for her own research data and other resources relating to the Kachin
region of Myanmar, both her own and that which has been curated or
created by other organisations with which she has worked. This will
lead to discussion of how researchers working globally on these
issues may be able to bring different data sets together, to enrich
not only the base of knowledge in global academia but also the
resources accessible to teachers, students and researchers in local
communities.


東南アジア社会と文化研究会

第79回「東南アジアの社会と文化研究会」を下記の通り開催します。
今回は、林 育生さんに、タイの一貫道にみられる「華人性」について再検討する研究の成果をお話しいただきます。

オープンな研究会ですので、ぜひお気軽にご参集ください。
事前登録等の手続きは必要ありません。
また、研究会後には懇親会を予定しております。

●日時
2018年1月26日(金)16:00~18:00(15:30開場)
●場所
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
総合研究2号館4階 カンファレンスルーム(南側エレベーター横)
(京都市左京区吉田本町京都大学本部構内百万遍のすぐ近くです。)
*いつもと会場が異なるのでご留意ください。
会場についてはこちらもご参照ください。
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access
地図が二枚ありますが、下の方の地図(「本部構内」)です。

●話題提供者
林 育生 (中央研究院アジア太平洋地域研究センター 助研究員)
●発表題目
「華人宗教」一貫道?-一貫道タイ人信者にとっての「華人性」の意味

●発表要旨
 数多くの東南アジア華人宗教の研究では、エスニシティ、言語、宗教、伝統、コミュニティなどのファクターを全部「華人」というフレームワークに収めてきたために、近年、ホスト社会の文脈の見落し(葉1993)や循環論(津田2016)などの批判を受けている。
 私はここ数年間、このフレームワークから脱し、非華人信者が数多く存在しているタイ一貫道の事例を通し、一貫道とタイ社会変遷やタイ仏教との動態関係についての研究を行ってきた(林2015、2016)。しかし、それは「華人性」という要素が完全にタイ一貫道の中で議論や実践されていないことを意味しない。
 そこで、本研究では、冒頭で論じたパッケージ化されたような「華人性」を再検討し、一貫道タイ人信者の論述や実践から「華人性」の意味を明らかにする。
 本研究では、大きく、二つの側面を取りあげる。まず、客観的にみれば、タイ一貫道は「華人宗教」とされる要素を検討する。ここでは、一貫道の起源、信者のエスニシティ、組織や教義といった面から検証する。一方、タイ人信者の論述や実践からみれば、前述の客観的なファクターとは異なる「華人性」の意味を持つことがわかる。中国起源、華人の身分、中国語の使用などの面から、タイ人信者にとっての一貫道の「華人性」を検討し、今まで「華人宗教」として扱われてきた一貫道という見方に疑問を投げかける。

●2017年度世話人代表・研究会事務局
細田尚美
hosoda(at)asafas.kyoto-u.ac.jp
加藤裕美
kato(at)cseas.kyoto-u.ac.jp
中谷知樹(院生代表)
nakatani(at)asafas.kyoto-u.ac.jp

●「東南アジアの社会と文化研究会」のウェブサイトには、今回の研究会の案内、発表要旨、研究発表に関わる写真が掲載されていますので、ご覧ください。
http://www.chiiki.cseas.kyoto-u.ac.jp/syakai-bunka/
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。